記事ID2657のサムネイル画像

【人気の扇風機・掃除機を紹介】ダイソン製品のおすすめ商品10選

ダイソンはコードレス掃除機で日本で有名になったメーカーです。ダイソンの掃除機シリーズはV7、V8と今ではV11シリーズまでが登場しています。ダイソンで人気なのは掃除機だけでなく扇風機も画期的な構造で注目です。人気のダイソン製品を使用して快適生活を送りましょう。

ダイソン製品のメリット

ダイソン製品を選んで得するポイントをピックアップして紹介します。そこがあるからダイソン製品が人気を持つポイントとなります。

吸引力や送風力に関わるパワー

ダイソン製品で、吸引力が落ちないサイクロン掃除機は1つ有名なことですよね。ダイソンの掃除機にはパワフルモーターが内蔵されているため、吸引力の高さを実現し、持続することが可能となっています。

 

また、ダイソンの扇風機は「羽根なし扇風機」なのが特徴ですが、内部にミックスフローインペラーが取り付けられていて風を生み出す仕組みとなっています。これもダイソン独自モーターが活躍して、パワフルかつ消費委電力抑制に貢献しているのです。

手厚い保障

ダイソン製品のアフターサービスも見逃してはならないポイントです。ダイソン製品購入後2年間は故障などの不良発生時に無償で製品修理を行ってくれるサービスを設けています。ダイソン製品は、同機種の他メーカーと比較して、価格が高い傾向にあります。

 

しかし、アフターサービスなどを長期間行ってくれるダイソン製品は、長い目で見てお買い得製品であると言えます。ダイソン掃除機に関しては、吸引力で他メーカー製品と差が生じてくること間違いなしです。

人気ダイソン製品の選び方

ダイソン製品はその用途によって選び方が異なります。シリーズもそれぞれでわかれていますので、自分の求めるダイソン製品をしっかりと確認しておくことが選び方でも重要になります。

用途で選ぶ

ダイソン製品をどのように使用しますか。それによって自分の選ぶものが見えてきます。用途をはっきりさせましょう。

ダイソンの掃除機

掃除という日々行う家事の1つが掃除です。その掃除を行う作業を快適かつ効率的に行えるのがダイソン掃除機の魅力と言えるでしょう。ダイソン掃除機は、先に触れましたが、強力パワフルな吸引力を持つモーターが搭載されていますので、吸いこぼしは少ないです。

 

また、狭隘な場所や、絨毯・カーペットなどの掃除する場所に合わせて効率よく作業が進められる「ヘッド」など付属品が準備されているので、場所を選ばずに掃除することができます。コードレス掃除機のラインナップが豊富なのもポイントです。

ダイソンの扇風機

ダイソン扇風機は、羽根なしの扇風機なのが最大の特徴です。お子様がいるご家庭などでも、従来の羽あり扇風機と比較して安全に使用することができます。また、空気清浄機能が搭載されている機種もあるので、室内の空気をきれいにすることにも一役買ってくれます。

 

また、ダイソン扇風機の風は自然な風に近いと言われています。従来のものであると、人工的な風が送られてきて、そういった人工的な送風を好まない方もいましたが、このダイソン扇風機なら、スーッと抜ける自然な風を体感できるようになります。

タイプで選ぶ

タイプも用途により見る視点が異なります。もっとも初歩的な部分のタイプ分けを確認しておきましょう。

コードレスorコード有り

ダイソン掃除機には、コードの有るものと無いものの2種類があります。コード有りの場合、掃除機をかけられる範囲がコードの延長範囲になり縛られてしまいますが、その代わり長時間継続してパワフルな運転を可能とします。

 

バッテリーではないため半永久的に使用できるのがメリットです。掃除できる範囲が限定的な1部屋だけの掃除ならいいのですが、部屋をまたいで掃除する際はコンセントを差す場所を変えなければならないデメリットは生じます。

テーブルファンorタワーファン

ダイソン扇風機には、テーブルファンとタワーファンの2種類があります。テーブルファンはコンパクトな作りの扇風機です。特徴としては上下方向にも風を送ることができる点です。また、サイズが小さいためテーブル上に置いて使用することができます。

 

タワーファンに関しては、スタイリッシュな印象を持つ長方形の扇風機となっています。細長いというのもポイントで、従来の羽あり扇風機では置けなかった場所にでも設置することができるようになる可能性が出てきます。

