記事ID2690のサムネイル画像

【おやすみ前の読み聞かせに】3歳児に人気のおすすめ絵本10選

絵本は子どもにとって大切な教科書です。絵本のストーリーや登場人物を理解することで、コミュニケーションやマナーを学べます。また、中々寝付けない日の読み聞かせとしても有効に使えます。今回は3歳児向けに人気のおすすめ絵本を10選紹介します。

3歳児になると絵本の世界観を楽しめるように

3歳になると理解できる言葉の幅が広がり、様々なことに興味を持ち出したり保育園や幼稚園で友達関係が生まれるようになります。そんな時に読んであげる絵本は3歳の子にとっても大切な1冊にしたいですよね。

 

ただし、絵本の内容が難しすぎるとストーリーに興味を持たなくなり「絵本離れ」に繋がってしまう危険もあります。お子さんにとって面白い!と感じる絵本の世界観やテーマを選び、伝えやすい読み聞かせをすることが大切です。

3歳児向け絵本の選び方

3歳児向けにおすすめの絵本を紹介する前に選び方について紹介していきます。かなりの数がある絵本のなかで、お子さんに気に入ってもらえる絵本を届けるために選び方のポイントを見ておきましょう。

3歳児でも理解できるテーマで選ぶ

3歳児にとって理解できるテーマを選ぶことが大切です。絵本はフィクションのものが多いので、世界観を理解できたり感情移入ができる作品を選ぶことで、お子さんの感受性を育てることに繋がります。

不思議な世界観のおとぎ話

おとぎ話は特に女の子に好まれやすいテーマで、魔法や不思議がいっぱいの世界観はお子さんの創造力を養うきっかけにも繋がります。お子さんにとっても理解しやすい世界観のおとぎ話を選んであげることで、ストーリーの本質を理解させることもできます。

身近な経験から学ぶ日常系

お子さんに一番理解してもらいやすいテーマが、身近な日常の1ページを切り取った絵本です。自分にとって経験のある日常の話はとても理解がしやすく、この経験をするとこんな感情になるんだ!と学習することもできます。

 

また、日本の特徴である春夏秋冬ごとのイベントに触れられるテーマの絵本だと、時間の経過というものを理解しやすいです。また、イベントにまつわるお話を読むことでお子さん本人も実際のイベントをより一層楽しむことができます。

感受性を広げる教訓系

一人でトイレや着替えができるようになったり、子供同士で遊ぶことで友人関係が芽生えるようになる3歳児におすすめのテーマが、教訓系の絵本です。挨拶などの基本的なマナーを学ばせることもでき、なんでもマネしたがるお子さんには良い教材になります。

 

また、「こんな事がある時他の人はどう思うか?」という感受性を広げることにも繋がり、友人など自分以外の人間に対しての思いやりの感情を養うこともできます。主人公を自分に当てはめて物語を読む傾向のある3歳児だからこそ伝えられるテーマになっています。

動物が主人公の擬人化系

人間が主人公ではなく、動物がまるで人間のように登場しストーリーを展開させるテーマもあります。3歳児にとって話すことのできない動物との触れ合いは大切です。動物がキャラクターの絵本を読むことで、より動物に対し愛情を感じることができるようになります。

 

また、動物が主人公の絵本はほんわかとした可愛い絵本が多くお子さんに馴染みやすいという部分もあります。シンプルなストーリーのものが多いので、絵本に慣れていないお子さんに読ませてあげるにもおすすめのテーマです。

飽きることなく楽しめる図鑑・仕掛け系

読み聞かせする絵本というよりはお子さん自身がページをめくって楽しめる図鑑・仕掛け系の絵本は、特にストーリーに集中することが苦手な子におすすめです。数を数えたり名詞を覚えるきっかけにも繋がり、知ることへの意欲作りにもなります。

 

仕掛けがある絵本は男女ともに人気で、何度読んでも飽きない楽しさがあります。細長い端を引っ張ったりページをめくると、絵本の仕掛けが動き出してお子さんは喜ぶこと間違いなしです。

親子で楽しめるロングセラー絵本

ロングセラーの絵本の場合、読み聞かせをする両親も幼い頃に読んでもらった記憶のある絵本が多いです。何十年と人気の絵本はたくさんの子ども達に愛された作品なので、本を選んで失敗することが少ないです。

 

また、ストーリーを理解しているご両親も読み聞かせの際に気持ちを入れやすかったり、お子さんと絵本の話で盛り上がることができます。親子の仲が深まるきっかけにも繋がるので、ロングセラーの絵本を選んでみることもおすすめです。

