記事ID2646のサムネイル画像

【コスパカーテンを徹底紹介】カーテンの人気おすすめ商品6選

今回は安いカーテンと遮光カーテンの2つの観点からカーテンの選び方と人気商品を紹介します。またそれ以外にもあったら嬉しい昨日や必須の機能やデザインのことなどカーテン選びの基礎についても紹介しているので、カーテン選びの参考にしてください。

取り付け部分のサイズ測ることから始めよう

カーテンを購入する前に絶対にやっておかなければならないことがあります。それはカーテンを取り付ける場所のサイズ感の把握です。カーテンのサイズと窓際のサイズ感が合わなければカーテンの機能を十分に発揮することができなくなってしまいます。

 

カーテンを選ぶ前に自分の部屋のカーテンの取り付け部分のサイズ感の把握をすることを忘れないでおきましょう。既製品のカーテンを購入するのであれば、カーテンのサイズが初めから決まっているので一歩間違えれば買い損になってしまいます。

 

しかし、オーダーメイドであれば測ることが購入の流れに入っているので、買い損をすることがありません。しかし、オーダーメイドと既製品には価格的な違いが存在するので、それは選び方の方で紹介していきます。

カーテンの選び方

カーテンの選び方として大事な点がいくつかあります。そのポイントを紹介していきます。

価格で選ぶ

まず大事になるのが価格でしょう。カーテンの相場から安くする方法まで紹介します。

カーテンの相場

カーテンの相場は3000~6000円程度と言えるでしょう。しかし、オーダーメイドのカーテンであれば相場の価格を大きく上回る場合もあります。カーテン2枚セットの価格でこの相場なので、意外に安く感じるかもしれません。

 

オーダーメイドや機能性が高いものになると相場の倍以上する高級カーテンも出てきます。それも部屋の雰囲気と合わせる必要があるので一定以上の性能があれば安くても十分な性能そして雰囲気をもたらしてくれるので心配ありません。

安くするには

やはりオーダーメイドよりも既製品の方が安く仕上がります。しかし、欠点としては部屋のサイズ感に合わない可能性があるということです、安さを取るか部屋へのフィット感を取るかで変わってきます。とにかく安く済ませるのであれば、既製品を選びましょう。

種類で選ぶ

カーテンとは言っても種類がたくさんあります。場面に応じてどのカーテンを選ぶかが変わってくるので、種類を把握しておきましょう。

ドレープカーテン

厚地の生地が特徴のカーテンです。ドレープとは布が垂れ下がってできるヒダという意味合いがあります。ヒダの部分がカーテンの開け閉めをスムーズにしてくれますし、保温性も高い印象です。性能的にも高いものが多く、ラインナップも豊富です。

 

遮光性も高く、デザインも豊富です。ドレープタイプのカーテンをセット購入すればまず間違いはないでしょう。

レースカーテン

薄手の生地が特徴のレースカーテン透け感があります。風抜けや日の光を楽しむことができます。またミラーレース加工がなされているものであれば透け感がありながらも、外からの視線をしっかりカットすることができるのでプライベート保護の観点から見ても安心です。

 

レースカーテン1枚のみでリビングのカーテン補うことは普通はありません。ドレープカーテンと組み合わせて使うことで効果的な光調整を行うことができます。

ロールスクリーン

上下で開け閉めする巻き取り式のスクリーン型カーテンです。ドレープやレースカーテンとは違ったモダンな雰囲気を持っており、シンプルでもおしゃれなものが多いです。軽めの質感はなんら爽やかさも兼ね備えています。リビングなどには向きませんが小窓におすすめです。

ジュード

生地を水平に畳みながら上下させるタイプのジュードカーテンです。全体的にすっきりとした印象になっており小窓やキッチン窓におすすめです。高さの調節ができるのも大きな魅力と言えるでしょう。しかし、上げ下げの動作が面倒になってしまうのがデメリットです。

機能性で選ぶ

カーテンには多くの機能性があり、それぞれ多くのメリットをを持っています。それぞれ紹介していきます。

遮光性

光の入る量を遮るまたは調整することができる機能が遮光性です。太陽からの日光を抑えることで、室内の冷房効果を向上させてくれるというメリットがあります。また外に逃げる熱も断ち切ってくれるので保温効果も加えてもたらしてくれます。

 

遮光は等級で表すことができ、3~1級まで存在します。3級は遮光率99%前半ですが、十分に高い遮光率を誇っています。2級は遮光率99%後半で、これも十分の遮光性です。人の顔がギリギリ認識できる程度の暗さになると考えていいでしょう。

