記事ID2667のサムネイル画像

【2019年最新版】ポータブルカーナビのおすすめ人気商品10選

簡単に車に取り付けられて携帯性が高いポータブルカーナビは、車に取り付けて使用するだけでなく取り外すことで自由に持ち運ぶことができ、車以外でもナビ機能を使うことができます。様々なメーカーから特徴のある製品が販売されています。今回はそんなポータブルカーナビの人気商品を紹介します。

コスパが良くお手軽なポータブルカーナビ

スマホにナビ機能が付いたことで車にカーナビを付けない人も多くなっています。しかし、ナビ機能は常に電源を付けておく必要があり、スマホの劣化に繋がる要素にもなりえるので未だカーナビの需要は高くなっています。

 

そこで最近では車に取り付つけるだけでなく、取り外すことによって他の車にも使うことができ、自宅にも持ち運ぶことができるポータブルカーナビの人気が上がってきています。機能面では車純正のカーナビと比べると劣りますが、コスパが良く、持ち運べることによる利便性が人気になるポイントです。

 

純正のカーナビとは取り付け位置も違い、取り外すことを前提に考える必要があるため、望まれる性能も変わってくるのでどんなポータブルカーナビが人気があるのかしっかり理解して満足のいくポータブルカーナビを選びましょう。

ポータブルカーナビの選び方

ポータブルカーナビを選ぶにも様々なポイントがあります。それぞれのポイントでどんな製品が欲しいのか決めていきましょう。

価格で選ぶ

ポータブルカーナビは安値が売りですが、付いている機能・性能によって価格も変わってきます。どの価格帯でどのような製品が用意されているのか把握しておくことで用意する予算も変わってきます。

1万円前後

ポータブルカーナビでも最も安い価格帯になります。基本的な機能はナビ機能のみのもの多く、他についていてもワンセグなどのテレビを見る機能など1つの機能が付いているものが精一杯です。

2万円前後

ポータブルカーナビの価格でも標準的な価格帯です。ナビ機能は勿論ですが、ナビでも細かい経路の設定・踏切や事故多発ポイントなどの注意ポイントに警告などナビの中でも細かい機能が付いています。

 

また、それ以外にも観光地点の紹介・ワンセグ~フルセグの自動切り替えなどの機能も付いており、ナビ以外の機能も充実してきています。

4万円前後

ポータブルカーナビでも最高ランクの価格帝になります。ナビ機能の表示は3Dなど見た目がわかりやすくなり、画質も上がることによって画面を見やすくできるようになっています。位置をわかりやすくなっている測位システムを搭載することによって自動車の位置を正確に素早く把握することができるようになっています。

 

その他の機能も観光地の紹介・ワンセグ~フルセグの自動切り替えなどほとんどの製品についています。カーナビを長く使用していると地図の変更が入り、地図が変わってしまいますがその地図の自動更新が入るようになっています。

画面サイズで選ぶ

ポータブルカーナビは画面のサイズが自分の用途によって選ぶことができます。それぞれの大きさでそのような特徴があるか紹介します。

5インチ

液晶のサイズは約横13✕縦10ほどと非常にコンパクトサイズで、携帯とほぼ変わらない大きさです。比例して重量も軽くなるので、ポータブルカーナビの利点である持ち運びをする際に邪魔になりにくいと利点があります。

 

また、ポータブルカーナビは車のダッシュボードに付けることが基本になっていますが、画面のサイズが小さいと運転の際に目線の邪魔になりにくくなります。コンパクトなサイズのポータブルカーナビを探しているという人におすすめのサウズです。

7~8インチ

液晶サイズは約横18✕縦13のサイズでポータブルカーナビとしては標準的なサイズで人気のあるサイズです。重量も1kg前後の商品が多くなります。画面のサイズとしてはダッシュボードの上に置いても視認性が良く、画面をストレスなく確認することができます。

 

また、操作する回数が多いときはある程度の画面の大きさのサイズがあったほうが見やすくなります。普段からカーナビの操作をすることが多いという人にはおすすめのサイズです。

9インチ

液晶サイズは横23✕縦15cmほどになり、重量も1.5kgほどになってきます。サイズとして最大クラスのサイズになり、製品のラインナップも少なくなってきます。持ち運ぶには重く感じる重量になるので車に設置する用途に購入するのが最適です。

 

視認性や操作性が高さを重視する方におすすめです。また、ポータブルカーナビにはテレビチューナーが搭載しており、テレビの視聴が可能になっているものが多くあります。そこで大きなサイズのポータブルカーナビなら映像を楽しむことができます。

