記事ID2692のサムネイル画像

【子育てママの強い味方!】バウンサーの人気おすすめ商品6選

バウンサーは赤ちゃんの動きに合わせて揺れることで赤ちゃんをあやすことが出来るので忙しいママの強い味方です。今回はそんなバウンサーのおすすめを「電動バウンサー」「新生児用バウンサー」に別けて紹介していきます。選び方ポイントも解説しますので参考にしてください。

バウンサーはママも赤ちゃんも笑顔になれる便利アイテム

ミルクやオムツ替え寝かしつけなど赤ちゃんのお世話はとてもハードですね。更に日々の家事や仕事をこなさなければならないお母さんも多いことでしょう。そんな体力的にも精神的にも忙しいママの強い味方がバウンサーです。

 

赤ちゃんの動きに合わせてゆらゆら揺れて動くので、その揺れる動きに赤ちゃんもご機嫌で笑顔になってくれるのです。更にママが家事などでその場を離れる時の待機場所になったり寝る場所、食事場所にもなるので非常に便利なアイテムなのです。

 

今回はそんなバウンサーの人気おすすめ商品6選を紹介していきます。バウンサーの選び方のポイントも紹介しますので参考にしてください。

バウンサーの選び方

バウンサーといっても様々なタイプ、特徴をもったバウンサーが存在します。赤ちゃんの為のアイテムとなりますので選び方、特徴をしっかりと把握して失敗のない購入を目指しましょう。

タイプで選ぶ

バウンサーは幾つかのタイプに分かれています。タイプによって揺れ方や使い方、機能性も異なってきますので用途によってしっかり選びましょう。

バウンシングタイプ

赤ちゃん自身の動きで上下にゆらゆら揺れるのがバウンシングタイプの特徴です。とてもシンプルな設計で扱いやすく、ママの家事や食事中などその場から離れるちょっとした待機の際に座らせる、寝かせとく場合に便利です。

 

赤ちゃんの動きが少ないうちは動かしてあげる必要がありますが、動く量が多くなってくると赤ちゃんの動きに合わせて揺れてくれるので手間がかからないのも魅力です。座面がフラットにならない製品は、赤ちゃんの首が座るまでは使用できませんので注意が必要です。

 

バウンシングタイプの製品は、コンパクトに折り畳める機能を備えた製品が多い傾向にありますので、収納がしやすいのが利点です。また持ち運びに便利で旅行や実家に持っていく際に活躍してくれるでしょう。

ラックタイプ(ロッキングタイプ)

座るだけの用途の他に、リクライニングを倒すことで簡易ベッドとしても使用できるのがラックタイプの特徴です。簡易ベッドとして扱うことが出来るので生後間もなくの赤ちゃんでも利用でき、テーブルが付属してる場合は食事場所として3〜4歳まで幅広い使用用途となっているのでコスパにも優れています。

 

製品によっては、テーブルの他にキャスターやおもちゃなども付いている事が多いのもラックタイプの傾向です。キャスターが付いていれば赤ちゃんを乗せたまま室内の移動が出来るので便利で、ペットを飼っているお家でも活躍出来ます。

動かし方で選ぶ

バウンサーの動き方、揺れ方は電動型と手動型に分かれています。それぞれ特徴が異なり活躍するシーンも違いますのでしっかりチェックしましょう。

電動型

電動型のバウンサーはその字のごとく、自動的にバウンサーが揺れるタイプのバウンサーです。自動的に揺らしてくれるので家事や仕事などで手が離せない場合でも代わりにあやしてくれるので非常に便利です。最近では人が抱っこする感覚に近い揺れ方をするモデルもあります。

 

キャスターが付いているタイプが多く同フロアであれば移動は可能ですが、電動型という事で重量があるので持ち運びには不向きと言えます。10〜20kg程度が一般的となっていますので車に乗せる際にも女性には大変な重さとなっています。

 

電源を必要とし、電源ケーブルが行き届く範囲でのみ可動できますので事前に設置場所を決めておきましょう。あまり大きくは移動せずに運用を考えている方におすすめです。

手動型

赤ちゃん自身の動きや、他の人が揺らしてあげる事で動くのが手動型のバウンサーです。比較的計量なモデルも多く、価格もリーズナブルなモデルも多くありますので、扱いやすさでも経済面でも手軽なのが魅力です。

 

赤ちゃんが成長して動きが盛んになると自分の動きで揺らすことが出来ますが、それまでは他の人の手で揺らしてあげることが不可欠です。その為赤ちゃんとの時間をより楽しむことが出来るメリットがあります。

機能性で選ぶ

バウンサーには色々な機能をもったバウンサーもあります。何かしらの機能性に優れていればより便利により安全性にバウンサーを扱うことが出来ます。

折りたたみ機能

折りたたみ機能を持ったバウンサーであれば、お家のみならず実家や友人宅、旅行先などにも持ち運べるので活躍するシーンが幅広くなります。またお家内でも自由に移動が出来やすくなるので便利です。

 