 

1級は100%に限りなく近い数値で人の顔が認識できないほどの暗さになります。そして1級をさらに上回る完全遮光というものがあります。これはつなぎ目からの光漏れもない完全な漆黒を作り出すことができます。

遮熱性

遮熱性とは太陽からの熱を防ぐ機能です。室内を涼しく快適な環境に作り上げてくれます。冬は室外へ熱が逃げることを防ぎ、暖かいままの部屋に仕上げてくれます。オールシーズン温度の調整に役に立つ機能です。

ミラーレース

レースカーテンの加工方法の1つ東野が正しい捉え方ですが、レースカーテンを光沢のある仕上がりにしてくれます。また太陽光のカット力にも優れている上に、レースカーテンの弱点を補完するように、光による透けにくさを実現してくれます。

 

特に、一人暮らしの女性のプライベート保護に適したカーテンと言えるでしょう。

防炎性

防炎加工を施されたカーテンは、生地に燃えにくい加工を施しています。燃え移りはもちろんのこと、万が一燃えてしまった時の燃え広がりも抑えてくれるので事故防止や事故の拡大の防止に一役かってくれます

 

マンションや高層ビルなどに住んでいる人やオフィスを持つ人にぜひ考えてほしい昨日となっています。人の命がかかっているのでしっかりと対策をしましょう。また防炎加工が施されているカーテンには防炎ラベルが必ずついています。

UVカット

レースカーテンによく見られる機能がUVカット機能です。太陽光をしっかりとカットしてくれるエースカーテンの特徴を生かしてUVもしっかりカットしてくれます。そのカット率はカーテンによって異なりますが、平均して90%のカット率を標準率としていいでしょう。

 

室内でも紫外線対策をしなければ肌に栄養を与えてしまいます。特に女性には必須と言ってもいいほどの機能と言えるでしょう。

防音性

カーテンは音を軽減してくれる防音機能が多少施されています。多少と言うだけあって完全な防音対策ではないので、おまけ程度の機能だと考えるといいでしょう。しかし、大きな工事の音などを軽減して赤ちゃんの眠りをなるべく快適にという状況などにも対応できます。

 

また小さな物音でも継続すると気になってしまうことがあると思いますが、小さな音であればある程度の防音性があればカットできるのでおすすめです。

ウォッシャブル

ウォッシャブルとは洗濯できるという意味です。ウォッシャブル機能があるカーテンは洗濯機に入れて洗うことができるので清潔感を保つことができるとともに手入れが簡単になります。写真のように漂白剤がNGのものなどカーテンによって異なってくきます。

 

そのため、ウォッシャブルでもしっかりとラベルの部分を見て何に対応しているのかを確認する必要があります

デザインで選ぶ

部屋の雰囲気を決めると言っても過言ではないカーテンはデザイン性にこだわっていくべきです。今回はカラーと柄の2つの観点から選び方を紹介します。

部屋の雰囲気を決めるカーテンの柄は非常に重要です。色々な柄がある中、日本の家屋に最も適する柄物カーテンは北欧デザインと言われる柄のカーテンです。北欧の自然豊かな森や湖を意識したスタイルでナチュラルテイストな雰囲気を持っています。

 

自然の中で生まれたデザインは日本人になじみやすく、落ち着きをもたらしてくれます。派手なように見えて落ち着きのあるデザインがなされており、かと言って味気がないわけでもないちょうどいいでシンプルさと派手さのバランスが取れています

カラー

カラーバリュエーションはメーカーなどで多さは変わってきますが、基本的にはどこも多色なカーテンを揃えています。そのため自分の部屋にあった色を選ぶことが可能です。カーテンの色は私たち人間に様々な影響をもたらしてくれます

 

例えば赤系の色は温かみや元気そして食欲増進効果まで与えてくれます。青系は集中や落ち着きを与えてくれるので寝室や勉強部屋におすすめです。グリーンやブラック系はリラックス効果や癒し効果をもたらしてくれるのでリビングや寝室におすすめの色となります。

 

このように色が与えてくれる効果によってどこにない色のカーテンを設置するかを決めるのもいいでしょう。

メーカーで選ぶ

カーテン業界にも多くのメーカーが参入しており、群雄割拠状態です。その中でも人気のあるメーカーやおすすめのメーカーを紹介していきます。

IKEA、無印

写真は無印のカーテンなのですが、IKEAも無印も安くてシンプルなカーテンを多く取り扱っています。なおかつ性能も高く、お求めやすいカーテンです。基本的な値段設定として3000円以下のものが主流となっています。

