記事ID2664のサムネイル画像

【安いものから一人暮らし用まで】人気電子レンジのおすすめ商品9選

お弁当や冷凍食品を温めたり、調理に役立つアイテムが電子レンジです。一口に電子レンジといっても種類がたくさんあり、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。そこで今回は「安い」「単機能」「一人暮らし用」に分けて電子レンジの人気商品をご紹介します。

キッチンの必需品である電子レンジ

料理のあたためや食材の解凍をボタン1つでしてくれる電子レンジ。加熱だけでなく、オーブン機能やスチーム機能が付いているものあり、料理の幅も広げてくれる便利な調理器具です。特に自炊をする暇がない一人暮らしの人にとっては、なくてはならない家電といえます。

 

電子レンジはパナソニックやシャープ、日立といった人気家電メーカーが数多くの商品を発売していて、価格も安いものから高いものまであります。あたためるだけのシンプルなものから、便利な自動調理メニューが備わったものまで、特徴も商品によってさまざまなので、自分のニーズに合ったものを見つけやすいです。

電子レンジの選び方

ここからは、電子レンジの選び方についてご紹介していきます。電子レンジを選ぶ際に注目しておきたいポイントについてご紹介しますので、選び方の参考にしてみてください。

タイプで選ぶ

電子レンジには「あたため機能」のみの単機能タイプから、「オーブン機能」を搭載したタイプ、過熱水蒸気で調理する「スチーム機能」を備えたタイプがあります。使用用途に合わせて、自分に合ったタイプを選びましょう。

単機能電子レンジ

単機能電子レンジは食材を温めるだけの機能が搭載された、昔からあるシンプルなタイプです。料理をしないのでお弁当や冷凍食品を温められれば十分という人や、オーブンを別に持っている人に適しています

 

出力と時間を合わせるだけの簡単操作なので、誰でも気軽に使うことができるのが特徴です。サイズがコンパクトで邪魔になりにくく、値段も安いものが多いので、気軽に購入できるのも良い点です。商品によっては食材ごとに適した温度に自動で調整して暖めてくれる便利な「自動あたため機能」が搭載されているものもあります。

 

なお、単機能電子レンジには、東日本・西日本どちらかでしか使えないものもありますのでので注意が必要です。購入する際には地域に合ったもの、あるいはどの地域でも使える商品を選ぶようにしましょう。

オーブンレンジ

単機能電子レンジにオーブン・グリルなどの「焼く機能」が追加されたものがオーブンレンジです。機能が増える分、サイズは大きくなりますが、パンやクッキーを焼いたりグリル料理を作ることもできます。

 

1台で料理のレパートリーを増やすことができますので、自炊をする人に適しています。オーブンレンジは製品によって備わっている機能が異なり、トースター・グリル機能がメインのものから、オーブン料理のオートメニューが搭載されたモデルもあります。

 

基本的に高機能なものほど、お値段もアップします。作りたい料理などを考えて、自分が必要だと思う機能が搭載されているものを選ぶのがおすすめです。

スチームオーブンレンジ

「温める」「焼く」に加え、水を使ってスチームを発生させ「蒸す」機能も追加したのがスチームオーブンレンジです。スチームの発生方法には、角皿に入れた水を使う「角皿式」と本体搭載の専用タンクの水を使う「水タンク式」がありますが、スチーム効果が高く、さまざまな調理を楽しめるのは水タンク式です。

 

水タンク式の上位モデルには水蒸気の力で食材を焼いたり、食材の油で揚げ物を作ることができる「過熱水蒸気オーブンレンジ」もあります。価格が高いものが多いというのがネックですが、油を落とし、ヘルシーな揚げ物料理を楽しむこともでき、カロリーが気になる人にもおすすめです。

使用人数に適した容量で選ぶ

電子レンジは一人暮らしの人と子供がいる家族では最適なものが変わってきます。使用人数に合った容量のものを選ぶのがおすすめです。

一人暮らし用

一人暮らしで家で料理をしない人、あるいはちょっとした料理をする程度の人なら、容量は20L前後で十分足ります。一人暮らしの人の場合は、設置スペースが限られている場合が多いですが、20L以下のものであれば小型冷蔵庫の上に設置することもできます。

 

料理好きでオーブン機能を活用して調理したい人や、来客が多い人であれば、一人暮らしであっても少し大きめの容量のものを選んでおくと安心です。使用頻度や用途に合わせて選びましょう。

二人暮らし用

二人暮らしの人や来客の多い一人暮らしの人には25L前後の容量のものがおすすめです。サイズが大きくなるのでスペースの確保が必要になりますが、1回であたためられる量も多くなり、機能的にも充実している製品が多いです。