折りたたみ機能があれば使用しない時には収納することも出来るので設置場所に悩むことも減るでしょう。折りたたみ式を選ぶのであれば同時に注目したいのが本体重量です。軽量であれば持ち運びには向いていますが、安定感に不安が生まれる可能性もありますので自身に適したバランスを見極めましょう。

おもちゃ付き

おもちゃ付きのバウンサーであれば、赤ちゃんが心地よく揺れながらも楽しんで遊ぶことが出来ます。赤ちゃんがおもちゃに夢中になることで家事や仕事がよりはかどるメリットもあります。

 

また手を使って遊ぶのもや音が鳴って楽しいおもちゃなど、おもちゃの種類は様々なので赤ちゃんの知育にも繋がります。赤ちゃんの好みのおもちゃを選ぶ事で楽しみも増えます。

テーブル付き

テーブルが付いているバウンサーであれば、離乳食をあげる際に食事場所に早変わりです。テーブルは取り外しが可能なので不要な時は外しておけるので便利に活用できます。テーブル付きバウンサーであれば年齢を重ねても使用し続けることも出来ます。

 

テーブル付きのバウンサーを選ぶ際は、テーブルが付属で付いているのか別売りで用意されているのかをチェックしましょう。

リクライニング機能

バウンサーにリクライニング機能が備わっていると、遊ぶ際は起こしたり寝入ってしまったら横にしてあげるといった様々な運用が可能になるので非常に便利です。赤ちゃんの食事の際にも活躍してくれます。

 

リクライニング機能でバウンサーを選ぶ際は、好みの角度に調節が可能なのかをチェックしましょう。特に首が座る前の赤ちゃんには角度がフラットになることが必要不可欠です。

その他に重視したいポイント

バウンサーを選ぶ際にはまだまだ重視したいポイントがあります。どれもバウンサーを選ぶ上で大切なポイントですのでしっかりチェックしましょう。

新生児でも対応可能か

産後すぐは短い感覚でのミルクや夜泣きなどで、ママへの負担が肉体的にも精神的にも増えていく時期でもありますので、よりバウンサーの必要性が高まります。そんな時には新生児からでも使用できるバウンサーがおすすめです。

 

新生児からでも使用出来るバウンサーを選ぶ際は、商品の対象年齢耐荷重をしっかりとチェックすることが重要です。またバウンサーをフラットに出来るタイプであれば首が座っていなくても使用可能です。

耐荷重

バウンサーを選ぶ際には耐荷重にも注目しましょう。バウンサーには耐荷重が表示されていますので対象年齢をクリアしていても耐荷重を超えていないかも確認しましょう。製品の耐荷重によっては長い期間まで使用できるので長く使用したい方はチェックしてみましょう。

洗濯可能か

赤ちゃんはとてもデリケートなので身の回りは清潔にしていたいものですね。バウンサーは日常的に過ごすスペースでもありますので洗濯が可能であれば、いつまでも清潔に過ごすことが出来ます。

 

赤ちゃんは汗をかいたり嘔吐をしたり食べこぼしなども多いため、清潔に保つことが出来る洗濯が可能なバウンサーは重要と言えるでしょう。選ぶ際は、部分的に洗えるのか丸ごと洗えるのかも確認しましょう。

デザイン性

機能性も重要ですが、せっかく可愛い赤ちゃんに使うアイテムですので可愛らしいデザインオシャレなデザインなど見た目にもこだわりましょう。キャラクターのデザインなどもありますので、赤ちゃんの好みに合わせることも出来ます。

電動バウンサーのおすすめ商品3選

1

アップリカ

シンプルスウェイ ベビースウィング

価格:16,987円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんを楽しませる機能が盛りだくさん

こちらの電動バウンサーは、シンプルながらも赤ちゃんが楽しめる多くの機能を詰め込んでいます。赤ちゃんを落ち着かせてくれる2段階調整が可能なバイブレーション機能に加えて、スウィング機能は6段階から選ぶことが出来るので赤ちゃんの気分に合わせて使用可能です。

 

またおもちゃも付いていて、15種類の音楽を流すことも出来るので、様々なシーンで赤ちゃんを楽しませることが可能です。電源コンセントの他に電池でも稼働出来るので活躍してくれるシーンも幅が広いです。赤ちゃんの笑顔をより多く作り出してあげたいママにおすすめです。

タイプラックタイプ電動
対象年齢9ヶ月ごろまで耐荷重13.6 Kg
サイズ80.6 × 82.0× 97.8(cm)収納サイズ
2

アップリカ

ハイローベッド&チェア ユラリズムオート

価格:34,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新生児〜4歳頃まで幅広いシーンで大活躍

こちらの電動バウンサーは、充実した機能搭載でママも便利に使えるバウンサーとなっています。スウィングは4種類のスピードを調節でき、シーンによって選べる2種類のモードも搭載しています。更にオルゴールが8種類収録されているので赤ちゃんのあやしつけに大活躍してくれます。

 

また5段階の高さ調節に5段階のリクライニング機能に加えて、洗濯機で洗えるのでお手入れも便利です。取り外し可能なテーブルも付いているのでお食事の場所としても利用可能です。リクライニングでベッドにもなるので新生児〜4歳ごろまで幅広く使うことが出来ます。