ロウヤ

ロウヤのカーテンは日本人のニーズに応えたカーテンを多く取り扱っています。デザイン的にはシンプルなものが多いですが、どこか高級感が漂う仕上がりになっています。日本の住居にあったデザインが魅力のロウヤです。

安いカーテンの人気商品3選

1

アイリスプラザ(IRIS PLAZA)

カーテン 4枚組(ドレープ2枚・レース2枚)

価格:1,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くても機能性抜群

外からの視線をシャットアウトし、プライバシー保護を完璧にこなしてくれます。女性でも安心して過ごすことができます。すぐに使える4枚セットとなっており、セット内容はドレープ2枚とレース2枚というセットになっています。

 

また届いたその日から使える高さ調節可能なアジャスターフックが28個付いていますので、すぐに使うことができます。加えてウォッシャブル機能もあるのでいつでも洗濯することができるのも魅力的です。

種類ドレープ/レース遮光等級1級
色数7色(ネイビー)機能ウォッシャブル
2

NICETOWN

遮光カーテン 2枚セット

価格:2,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くても遮光性能抜群

遮光カーテンの2枚セットです。黒い遮光糸を三重織りのテクノロジーで編んでいるのでしっかりと日差しや紫外線をカットしてくれます。さらに外からの視線もしっかりシャットアウトしてくれるのでプライバシー保護も完璧です。

種類ドレープ遮光等級1級
色数18色(ローヤルブルー)機能遮熱性
3

満天カーテン

リーフ柄カーテン2枚 と ミラーレースカーテン2枚の 4枚セット

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザイン性が高い

全部で13柄と多くの柄を取り揃えており、デザイン性も高いです。またUVカット率91%断熱率37%の厚手のレースカーテンと遮光カーテンのセットとなっています。遮光率は99%と2級ながら1級に近い性能を誇ります。

種類ドレープ/ミラーレース遮光等級2級
色数16色(ベージュ)機能UVカット

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

遮光カーテンの人気商品3選

1

カーテンメーカーくれない

断熱・遮熱カーテン 完全遮光生地使用

価格:15,768円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完全遮光で光を完全ブロック

特殊加工の完全遮光生地のカーテンです。遮光等級1級を超える完璧な遮光性能はまるで漆黒の中にいるかのような感覚すら覚えます。夜の月明かりはもちろんのこと日中の睡眠を全く邪魔されることなく快適な睡眠をサポートしてくれます。

種類ドレープ遮光等級完全遮光
色数12色(グリーン)機能遮熱性
2

森縫製

1級遮光カーテン 2枚入り

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚手の生地で遮光もバッチリ

遮光等級1級の高い遮光性を誇る厚手のカーテン2枚セットです。安い値段にも関わらず十分以上の遮光率を発揮してくれます。日中の日光もしっかり遮断してくれるので快適な生活権を作り出してくれます。

種類ドレープ遮光等級1級
色数9色(ブラウン)機能遮熱性
3

カーテンメーカーくれない

1級遮光カーテン2枚組

価格:6,793円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

豊富なカラーと確実な遮光性

40色と豊富なカラーバリュエーションに加えて、防炎加工の施されたカーテンとなっています。遮光等級は1級と非常に高く、さらに断熱、保温、保冷機能も備えておりプラスαの機能も充実しています。防炎加工がされたカーテンは炎の燃え移りを防ぎ事故の拡大を防いでくれます。

種類ドレープ遮光等級1級
色数40色(エクリュ)機能防炎性

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

カーテンの洗濯方法

カーテンを洗濯するにも大きなカーテンを洗濯機で洗濯するには不安という人もいるでしょう。そんな人のために洗濯の手順を紹介していきます。まずは必ず付属品を外すことを忘れないようにしましょう。そして外したら40度以下のぬるま湯を準備します。

 

そこに中性洗剤そして漂白剤が使えるのであれば漂白剤を入れてつけおきます。そしてつけ終わったら手洗いコースで洗濯するもしくは洗濯機不可であれば手洗いで揉みこみましょう。その際の注意事項として中性洗剤はおしゃれ着用のもので脱水は短めにすることがポイントとなります。

まとめ

今回はカーテンの選び方と人気商品を安いと遮光の観点から紹介しました。カーテンは部屋の雰囲気そして環境を大きく左右する大事なインテリアの1つです。たかがカーテンとは思わずしっかり機能性やデザインを考慮して最適な洗濯をするようにしましょう。その際になんども言いますが、サイズ感を間違えないようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

TOPへ