3歳児にとって最適な挿絵と文字のバランスを考えよう

3歳児は好奇心が旺盛な年頃のため、絵本の世界観もすぐに気に入ってもらえる可能性が高いです。ただし、まだ集中力を養っている時期なので、あまりにも文字が長い話だと途中で集中が切れてしまうことがあります。

 

絵本は世界観やストーリーを言葉で伝えることも大切ですが、挿絵だけでも登場人物の感情を伝えたり次の展開を予想させることができます。一緒に読みながらこのシーンはどういう意味だろう?など挿絵に注目させることで、より集中を継続させることができます。

3歳児向けにおすすめの絵本10選

1

福音館書店

ぐりとぐら

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

絵本の世界をモチーフにしたカフェも

「ぐりとぐら」は大人世代も記憶に残る大人気ロングセラーの絵本です。野ねずみ双子の"ぐり""ぐら"が、森の中で食材探しの途中に見つけた大きなたまごを材料にかすてら作りをするというお話です。

 

お話の中にはぐりとぐら以外にも、森に住むいろんな動物たちが登場します。「この動物は何か知ってる?」とお話を読み聞かせしながら問いかけることで、お子さんも登場人物に夢中になり森の住人たちのささやかなパーティをより一層楽しんでお話を聞いてくれます。

 

こちらの絵本に登場する大きなたまごで作ったかすてら、もといパンケーキをモチーフにしたカフェが東京にあるので、お子さんが大きくなってからカフェに訪れてみるとまた親子の絆も深まること間違いなしです。

中川 李枝子(絵:大村 百合子)ページ数28p
ジャンル動物×日常シリーズ○(ぐりとぐらシリーズ)
2

偕成社

はらぺこあおむし

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

数遊びも楽しめる外国絵本の名作

「はらぺこあおむし」は著者エリック・カールさんの代表作で、世界中で人気の作品です。あおむしがたまごへとゆっくり成長していく姿を美しいカラータッチのある挿絵と共にたどっていきます。

 

作中にははらぺこあおむしが食べる果物などが登場するので、「あおむしさんは何個食べたかな?」と読み聞かせ途中に数遊びさせることも可能です。また、色や食べ物の名前も多く登場するので、一緒に音読をしながら覚えてもらうこともできます。

 

また、はらぺこすぎてたくさん食べすぎてしまったあおむしのラストの展開にも注目です。お子さんもきっと想像していなかったであろうラストシーンは様々な気付きを与えてくれますし、ストーリーの面白さへの探究心や創造性を養うことにも繋がります。

エリック・カール(訳:もりひさし)ページ数25p
ジャンル動物×学習シリーズ-
3

こぐま社

たんじょうびおめでとう

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3歳の誕生日プレゼントにも最適の絵本

赤目のこぐまちゃんたちが登場する「こぐまちゃんシリーズ」3歳児に大人気の絵本シリーズです。特にこちらの「たんじょうびおめでとう」は、主人公のこぐまちゃんが3歳の誕生日をお祝いしてもらうお話で、お子さんも共感しやすいストーリーです。

 

3歳になったこぐまちゃんは、ストーリーの中で「3歳になってできるようになったこと」をお話してくれます。読み聞かせをしながらお子さんに「こぐまちゃんみたいにできるかな?」と問いかけてみると、こぐまちゃんのように挑戦しようという意欲も湧いてきます。

 

生活のなかでそろそろ出来るようになるといいなぁ、とお子さんに思うことがあればこの絵本を読ませて挑戦させることで、絵本のこぐまちゃんのようにできることが増えていくかもしれません。

わかやまけんページ数22p
ジャンル動物×日常シリーズ○(こぐまちゃんシリーズ)
4

偕成社

からすのパンやさん

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさんのユニークなパンとカラスたちが登場

「からすのパンやさん」はカラスの町でカラス一家が営んでいるパン屋さんと、そこに訪れるお客のカラスたちのストーリーです。おすすめのポイントは、80種類以上もの様々なパンが見開きページで載っているページです。

 

いちごパンなど普通に販売されているパンから、ヘリコプターパン・はぶらしパンなど、絵本の世界観ならではの独特な形をしたパンまで多数登場します。「どのパンを食べてみたい?」と見開きページだけでも親子で楽しめる時間を過ごせます。

 

パン屋さんにやってくるカラスたちも、様々なパンに囲まれていろんな表情を魅せています。しわしわのおばあさんカラスから、お嫁さんカラスまで、ひと目見ただけでキャラクターが分かる個性豊かなカラスたちをお子さんも愛おしく感じるでしょう。