 

2人用の自動メニューが搭載されている製品もありますので、備わっている機能にも注目して最適な1台を選ぶようにしましょう。

ファミリー用

3人以上の家族であれば25L以上のものがおすすめです。子供が大きい4人以上の世帯なら、庫内が広い30L以上がベストです。調理に便利な機能が備わっているものや、レンジ内部が2段式になっていて、1度に大量に調理することが可能な製品もあります。

 

基本的にはサイズが大きくなりますので、設置スペースの余裕が必要ですが、中には左右や背面の放熱スペースをとらずに安全に使えるものもあります。設置スペースに置くことができるか確認してから購入するのが大切です。

値段で選ぶ

電子レンジは製品により値段の差がかなりありますが、値段を左右するのは機能と容量です。安さで選ぶなら温め機能だけの単機能電子レンジで容量が小さめのものがおすすめです。

 

また、東日本・西日本でしか使用できない周波数が限定されているモデルは安いものが多く、容量が20L以下のものであれば一万円以下で買える製品もあります。

機能や特徴で選ぶ

電子レンジは最高出力やテーブルタイプといった基本機能も商品により異なります。選ぶ際には必ずその商品の特徴もチェックしてみてください。

最高温度・最高出力を確認

電子レンジの出力は500~1000Wと製品によって異なります。出力が高いものほどスピーディーに温めることができますので、温め時間を短縮したい人は出力が高いものを選ぶようにしましょう。

 

600W以上あれば温め時間に不満ということも少ないので、最大出力が600W以上の機種を選ぶのがおすすめです。また、オーブン機能が付いているものの場合は、最高温度も製品により異なります。

 

目安として、最高温度が250℃のモデルであればどのような料理にも対応することができます。中には最高温度が300℃のモデルもあり、本格的な料理やパンを生地から焼き上げたい場合に便利です。オーブンレンジを選ぶ際は、最高出力と合わせて最高温度もチェックするようにしたいです。

テーブルタイプを確認

電子レンジは庫内に食材を置いて使用しますが、庫内の構造には「ターンテーブル式」と「フラット式」の2種類があります。ターンテーブル式は一定方向からマイクロ波を当て、食材を温めるタイプで、テーブルを回転させることで均一に食材を温めることができます。

 

一方のフラット式はマイクロ波を庫内に拡散させるので、ターンテーブルなしで均一に食材を温めることができます。テーブルが不要なので、食材がテーブルに乗らないといったこともなく、庫内を広々と使うことができます。

 

ターンテーブル式の単機能電子レンジには格安のものもありますので、予算をできるだけ抑えたい方はターンテーブル式、使い勝手を重視するならフラット式から選ぶのがおすすめです。

センサー機能を確認

センサーが搭載されている機種は自動で出力や時間を感知してくれるので便利です。電子レンジに搭載されているセンサーは食材の蒸発水分量で加熱する「湿度センサー(蒸気センサー)」、赤外線で食材表面温度を感知して加熱する「赤外線センサー」、食材の重さを量って加熱する「重量センサー」などがあります。

 

「湿度センサー(蒸気センサー)」はお弁当を温めるのがメインの人向き、「重量センサー」は大きな食材も加熱したい人に人気、「赤外線センサー」はパン作りなどもしたい人向きで価格は一番高いです。

 

このようにセンサーにより得意分野も変わり、価格にも差が出てきます。作るメニューに合わせて、自分に合ったセンサーを搭載しているかチェックするようにしましょう。

扉の開く方向を確認

電子レンジを選ぶ際に見落としがちなのが扉の開く向きです。「横開き」「縦開き」と製品によって扉の開閉方向も違いますので、設置場所や使いやすさなどを考え、自分に適したものを選ぶようにしましょう。

 

単機能レンジに多い、左右どちらかに扉が開くタイプは比較的リーズナブルで食材の出し入れもしやすいのがメリットです。ただし、左右にスペースがないと使えませんのでスペースに余裕がない人は縦開きのレンジを選ぶのがおすすめです。縦開きなら、開いた状態のドアに食材を置くこともでき、省スペースでも便利ですよ。

メーカーで選ぶ

電子レンジの機能は製品により異なりますが、販売しているメーカーにも注目したいです。ここでは、特に人気のメーカー3社の特徴をご紹介します。

パナソニック

有名家電メーカーのパナソニックは電子レンジも多く発売していて、機能性の高さが人気です。ハイスペックモデルには焼く・煮る・蒸す・揚げるの4つの機能が備わり、2段調理が可能なオーブンレンジもあります。

