低刺激で安心!万能ベビーオイルのおすすめ人気ランキング3選

産まれたばかりの赤ちゃんにも使えるものが良い!保湿力があって、どこにでも使える万能なものが欲しい!安全な成分のものがいい!という方、そんな悩める皆さんのためにおすすめ人気ベビーオイルをご紹介致します!

ベビーオイルの種類

ベビーオイルは、大きく2種類に分かれます。


植物性

木の実など植物を絞って生成されるオイルです。保湿力が高く、天然由来のものは肌に優しいので赤ちゃんにも安心して使えます。ただし、酸化しやすいので保存の仕方に注意が必要です。


鉱物性

石油を精製してできたオイルです。一見体に悪そうですが、きちんと不純物を取り除いているので安心です。皮膚を保護してくれる役割があり、酸化しにくいので長い時間使うことができます。

ベビーオイルの選び方ポイント2つ

数多くあるベビーオイルの中から、ご自分に合ったベビーオイルを選ぶために、確認したいポイントを2つにまとめました。この2つを確認した上で、自分にぴったりなベビーオイルを探してみてください。

ポイント①:成分を確認

敏感な肌の赤ちゃんに使うものは、なるべく刺激が少なく安全なものを使いたいですよね。

酸化防止剤や添加物が入っていない、天然由来の植物性オイルを選ぶと良いでしょう。

ポイント②:肌質を確認

肌質によっても合うものが違うので、確認しておきましょう。

乾燥が気になる時は高保湿成分のホホバオイルがおすすめです。


ベタベタするのが苦手な方や脂性肌の方には、スイートアーモンドオイルが良いでしょう。


肌への浸透を重視したい方は、マカダミアナッツオイルがおすすめです。


他にも、グレープシードオイル、セサミオイル、ヒマワリオイルなどがあります。

ベビーオイルのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるベビーオイルの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。 

3位:ミルふわ ベビーオイル 50ml

ミルふわベビーオイル50ml

詳細情報
・原産国:日本

細かい部分にも使いやすく無駄がない!

1番の特徴は、オイルの出口部分が細くなっているところです。耳・鼻・おへそ・おしりのケアをしたい時は、綿棒に少量だけ出せるので無駄がありません。

また、髪の毛で塗りにくい頭皮のカサカサした部分には、直接地肌に垂らすことができるのでしっかり保湿ができます。母乳にも含まれる成分をお手本にしていて、余計な物は一切入っていない、というところも信頼できます。子供の肌は乾燥しやすいので、大きくなってからのポントケアにも役立つ商品です。

2位:熊野油脂 ディブ ベビーオイル 300ml

熊野油脂ディブベビーオイル300ml

詳細情報
・原産国:日本

デリケートな赤ちゃんの肌に低刺激なベビーオイル

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。そんな生まれたての肌には、こちらの低刺激なミネラルベビーオイルがおすすめです。テクスチャーはさらっとしており、使い心地は変なべたつきがありません。

また、保湿力もちゃんとあるので、お風呂上りのまだ水滴が付いた状態でこのベビーオイルを赤ちゃんの体に塗ってあげると、赤ちゃんの肌がしっとりと潤います。肌が潤うと、肌トラブルも防ぐ事ができるので、肌質の弱い赤ちゃんにおすすめです。

1位:ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

ジョンソンベビーオイル無香料300mL

詳細情報
・原産国 : タイ

赤ちゃんはもちろん大人も色々な使い方ができる万能オイル

低刺激なので肌がデリケートな生まれたばかりの赤ちゃんから使えるベビーオイルです。低刺激・無着色・無香料と赤ちゃんの肌にやさしいので、敏感肌の大人の方にもおすすめです。ミネラルオイルが肌のうるおいをやさしく守ってくれます。

オイルでありながらべたつきにくいさらっとした使い心地です。ビタミンEが配合されているのでニキビなどの予防や、ターンオーバーの活性化、肌の酸化防止効果が期待できます。体はもちろん、顔や髪など全身に使える万能オイルです。

ベビーオイルの売れ筋ランキングをチェック

参考までに、ベビーオイルの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか? 

赤ちゃんにも安心して使えるものが良い!しっかり保湿してくれるものを探している!という方などにおすすめです。ぜひ参考にして赤ちゃんを乾燥から守ってくれるベビーオイルを見つけてみてはどうでしょうか?

ランキング