機能で選ぶ

機能面もチェックポイントです。扇風機ではヘッドが数種類存在し、それによって特性が異なります。扇風機はプラスアルファの機能についてみておきましょう。

ヘッドにより異なるダイソン掃除機

ダイソン掃除機には、ヘッド(掃除機の頭)部分が4種類にわかれます。それら1つ1つで吸引力や価格に違いが出てくるのです。Fluffy、Annimal、Absolute、Slimの4種類であり、ポイントはソフトクリーナーヘッド、ダイレクトドライブクリーナーヘッドです。

 

この2つのヘッドのどちらかが取り付いているもの、両方取り付いているものとにわかれています。Slimのみカーボンファイバーとナイロン素材を組み合わせたブラシが取り付けられたモーターヘッドが搭載されています。自分の掃除する場所に合ったものを選んでください。

空気清浄、暖房などの機能に注目の扇風機

ダイソン扇風機には、送風するという仕事以外にも、たくさんの役割を果たしてくれる機能が搭載されています。まずは、温風機能です。温風機能が使えればオールシーズンでの使用も可能となります。

 

そして、空気清浄機の役割を担ってくれるタイプも出ています。そういった機能を利用すれば、これ一台で賄えるようになり総支出でみれば安上がりになる可能性も出てきます。上手に利用したいですね。

シリーズで選ぶ

数種類にダイソン製品はそれぞれわかれています。どの用途を選ぶのかは自分次第なので、自分の使い方に合ったものを選ぶようにしましょう。

V6~V11のシリーズラインナップ

現行ではV6を除く4種類が販売されているダイソンVシリーズが、各ご家庭で活躍しています。その昔はDCシリーズがありましたが、現在市場には出回っていません。更にシリーズの後ろに英語が入ってくるのですが、それが機種の名称になってきます。

 

最新機種のV11でみると、2019年4月にAbsolutepro、Absolute、Fluffy+、Fluffyの4種類が登場しています。それと同時期にV7 Slimも販売されています。各番号(販売年数)によって機種もわかれていますので確認しておきましょう。

欲しい機能でわかれるダイソン扇風機

ダイソン扇風機を選ぶ際のポイントは欲しいスペックを明確にしておくことです。特に人気の機能が温風機能と空気洗浄機能です。どちらも欲しいという方には、HP04やHP03がおすすめです。但し、その分価格も上昇します。

 

機能を限定して扇風機機能だけでいいという方にはAM07、空気清浄付きの小型ダイソン扇風機が欲しい方はBP01、温風機機能だけでいい方はAM09といった形で選びましょう。その他にもDyson Linkアプリなど使えるものもあり、自分が欲しいスペックを確認しましょう。

ダイソン掃除機のおすすめ人気商品5選

1

ダイソン

V11 Fluffy SV14 FF

価格:57,607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新機種のV11シリーズ

吸引力は前モデルと比較して25%も向上、運転音も11%の低減とそのスペック向上率は計り知れません。60分連続運転も可能な安定パワーなのも魅力ですし、3つの吸引モードに切り替えることもできます。

 

バッテリー残量、運転状況、メンテナンスのタイミングなどをリアルタイム通知を液晶画面でしてくれるのも見やすくて魅力的です。事前通知があることで吸引力が低下する前に対応することができるようになります。

タイプコードレス機能ソフトローラークリーナーヘッド
2

ダイソン

V8 Fluffy SV10 FF2

価格:49,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスのいいバランスタイプ

機能面ではV10シリーズよりも劣りますし、最新機種には敵いませんが、V8シリーズの魅力はコストパフォーマンス面です。Fluffyはスタンダードモデルで最低減のアタッチメントしか付属されていません。

 

そこが味噌で、その分最安クラスでの提供を受けられて、タイミングによってはセール対象にもなるからです。ダイソン掃除機は価格も気になる所です。しっかりとそういった部分もフォローしてくれる製品も必要です。

タイプコードレス機能ダイレクトドライブクリーナーヘッド
3

ダイソン

V7 Slim SV11 SLM

価格:38,664円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新最小モデル

V7シリーズでありますが、2019年に発売された最新機種になります。スタンダードモデルとなり、最大の魅力は軽さです。持ち回りも楽に行えるので、女性でもスイスイと掃除することができます。

 