 

単機能レンジの中には15Lのお手頃価格のものなど、一人暮らし向きの製品もあります。リーズナブルなものから高機能なものまで豊富にラインナップしていますので、どのような人のニーズにも合った製品を見つけやすいです。

シャープ

シャープの電子レンジで人気が高いのは、高温の水蒸気で焼き上げる過熱水蒸気オーブンレンジです。電子レンジに加熱水蒸気を取り入れた先駆けメーカーということもあり、性能の高さには定評があります。

 

料理初心者でも快適にヘルシーメニューを作ることができ、健康志向の高い人にもシャープの過熱水蒸気タイプはおすすめです。販売している商品の種類も充実していて、リーズナブルな単機能タイプも用意されています。

日立

国内大手家電電メーカーである日立は料理好きの人にも人気の製品が多く用意されています。ハイスペックモデルには複数のおかずを同時に調理できる「おかずセットメニュー」や自動でローストビーフや食パンを作れるメニューなどが搭載されています。

 

自動メニューが備わっている高機能タイプだけでなく、日立からも温め機能だけのお手頃価格製品も用意されています。特に使用地域が限定されているタイプはリーズナブルですので、一人暮らしの人におすすめですよ。

安い電子レンジのおすすめ人気商品3選

ツインバード工業(Twinbird)

電子レンジ DR-D419W5

価格:6,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

とにかく安くて使いやすい

ツインバード工業が発売しているリーズナブルな17L単機能電子レンジです。ツインバードはコスパの高い家電を多く販売していることで人気ですが、この電子レンジもハイコスパです。

 

見やすい大型のダイヤルで出力と時間を合わせるシンプル設計なので、操作方法で迷うといったこともありません。出力は6段階で調節でき、最大出力は700Wとパワーも十分です。

タイプ単機能庫内容量17L
サイズ45.5×33×26.5cm扉の向き横開き
庫内の構造ターンテーブル

山善(YAMAZEN)

オーブンレンジ KRC-160VEB(B)

価格:11,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで高機能なオーブンレンジ

お手頃価格のオーブンレンジを探している人におすすめの製品です。リーズナブルでありながら高機能なことが特徴で、レンジ・オーブン・グリル・発酵と4つの機能が搭載されています。

 

操作もシンプルで分かりやすく、10種類の自動メニューが搭載されているので、料理の幅も広げてくれます。気軽にパンを焼きたい人から、本格的な料理を楽しみたい人まで満足すること間違いなしです。

タイプオーブンレンジ庫内容量16L
サイズ46.1×32.9×29.3cm扉の向き横開き
庫内の構造ターンテーブル

ハイアール

電子レンジ JM-FH18G-W

価格:9,169円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさ抜群のコスパ最高商品

コスパが高いハイアールの単機能電子レンジです。容量は18Lですが、庫内がフラット式になっており、広々と使うことができます。幅は30cm以上ありますので、テーブルに乗らない大きめのお弁当でも余裕で入れることが可能です。

 

食材を入れやすいフラット式な上に、扉は縦開きですので狭いキッチンでも使いやすいです。セルフメモリー機能もあり、いつも使うワット数や温め時間はワンタッチで使用可能です。

タイプ単機能電子レンジ庫内容量18L
サイズ47×39×28.5cm扉の向き縦開き
庫内の構造フラット

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

単機能電子レンジのおすすめ人気商品3選

パナソニック(Panasonic)

電子レンジ NE-E22A2-W

価格:10,639円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動あたため可能で使いやすい

大きめのお弁当も楽に入る、22Lの単機能電子レンジ。パナソニックらしい機能性の高さが人気の製品です。センサーオート機能を搭載していることが特徴で、出力や加熱時間を合わせる必要がなく、ボタンワンタッチで自動で温めてくれます

 

最大出力は850Wとパワーもあり、素早く温めることが可能です。どの地域でも使えるヘルツフリータイプなので、引っ越しが多い人でも安心です。

タイプ単機能電子レンジ庫内容量22L
サイズ48.8×36.8×27.9cm扉の向き横開き
庫内の構造ターンテーブル

東芝

電子レンジ ER-SS17A-W

価格:16,126円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大900Wですばやく温め可能

東芝の使いやすい17L電子レンジです。サイズはコンパクトですが、間口29.3cmとワイドな造りになっていて、庫内もフラットタイプなので、大きめの弁当も楽々入れることができます

 