かこさとしページ数32p
ジャンル動物×日常シリーズ○(からすの〇〇やさんシリーズ)
5

福音館書店

おおきなかぶ

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声で楽しめる

保育園もしくは幼稚園での先生の読み聞かせや劇などで、ストーリーを鮮明に覚えているという大人の方も多いのではないでしょうか。「おおきなかぶ」は現実世界ではありえないほど大きなかぶをただただ引っ張る話というシンプルなストーリーで人気です。

 

だんだんと登場人物が増えていき、抜けそうで抜けないかぶを引っ張る時の「うんとこしょ、どっこいしょ」という掛け声にもついつい読み聞かせをしながら力が入っていきますよね。そんな時はお子さんも一緒に掛け声をしてみると読み聞かせがもっと楽しくなります。

A・トルストイ(訳:内田莉莎子/絵:佐藤忠良)ページ数28p
ジャンルおとぎ話×日常シリーズ-
6

福音館書店

ねないこだれだ

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3歳児向けのちょっとこわいお話

3歳児になると体力も増え、おやすみの時間になっても眠くない!と言い出す年頃ですよね。そんな時におすすめの読み聞かせの絵本が「ねないこだれだ」です。夜になっても寝ない子どもはお化けが怖い世界へ連れていっちゃうよ、というお話です。

 

「夜になったらちゃんとおやすみしようね」という教訓を伝えられるので、元気な男の子も絵本のストーリーを知った後はおとなしく寝るようになるでしょう。3歳児にとってちょうどいい怖さのお話なので、怖くなって泣き出してしまう心配も少ないです。

せなけいこページ数24p
ジャンルおとぎ話×日常×教訓シリーズ-
7

ブロンズ新社

もう ぬげない

価格:1,058円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニークな世界観に想像力が膨らむ

「もうぬげない」は、服が脱げなくなってしまう世界観で構成されるシンプルなストーリーです。「もしも服が途中で脱げなくなったらどうしよう?」という実際にはありえない話を読み聞かせしながら、お子さんの想像力を養うこともできます。

 

自分で服を脱いだり着たりできるようになる3歳児にとってはとても身近な経験のあるストーリーなので、その面白おかしい内容を楽しんでくれること間違いなしです。また、イラストのタッチもやわらかでユニークなので、親子ともに時間を忘れて楽しめる1冊です。

ヨシタケシンスケページ数28p
ジャンルおとぎ話×日常シリーズ-
8

偕成社

100かいだてのいえ

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつもとは違う視点で楽しめる絵本

「100かいだてのいえ」はタイトルどおり、招待された家に訪れると100階建ての家だったというシンプルなストーリーです。通常の絵本であれば左右の見開きページで読むスタイルですが、こちらの絵本はページを上下にして縦に読む斬新な絵本です。

 

1ページめくっていくごとに10階ずつあがっていき、途中いろんな動物たちのお部屋を通りながら招待されたお家にたどりつくという構成なので、3歳児のお子さんにもストーリーが理解しやすく、世界観に没入することができます。

 

読み聞かせでも楽しいのはもちろんですが、1つ1つのお部屋が細かいところまで描かれているので、お子さん一人でも絵本を楽しむことができます。

岩井 俊雄ページ数32p
ジャンル動物×おとぎ話シリーズ◯(100かいだてのいえシリーズ)
9

偕成社

ノンタンぶらんこのせて

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お友達との付き合い方を勉強できる1冊

3歳児になると同年齢の子と遊ぶ機会も増えてきますよね。そんな時に読んであげたいのが「ノンタンぶらんこのせて」です。ブランコ大好きの主人公・ノンタンが、周りのお友達に譲らずにブランコを独り占めしちゃうというお話です。

 

主人公のノンタン目線で見ると大好きなブランコをたくさん楽しめていいお話ですが、視点を変えてノンタンのお友達の気持ちはどうでしょうか。絵本では、独り占めするノンタンを冷ややかな目で見るお友達の様子が描かれています。

 

「お友達と遊ぶときは、ちゃんと順番を守って譲り合いしよう」という大切なお友達との付き合い方を教えてくれる絵本なので、特に公園で遊ぶことも増えてきた3歳児のお子さんに読んであげることをおすすめします。

キヨノサチコページ数32p
ジャンル動物×日常×教訓シリーズ○(ノンタンあそぼうよシリーズ)
10

福音館書店

そらまめくんのベッド

価格:972円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人との触れ合いを学び感受性を養うきっかけに

「そらまめくんのベッド」は、名前の通りそらまめが主人公でその他にもたくさんの豆がキャラクターとして登場します。お気に入りのベッドが突如消えてしまい、豆仲間と一緒に探し回ったりベッドを貸してもらいながら、お気に入りのベッドの在り処をたどります。

 