タイプYahoo!ショッピング電動
対象年齢0ヶ月~4歳ごろまで耐荷重18kg
サイズ54×85〜90×37〜70cm収納サイズ
3

フィッシャープライス

BUTTERFLY GARDEN CRADLE 'N SWING

価格:86,015円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お姫様気分を味わえる可愛らしいデザインのバウンサー

こちらの電動バウンサーは、お姫様のベッドのような可愛らしいデザインで赤ちゃんも周囲の人も幸せな気分になれるバウンサーです。光の演出も楽しめるので乗っている赤ちゃんもテンションがあがります。

 

前後左右に揺れるスウィングは6段階からスピード調整が可能なので、シーンや成長過程に合わせて調節することが出来ます。8曲の子守唄も収録されているので寝かしつけたいシーンでも活躍してくれるでしょう。

タイプラックタイプ電動
対象年齢耐荷重11.3kg
サイズ35.6×38.6×63.2cm収納サイズ

おすすめの商品がもっと見たい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

新生児用バウンサーのおすすめ商品3選

1

マテル

インファント・トドラーロッカー

価格:6,859円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新生児から長く使えるバウンサー

こちらの新生児用のバウンサーは、成長に合わせて長く使えるラックタイプのバウンサーとなっています。リクライニングを倒すことでフラットなシートになるので新生児からでも使用が可能です。おもちゃも付いているので首が座ったら自分だけの特等席として楽しむことが出来ます。

 

また耐荷重が18kgまでとなっているので成長してからもロッキングチェアとして活躍してくれます。リラックス振動機能付きなので赤ちゃんをあやす面でも問題ありません。新生児から長く使えるバウンサーに最適な1台となっています。

タイプロッキングタイプ電動
対象年齢新生児〜4歳まで耐荷重18kg
サイズ51×61×61cm収納サイズ51×61×61cm
2

TINY LOVE

3in1 おひるねロッキング・ナッパー

価格:10,710円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能で何役もこなす便利なバウンサー

こちらの新生児用バウンサーは、様々な使い方が出来る多機能で便利なバウンサーとなっています。バイブレーション機能が付いているのであやすこともでき、そのまま寝てしまったら背面のレバーで起こすことなくフラットなお昼寝ベッドに切り替え可能です。

 

またタッチすると音が鳴って光るおもちゃが付いていますので、赤ちゃんを楽しませる機能も付いています。音楽は全9種類が収録されていますので子守唄としても機能します。1台で何役もこなしてくれる便利なバウンサーです。

タイプロッキングタイプ電動
対象年齢0〜4歳耐荷重18kg
サイズ48×72×75cm収納サイズ
3

グランドール

スクロールチェア プラス

価格:24,057円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々な形に変形可能な万能型バウンサー

こちらの新生児用バウンサーは、シンプルなデザインながらも形を変えることで新生児から成長に合わせて使用できるバウンサーです。新生児用にフラットな形〜ロッキングチェア、ハイチェア、キッズチェアにも変形可能です。

 

頭を守るヘッドサポートや揺れ過ぎ防止ストッパーなど安全面もしっかりしているので安心です。ハイチェア時にもフットレストやテーブルが付いているので便利に使用することが出来ます。

タイプロッキングチェア/ハイチェア電動
対象年齢ロッキングチェア:0~6ヶ月頃 ハイチェア:7~36ヶ月頃 キッズチェア:36ヶ月頃耐荷重約90kg
サイズ47x58×80cm収納サイズ

おすすめの商品がもっと見たい方は、こちらの記事も合わせて読んでみてください。

バウンサーの長時間の使用は禁物!?

ご機嫌斜めな赤ちゃんが一変ご機嫌になるなどなにかと便利なバウンサーですが、長時間の使用は禁物だということも理解しておきましょう。バウンサーによっては2時間以上使用しないと明記しています。バウンサーの長時間の使用は赤ちゃんの腰に負担をかけてしまったり、発育に影響が出てしまう恐れもあります。

 

バウンサーはあくまでチェアに分類されることをしっかり理解しましょう。大人が長時間イスに座ると腰が痛くなるように赤ちゃんも同様で、腰に負担をかけてしまいます。バウンサーでの生活に慣れすぎてしまうとハイハイや寝返りといった赤ちゃんに必要な動きに遅れが出てしまいます。

 

バウンサーでの長時間の睡眠も避けましょう。お昼寝での1〜2時間の睡眠であれば問題はありませんが、夜寝る時など本格的に使用するのはやめておきましょう。バウンサーでは寝返りがうてませんので、熟睡が出来ないので赤ちゃんが質の良い睡眠ができなくなってしまいます。

まとめ

ママが忙しい時に代わりに赤ちゃんをあやしてくれるバウンサーは、ママの子育てを助けてくれる強い味方です。ママやパパの抱っこのようにゆらゆら揺れて赤ちゃんをごきげんにしてくれるバウンサーは赤ちゃんにとっても良き相棒となってくれます。バウンサーを使用してストレスのない育児をしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