最大出力は900Wで冷凍ご飯も素早く温めることが可能です。操作部分はオレンジバックライト液晶を採用しているので誤操作もしにくく、扉は使いやすい縦開きなのもおすすめポイントです。

タイプ単機能電子レンジ庫内容量17L
サイズ48.8×36.8×27.9cm扉の向き縦開き
庫内の構造フラット

シャープ(SHARP)

ヘルツフリー電子レンジ RE-TF1-W

価格:12,812円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ごはんや飲み物をワンタッチで温め可能

シャープが発売している全国で使えるヘルツフリーの単機能電子レンジです。サイズが非常にコンパクトなので、狭いキッチンでも設置がしやすいです。庫内はフラットになっていて、サイズの割に大きめのお弁当も入れやすいです。

 

センサーは搭載されていませんが、ご飯・牛乳・酒かん・お弁当用の「自動調理ボタン」が付いています。ご飯や飲み物を温めたい場合は、ワンタッチで適温に温めてくれるので便利ですよ。

タイプ単機能電子レンジ庫内容量18L
サイズ31.5×29.5×18cm扉の向き縦開き
庫内の構造フラット

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

一人暮らし用電子レンジのおすすめ人気商品3選

シャープ(SHARP)

過熱水蒸気 オーブンレンジ RE-SS8-XW

価格:19,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

過熱水蒸気タイプでは圧倒的な安さ

料理をする一人暮らしの人にはシャープの「RE-SS8-XW」がおすすめです。過熱水蒸気オーブンレンジとしては格安で、非常にコスパの高い製品です。格安モデルですが、性能は高く、水蒸気の力で揚げ物や焼き物をヘルシーに美味しく仕上げることができます。

 

冷凍食品はワンタッチで温めることができ、お弁当にはラップをしなくてもしっとり温めることができます。奥行は38cmとスリムタイプなので、スペースの取りにくい一人暮らしの部屋でも置きやすいです。

タイプ過熱水蒸気オーブンレンジ庫内容量18L
サイズ50×38×34.5cm扉の向き縦開き
フラット

山善(YAMAZEN)

電子レンジ YRL-F180(W)

価格:12,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインもおしゃれなシンプルタイプ

無駄を省いたシンプルでおしゃれなデザインが人気の単機能電子レンジです。操作はダイヤルを回すだけの簡単設計で出力は3段階で調節可能で、10分までのタイマー機能も搭載しています。

 

庫内はフラットタイプで使いやすくお掃除も簡単。お弁当や冷凍食品を温めることができれば十分という一人暮らしの人におすすめです。

タイプ単機能電子レンジ庫内容量18L
サイズ45.7×34.7×27.2cm扉の向き横開き
庫内の構造フラット

日立

簡易スチームオーブンレンジ MRO-TF6-W

価格:25,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スチーム機能も備えた高性能タイプ

調理の幅を広げたい人におすすめのスチーム機能搭載オーブンレンジです。レンジとオーブン・グリルを組み合わせることで、ノンフライのヘルシーメニューを自動で作ることができます。オートメニューも豊富で全部で全部で70もの自動メニューが備わっています。

 

パンを焼くこともでき、オーブンレンジを別に購入する必要もありません。庫内はフラットタイプで、庫内天面のヒーターも露出していないので、庫内全体のお掃除もしやすいです。

タイプスチームオーブンレンジ庫内容量22L
サイズ48.3×38.6×33cm扉の向き縦開き
庫内の構造フラット

おすすめ商品をもっと見たい方はこちらの記事も合わせて読んでみてください。

電子レンジの掃除方法

電子レンジを衛生的に使い続けるために、定期的なお手入れは欠かすことができません。汚れをそのままにしておくと、性能が落ちたり、最悪の場合故障してしまうケースもあります。理想は電子レンジを使うたびに掃除することですが、難しい場合は1週間に1度は掃除することをおすすめします。

 

掃除方法はいくつかありますが、簡単なのは水蒸気を使ったお掃除方法です。水を入れた耐熱容器をレンジの中に入れ、5分ほど温めます。温めが完了すれば水蒸気で庫内が満たされるまでしばらく待ちます。

 

その後、湿った布で庫内の汚れを落とせば完了です。汚れが頑固な時は重曹を入れた水を使うのがおすすめ。重曹の力で頑固な汚れも落としやすくなります。

 

まとめ

電子レンジのおすすめ商品を種類別にご紹介してきました。電子レンジは価格も機能も商品によりさまざまですが、自分の使うシーンを思い浮かべながら探すのがポイントです。目的に合わせ、自分にぴったりの電子レンジを見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