このストーリーのなかに登場するキャラクターたちは、人との触れ合いの大切さを教えてくれます。仲間のために動く豆・ベッドのないそらまめくんのために貸してあげる豆など、それぞれの豆たちの優しさが主人公のそらまめくんを助けてくれます。

 

誰かが困っているときは助け合いが大切ということを教えてくれる1冊です。また、大好きなベッドを探しまわるそらまめくんの様々な感情があふれる姿をみて、感受性を養うこともできます。

なかやみわページ数28p
ジャンルおとぎ話×日常×教訓シリーズ○(そらまめくんシリーズ)

3歳児向け絵本のおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:57981の画像

    福音館書店

  • 2
    アイテムID:57982の画像

    偕成社

  • 3
    アイテムID:57983の画像

    こぐま社

  • 4
    アイテムID:57985の画像

    偕成社

  • 5
    アイテムID:57986の画像

    福音館書店

  • 6
    アイテムID:57987の画像

    福音館書店

  • 7
    アイテムID:57988の画像

    ブロンズ新社

  • 8
    アイテムID:57989の画像

    偕成社

  • 9
    アイテムID:57990の画像

    偕成社

  • 10
    アイテムID:57991の画像

    福音館書店

  • 商品名
  • ぐりとぐら
  • はらぺこあおむし
  • たんじょうびおめでとう
  • からすのパンやさん
  • おおきなかぶ
  • ねないこだれだ
  • もう ぬげない
  • 100かいだてのいえ
  • ノンタンぶらんこのせて
  • そらまめくんのベッド
  • 特徴
  • 絵本の世界をモチーフにしたカフェも
  • 数遊びも楽しめる外国絵本の名作
  • 3歳の誕生日プレゼントにも最適の絵本
  • たくさんのユニークなパンとカラスたちが登場
  • 「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声で楽しめる
  • 3歳児向けのちょっとこわいお話
  • ユニークな世界観に想像力が膨らむ
  • いつもとは違う視点で楽しめる絵本
  • お友達との付き合い方を勉強できる1冊
  • 人との触れ合いを学び感受性を養うきっかけに
  • 価格
  • 972円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 864円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 972円(税込)
  • 756円(税込)
  • 1058円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 648円(税込)
  • 972円(税込)
  • 中川 李枝子(絵:大村 百合子)
  • エリック・カール(訳:もりひさし)
  • わかやまけん
  • かこさとし
  • A・トルストイ(訳:内田莉莎子/絵:佐藤忠良)
  • せなけいこ
  • ヨシタケシンスケ
  • 岩井 俊雄
  • キヨノサチコ
  • なかやみわ
  • ページ数
  • 28p
  • 25p
  • 22p
  • 32p
  • 28p
  • 24p
  • 28p
  • 32p
  • 32p
  • 28p
  • ジャンル
  • 動物×日常
  • 動物×学習
  • 動物×日常
  • 動物×日常
  • おとぎ話×日常
  • おとぎ話×日常×教訓
  • おとぎ話×日常
  • 動物×おとぎ話
  • 動物×日常×教訓
  • おとぎ話×日常×教訓
  • シリーズ
  • ○(ぐりとぐらシリーズ)
  • -
  • ○(こぐまちゃんシリーズ)
  • ○(からすの〇〇やさんシリーズ)
  • -
  • -
  • -
  • ◯(100かいだてのいえシリーズ)
  • ○(ノンタンあそぼうよシリーズ)
  • ○(そらまめくんシリーズ)

3歳児に伝わりやすい絵本の読み聞かせの仕方

絵本の中身を分かりやすく3歳児に伝えるための読み聞かせの仕方を紹介します。3歳児は親御さんの読み聞かせの内容と同時に、絵本の挿絵にも集中しています。あまり早口に読みながらすぐにページをめくるのではなく、ゆっくり読みながら挿絵を指差していきましょう。

 

シーンごとに話すキャラクターを指しながらセリフをしゃべると、全体のシーンとして挿絵と読み聞かせに集中することができます。また、それぞれの登場人物のキャラクター性が伝わるように、できる限り感情を込めながらセリフ部分を読んであげると良いですよ。

 

読み聞かせした後は、お子さん自身でも読めるようになり音読できるようになるまで付き合ってあげましょう。また、ただ文章を読むだけではなく、「これは何をしているのかな?」と挿絵を中心に話題を投げかけると好奇心探求心が養われます。

まとめ

今回は3歳児におすすめの絵本の選び方と、人気の絵本を10選紹介しました。3歳児は自分のことができるようになったり、言葉の解釈が広がったり、お友達と外で遊ぶようになる年頃です。お子さんにとってタメになるような、楽しい絵本をぜひ見つけてあげて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