重量で選ぶ

ポータブルカーナビの重量は持ち運びをする際に変わってきます。カーナビをという名称が付いており、車で使用することを前提で購入する人が多いと思います。しかし、ポータブルカーナビは稼働時間内であれば車での出かけ先などでスマホのナビ機能のように使用することもできます。

 

そこで重量の軽いものであればバックに入れて持ち運ぶことも簡単になり、スマホの充電を減らすことや負担を軽減することもできるようになります。お出かけすることが多く、普段からスマホのナビ機能を使用することが多いという人なら持ち運びをしやすいポータブルカーナビがおすすめです。

自動車位置検出の精度で選ぶ

ほとんどのポータブルカーナビは、GPS衛星を利用して自動車の位置を測定しています。古いモデルの製品ではビルの密集地点やトンネル。山奥に行くことで自車の位置にズレが起こることが据え置きの型のカーナビよりも制度が低いと言われていました。

 

しかし、近年はGPS衛星のほかに、日本の準天頂衛星のみちびきやロシアの測位衛星グロナスなどと連携することによって位置精度を高めているポータブルカーナビが登場しています。

 

ほかにも高性能のCPUを積んでいたり、独自のシステムを使用することで精度を高めているモデルも出てkています。普段から使用しているカーナビで位置情報のズレにストレスを感じている人ならば精度の高いポータブルカーナビがおすすめです。

地図情報の更新で選ぶ

ポータブルカーナビを長く使用していると新しい道路が開通したり、古い道路がなくなったりと時間が経過することで道路の状況は変わっていきます。そこでポータブルカナビに登録してある地図情報の更新ができる製品であれば道路の状況が変わっても安心することができます。

 

また、地図情報の更新の方法も確認しておくことも大切です。方法によっては自分で簡単に更新することができないものもあるのでせっかく更新できるポータブルカーナビを購入しても意味がありません。

 

勿論、地図の更新ができないモデルもあり、機能が付いていないことで価格は安くなります。地図の精度よりもコスパを優先する方には更新機能が付いていない製品のほうが安くなります。

テレビチューナーの種類で選ぶ

ポータブルカーナビにテレビチューナーを搭載したモデルの中でも、テレビ電波の受信方法はワンセグフルセグの2種類あります。それぞれどんな特徴があるのか紹介します。また、価格が上がりますが両方を搭載しているモデルもあります。

ワンセグ

スナホやカーナビにメインに搭載されていることが多い受信方法で、移動しながら受信することを想定された方式で画質は良いとは言えませんが受信感度が高く、電波が届きにくい場所でも電波を受信しやすいのが特徴になります。

フルセグ

テレビと同じ受信方式で、固定された位置への受信方法になります。高画質な映像を受信でき、移動中には映像が乱れることが多くなります。

機能で選ぶ

ポータブルカーナビにはナビ機能のほかの機能が付いているモデルも多く販売されています。どんな機能があるのか紹介していきます。

ドライブレコーダー

防犯や安全運転、最近では危険運転の観点から需要が高まっているのがドライブレコーダー機能です。最近ではポータブルレコーダーとしても使えるドライブカメラ搭載モデルが登場しています。別々に購入するよりもスペースを節約することができます。

 

マップ連動再生機能に対応しているモデルならばどこから録画を始めたのかも一目で確認できることもできるので便利になっています。

サイド・バックカメラ

車のサイド・バックカメラに付けているカメラに付いている映像が純正のカーナビのようにポータブルカーナビにも映すことが可能になります。カメラ自体は別売りになりますが場所を取ることなく取り付けられるので購入を考えている人なら対応しているポータブルカーナビを購入すれば手間が省けます。

Bluetooth

Bluetoothに対応しているポータブルカーナビを購入することでハンズフリーで電話することができたり、スマホに登録した音楽をポータブルカーナビから流すことができるようになります。ポータブルカーナビに音楽を登録する手間がなくなり、誰の携帯に入っていても問題がないためおすすめの機能になっています。

VICS

渋滞や事故など道路情報の変化の情報をリアルタイムに表示できるシステムです。ポータブルカーナビがVICSに対応していれば到着時間をより正確に算出できることが可能になります。

 

VICSには、伝達能力が2倍に強化されたVICS WIDEに対応したモデルも販売されています。より正確な交通情報を取得できるほか、大雨のエリアの表示や地震や噴火などの災害情報をアラートで知らせてくたりとさらに多くの情報を得ることが可能になります。