また、パイプは短くヘッドもコンパクトであり小回りが効くため、扱いやすさはダイソン掃除機の中でもトップクラスです。

タイプコードレス機能パワーヘッド
4

ダイソン

V10 Fluffy SV12FF

価格:49,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能スペックは新モデル登場でも十分

2018年に販売されたV10シリーズです。2019年発売のV11シリーズには吸引力で劣る部分はあるものの、それでも掃除機としての性能は素晴らしいレベルに達しています。こちらの特徴として、最低限のアタッチメントに留めていることです。

 

ダイソンの中でも上位機種ではありますが、ベーシックモデルでもあり、かなりお値打ちに購入することができます。また、公式サイト経由の購入ですと、専用の充電ドッグも付いてきます。

タイプコードレス機能クリーナーヘッド
5

ダイソン

V10 Absolutepro SV12ABL

価格:57,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

状況に合わせた切替が可能なモデル

こちらの製品の魅力はモーター駆動ブラシを覆うような形でナイロンフェルトによって大きいゴミを取り除きます。運転時間の長いときはエコモードに自動切替してくれたり、パワフルな吸引力を発揮してくれる中モードなども魅力。

 

更に、なかなか取れない汚れには強モードで集中的に掃除も行えるので、使い分けをすることで効率的な掃除を可能にしてくれます。

タイプコードレス機能ソフトローラークリーナーヘッド

おすすめ商品をもっとみたい方はこちらもチェックしてみてください。

ダイソン掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:58204の画像

    ダイソン

  • 2
    アイテムID:58206の画像

    ダイソン

  • 3
    アイテムID:58208の画像

    ダイソン

  • 4
    アイテムID:58209の画像

    ダイソン

  • 5
    アイテムID:58210の画像

    ダイソン

  • 商品名
  • V11 Fluffy SV14 FF
  • V8 Fluffy SV10 FF2
  • V7 Slim SV11 SLM
  • V10 Fluffy SV12FF
  • V10 Absolutepro SV12ABL
  • 特徴
  • 最新機種のV11シリーズ
  • コストパフォーマンスのいいバランスタイプ
  • 最新最小モデル
  • 高機能スペックは新モデル登場でも十分
  • 状況に合わせた切替が可能なモデル
  • 価格
  • 57607円(税込)
  • 49800円(税込)
  • 38664円(税込)
  • 49680円(税込)
  • 57600円(税込)
  • タイプ
  • コードレス
  • コードレス
  • コードレス
  • コードレス
  • コードレス
  • 機能
  • ソフトローラークリーナーヘッド
  • ダイレクトドライブクリーナーヘッド
  • パワーヘッド
  • クリーナーヘッド
  • ソフトローラークリーナーヘッド

ダイソン扇風機のおすすめ人気商品5選

1

ダイソン

HP04

価格:55,635円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄も暖房もどちらも兼ね備えたタイプ

空気清浄機能も備え、温風にも対応するマルチタイプが欲しい方はこちらを選ぶようにしましょう。オールシーズンで使用することができて、部屋の空気もキレイにしてくれます。どんなシチュエーションでも活躍してくれるのでオールプレイヤーとなってくれる存在です。

 

それだけでなく、新型フィルターも搭載しており、欲しいスペックを余すことなく準備してくれています。Dyson LinkアプリやLCDディスプレイなど付属されていないタイプもある中で、全ての機能を網羅しています。

タイプタワーファン機能空気清浄、温風
2

ダイソン

TP04IBN

価格:52,949円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機能は外せない方におすすめ

TP04は、温風モードを搭載していませんが、空気清浄に特化した機能を持っています。TP04は8畳の広さの部屋を清浄するのに22分で可能というデータが出ています。それは新型機種のHP04が27分なのに対して5分も早い計算です。

 

また、清浄できる床面積にあってもHP04が26畳であるのに対して、TP04は36畳とその空気清浄能力の高さはお墨付きです。更に、新型フィルターの搭載もされているため2019年では最高の空気清浄機能を備えているのがこちらの商品なのです。

タイプタワーファン機能空気清浄、液晶ディスプレイ
3

ダイソン

AM06

価格:17,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テーブルファンを求める方におすすめ

テーブルファンは非常にコンパクト。どこにでも置けるので、場所を選ばずに使用することができます。テーブル上に置いての使用も想像できますね。小さいながらも、送風力はしっかりとしていますので、物足りなさを感じることもないでしょう。