ポータブルカーナビのおすすめ人気商品10選

1

パナソニック(Panasonic)

ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G520D

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気のゴリラシリーズ

安心・安全に運転ができるようにサポートしてくれる装備がぎっしり入っています。カーナビ経路から外れて逆走を始めたときは警告を発し教えてくれる機能付き安心して運転することができます。

 

また自車の位置を測位するために同時のシステムであるGロケーションを開発し、搭載しています。さらに日本の真上から電波を送れることができるみちびきと受信することによってビルや山間部でも測位する確率が上がり、位置が飛ぶのを防ぎます。

画面インチ5重量200g
TVチューナーワンセグ画素数115万画素
2

Shenzhen Junsun E-Commerce Co., Ltd.

ポータブルカーナビ

価格:11,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポータブルナビゲーション2019年最新地図搭載

2019年の地図情報を搭載したポータブルカーナビです。ナビ機能のみが搭載されていますが、そのナビ機能は対応衛星数がGPS衛星数の1.8倍になっており素早い反応を可能にしています。画面も7インチと地図や文字を綺麗に表示できるようになっているので視認性・操作性共に快適に行うことができます。

画面インチ7重量699g
TVチューナーなし画素数38万画素
3

パナソニック(Panasonic)

ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1300VD

価格:48,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴリラの7型ワイドモデル

ゴリラの液晶が7型ワイドで最新のモデルになります。地図は交差点などの曲がらなければいけない地点では見やすいように3D表示され、舗装や路面標示などもリアルに対応しています。初めて見る道でも迷わず安心して運転することができます。

 

交通情報サービスのVICS WIDEを搭載することにより、リアルタイムで渋滞や道路の交通情報を取得して最適なルートを自動的に案内してくれます。

画面インチ7型ワイド重量360g
TVチューナーワンセグ画素数115万画素
4

ユピテル(YUPITERU)

ポータブルカーナビ WNB75ML

価格:22,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いスペックと視認性を兼ね備えたスタンダードモデル

運転中に初めて通る道で起こりやすいわかりづらい一方通行や、交差点で多い事故のポイントなどで防止できるように73000件以上を登録し、うっかり違反を抑止できるようになっています。案内も4ヶ国語で対応できるマルチリンガルを搭載することによって幅広い人種にも対応することができます。

5

AWESAFE

ポータブルカーナビ

価格:11,890円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能ポータブルカーナビ

対応液性がGPS衛星数の1.8倍にアップすることによって正確な位置決めが可能になっています。本体はサンバイザー取り付けることによって日差しを関係なく画面を見やすくなっています。ナビでの検索は住所や地点名など8つのモードから調べることができ、簡単に検索・設定をすることが可能になっています。

画面インチ7重量730g
TVチューナーなし画素数
6

ROOMMATE

ポータブルカーナビ

価格:12,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年度版最新ゼンリン地図搭載

ゼンリンが独自で調べた最新の地図を搭載し、高精度で高鮮度な地図を表示することができます。また、6万件以上の旅行ガイドブックを収録をすることによって通行地点の観光地を表示できるようになっています。

 

9インチの大画面で視認性・操作性は大幅に向上し、タッチパネルでもストレスなく操作することができます。

画面インチ9型ワイド重量480g
TVチューナーワンセグ画素数38万画素
7

iimono117 Bandiera

ポータブルナビ ナビゲーション

価格:9,660円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のセンリンマップを搭載

実績のあるゼンリンマップるるぶのデータを搭載することによって、ナビ初心者でも安心して運転することができます。スタンドには簡単に設置することができ、ラクラク操作で機械が苦手な人でも楽にナビの操作を行うことができます。

画面インチ7重量280g
TVチューナーワンセグ画素数35万画素
8

DreamMaker

ポータブルナビ PN0902A

価格:26,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルアンテナで高画質フルセグTV

本体にアンテナを2つ装備し、フルセグチューナーを搭載することによってフルセグ・ワンセグの両方を受信することが可能になっています。また、ナビとAV画面を2画面同時表示することによってナビとテレビ・動画・音楽などを同時に表示することができます。

9

ユピテル(YUPITERU)

ポータブルカーナビ YPL524

価格:13,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユピテルの5インチカーナビ

うっかり違反を防止するための情報が7万件以上登録されることによって、わかりづらい違反ポイントでも警告アラームで知らせてくれるので安心して運転することができます。また万一のトラブルのときの連絡先を表示してくれるカーレスキューボタンを搭載しています。

画面インチ5重量558g
TVチューナーなし画素数
10

MAXWIN

ポータブルナビカーナビ NV-A011

価格:8,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズでも機能満載

コンパクトサイズで軽量ながら豊富なデータを収録しており、操作もしやすくなっています。マルチメディアにも対応しており、音楽や動画、写真の再生が可能です。持ち運びをしやすいポータブルカーナビとしておすすめです。

画面インチ5重量155g
TVチューナーなし画素数35万画素

ポータブルカーナビの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:58850の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 2
    アイテムID:58853の画像

    Shenzhen Junsun E-Commerce Co., Ltd.

  • 3
    アイテムID:58854の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:58855の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 5
    アイテムID:58856の画像

    AWESAFE

  • 6
    アイテムID:58857の画像

    ROOMMATE

  • 7
    アイテムID:58858の画像

    iimono117 Bandiera

  • 8
    アイテムID:58859の画像

    DreamMaker

  • 9
    アイテムID:58860の画像

    ユピテル(YUPITERU)

  • 10
    アイテムID:58861の画像

    MAXWIN

  • 商品名
  • ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G520D
  • ポータブルカーナビ
  • ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1300VD
  • ポータブルカーナビ WNB75ML
  • ポータブルカーナビ
  • ポータブルカーナビ
  • ポータブルナビ ナビゲーション
  • ポータブルナビ PN0902A
  • ポータブルカーナビ YPL524
  • ポータブルナビカーナビ NV-A011
  • 特徴
  • 大人気のゴリラシリーズ
  • ポータブルナビゲーション2019年最新地図搭載
  • ゴリラの7型ワイドモデル
  • 高いスペックと視認性を兼ね備えたスタンダードモデル
  • 多機能ポータブルカーナビ
  • 2019年度版最新ゼンリン地図搭載
  • 安心のセンリンマップを搭載
  • ダブルアンテナで高画質フルセグTV
  • ユピテルの5インチカーナビ
  • コンパクトサイズでも機能満載
  • 価格
  • 19800円(税込)
  • 11599円(税込)
  • 48970円(税込)
  • 22000円(税込)
  • 11890円(税込)
  • 12800円(税込)
  • 9660円(税込)
  • 26500円(税込)
  • 13200円(税込)
  • 8500円(税込)
  • 画面インチ
  • 5
  • 7
  • 7型ワイド
  • 7
  • 9型ワイド
  • 7
  • 5
  • 5
  • 重量
  • 200g
  • 699g
  • 360g
  • 730g
  • 480g
  • 280g
  • 558g
  • 155g
  • TVチューナー
  • ワンセグ
  • なし
  • ワンセグ
  • なし
  • ワンセグ
  • ワンセグ
  • なし
  • なし
  • 画素数
  • 115万画素
  • 38万画素
  • 115万画素
  • 38万画素
  • 35万画素
  • 35万画素

ポータブルカーナビの取り付け方

ポータブルカーナビは取り付け方を考えておくのも購入するときには大事になってきます。ここで紹介することを参考にしてください。

取り付け位置の規則

ポータブルカーナビは道路運送車両の保安基準で窓ガラスに張り付けることは禁じられており、貼り付けて良いのはETCやドライブレコーダーのみとなっています。また、ポータブルカーナビは意外と重いので車の振動などで外れる可能性もあるので注意が必要です。

取り付け方法

取り付けの方法にも順序があります。注意するようにしましょう。

位置決めてベースを取り付ける

上で紹介した規則・注意する場面を気にしつつポータブルカーナビのベースを取り付け位置を決める必要があります。簡単に取り外すことができないものもあるので慎重に決めましょう。取り付ける際は綺麗に埃や汚れをふき取ってから説明書通りに張り付けることが大事です。

ベースにナビを取り付ける

運転席に座ってから画面が見やすい角度に取り付けます。運転中に角度の調整などをするのは危険なので取り付ける際にしっかり自分から見やすい角度にしていおくのが大事です。

パーキングブレーキ線に接続する場合も

安全の為にパーキングブレーキをかけた状態でないとポータブルカーナビを操作ができないようにできるポータブルカーナビもあります。特に運転の慣れていない人などはこの対策をしておくことで運転中の危険な行為を辞めさせることができるのでおすすめです。

まとめ

カーナビ機能は便利で車を運転する際には今や必須と言ってもいいアイテムです。基本的なナビ機能だけでなく、様々な機能が付いているポータブルカーナビがあります。上で紹介している選ぶポイントで良いなと思った機能を見つけ、自分の満足するポータブルカーナビを見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