 

子供のいるご家庭においても、子供の手が届かない場所に置くことが楽に行えるので、安全面を考えても有効です。また、リモコンも搭載していたり、タイマー機能も付いているのであったらいいなのスペックがある点も評価が高いです。

タイプテーブルファン機能タイマー、リモコン
4

ダイソン

TP03WS

価格:35,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽なダイソン扇風機が欲しい方はこちら

空気清浄機能が欲しくて、ただお値打ち品はないかとお探しの方にTP03は魅力あるダイソン製品です。温風機能は搭載していませんが、空気清浄機能だけは必ず付けたいのですと、価格も抑えられて非常にいいです。

 

こちらは旧型フィルターを搭載しているため、フィルター交換やメンテナンスのランニングコストとしては新型フィルターと比較して費用を抑えられるでしょう。また、ディフューズドモードやLCDディスプレイはTP03には搭載されていないので注意しましょう。

タイプタワーファン機能空気清浄
5

ダイソン

AM07

価格:34,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

扇風機機能だけに特化したモデル

性能的にはTP04、TP03とほぼ同等のタワー型モデルです。基本設計がソファーやベッドでの使用を考えていますので、布団などでの使用には向きません。つまり、寝っ転がりながらの使用では風を余り受けられないことになります。

 

純粋なダイソンの扇風機機能のみが欲しいという方にはAM07はシンプルな設計で向いているでしょう。デザイン性もダイソンならでオシャレなデザインなので、インテリアとしても魅力ある製品でもあります

タイプタワーファン機能首振り、上下角度調整

おすすめ商品をもっとみたい方はこちらもチェックしてみてください。

ダイソン扇風機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:58233の画像

    ダイソン

  • 2
    アイテムID:58232の画像

    ダイソン

  • 3
    アイテムID:58230の画像

    ダイソン

  • 4
    アイテムID:58229の画像

    ダイソン

  • 5
    アイテムID:58227の画像

    ダイソン

  • 商品名
  • HP04
  • TP04IBN
  • AM06
  • TP03WS
  • AM07
  • 特徴
  • 空気清浄も暖房もどちらも兼ね備えたタイプ
  • 空気清浄機能は外せない方におすすめ
  • テーブルファンを求める方におすすめ
  • お手軽なダイソン扇風機が欲しい方はこちら
  • 扇風機機能だけに特化したモデル
  • 価格
  • 55635円(税込)
  • 52949円(税込)
  • 17800円(税込)
  • 35880円(税込)
  • 34000円(税込)
  • タイプ
  • タワーファン
  • タワーファン
  • テーブルファン
  • タワーファン
  • タワーファン
  • 機能
  • 空気清浄、温風
  • 空気清浄、液晶ディスプレイ
  • タイマー、リモコン
  • 空気清浄
  • 首振り、上下角度調整

ダイソン製品のお手入れ方法

ダイソン製品は、基本的に長く使用できる製品です。しっかりと手入れを行えば、長期的に不良なく使用できるでしょう。

ダイソン掃除機

ダイソンの掃除機は、お手入れが非常に大切です。手入れの仕方次第で長く使えるのかどうかも変わってきます。手入れを行う場所については、大きくわけて「ダストボックス部分」、「フィルター部分」、「モーターヘッド部分」に区分されます。

 

そこから、更に細分化されていきます。また、フィルター部分に関してはVシリーズの中でもフィルターユニットとプレモーター・ポストモーターフィルターとで水洗いの方法が異なりますので確認が必要です。

ダイソン扇風機

ダイソン扇風機もフィルター交換やお手入れが必要となります。空気清浄機能付き扇風機にはフィルターがあります。それは新型フィルターと従来型フィルターの2種類があり、それぞれで取り付け方法が異なりますので注意が必要です。

 

フィルターの交換頻度は、1日12時間の使用したとして約1年を目安として考えましょう。基本的にフィルターは掃除してはいけません。フィルター掃除を行ってしまうと本来の性能を発揮できなくなります。ただし、センサー部分はしっかりと掃除しましょう。

まとめ

いかがでしたか。ここまで耐久性能が高く、私達の生活に密着して手助けになてくれるものはないと言えます。どのように充実させていくのかはあなた次第です。自分の生活を見つめてダイソン製品を取り入れてみたいと思った方は、この記事を参考にして良質製品を手にしてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