記事ID2694のサムネイル画像

【暑い時期には必要不可欠】空調服バッテリーの人気おすすめ商品10選

暑い時期、よく作業服に取り付けられるものとして、空調服バッテリーがあります。ファンとセットで使うものであり、作業服の中に風を送る装置のため、暑い時期にはとても役立つ優れものです。今回は、空調服バッテリーの選び方について紹介するので、ぜひ活用してみてください。

暑い日の作業にかなり活躍してくれる空調服バッテリー

夏の暑い日などに、外で作業を行っている人は多くいます。ですが、何の対策もしていないと、暑さにやられて倒れてしまうことも多く、ニュースなどで取り上げられるくらい深刻な問題となっています。そんな時に使えるのが、空調服バッテリーとなるのです。

 

今回は、暑い日に役立つ空調服バッテリーの選び方を紹介していきます。ポイントは、バッテリー・出力・容量・充電時間・重量・稼働時間などです。暑い時期には必ず役に立つものなので、上手く活用してみてください。

空調服バッテリーの選び方

空調服を選ぶ際、バッテリーがどのようになっているかは重要な要素となります。それぞれ特徴があるので、しっかりと見極めていきましょう。

バッテリーの出力で選ぶ

空調服のバッテリーは、それぞれ出力に違いがあります。出力が違うと涼しさなどに影響がるので、よく確認しておいてください。

今は最大10Vの出力が可能

空調服バッテリーの出力は、主に3~7Vあたりが主流となっています。出力が強ければ、それだけ快適な空調服になりやすいですが、その分多くの電力を使うため、稼働時間などは短くなります。逆に、出力が低い場合は逆になると言えるでしょう。

 

出力を選ぶ際は、自分がどのような現場で仕事をするかで決める方が良いでしょう。あまり暑くない場所であれば3~5Vあれば十分です。暑くて作業が困難な場合は、7V以上が良いでしょう。今は10Vまであるバッテリーも存在するので、探してみることをおすすめします。

出力切替えが出来るかどうか

空調服バッテリーの出力は、状況によって切り替え可能なものがほとんどです。その場に適した出力を選ぶことで、より効率的に空調服を活用することが出来るでしょう。バッテリーの電力を無駄にしないためにも、必須の機能となっています。

 

バッテリーの出力切替えは、商品によって違っていることがほとんどです。そのため、選ぶ前に出力の切り替えがどうなっているのかを、よく確認しておきましょう。主に、3~4段階で切り替え可能となっています。

バッテリーの容量

空調服バッテリーは、容量が大きいほど稼働時間が伸びることになります。そのため、出来るだけ長い時間の使用を考えているなら、バッテリー容量は大きい方が良いです。とはいえ、バッテリー容量が大きくなると、それだけサイズも大きくなりやすいので注意が必要です。

 

作業中に大きいバッテリーを付けていると、それだけ負担が増えることになります。それが嫌なら適度な容量を持ったバッテリーを選んでみてください。また、なるべく最新機種を選ぶ方が容量が大きくてもコンパクトになりやすいので、覚えておきましょう。

充電時間の違い

空調服バッテリーを使う上で、気にしておかなければならないポイントが充電時間です。充電時間を正確に把握しておかなければ、いざというときに空調服を使うことが出来なくなる可能性もあるのです。

 

1日の作業時間から考えると、出力を抑えて使えば再充電する必要はないかもしれません。ですが、作業場所が変わって多くの電力を使う場面もあるでしょう。そんなとき、予備も含めてしっかりと充電して使える環境を整えておくことをおすすめします。

稼働時間の違い

空調服バッテリーは、どれくらいの出力設定にしているかで稼働時間が変わってきます。高い出力を常時使っていると、それだけ稼働時間は少なくなるので、長丁場の現場では考えて出力設定を行う必要があります。

 

今の最大出力である10Vで例えると、稼働時間は1~2時間が限界となっています。逆に、3V程度に抑えれば、バッテリー容量が大きいもので30時間程度持つものもあります。使う場所や状況に応じて、適切な稼働時間が得られるようにしておきましょう。

重量の違い

空調服バッテリーは、それぞれ重量が違うものとなっています。そのため、使う状況によって適切な重量を見極める必要があるのです。

軽いものは動きやすく携帯しやすい

空調服バッテリーを付けて作業する際、やはり軽いものの方が動きやすくなります。その場合、バッテリー自体の大きさが重要になってくるのですが、これは各メーカーごとに違うため、実際に見て決める他ありません。

 

とはいえ、基準としては、バッテリー容量が大きいほど重量も増えると考えておけばよいでしょう。あまり動かない現場であれば、重量はそこまで気にしなくても良いですが、そうでなければ、作業効率にも関わってくるので、しっかりと重量を確認しておいてください。

いくら性能が良くても重たいものは使いにくい

バッテリーの性能は、基本的に良い方が使いやすいと言えます。ですが、いくら性能が良くても重たければ使いにくくなってしまうのです。使う場面にもよりますが、動くことが多いのであれば、重量が重たいものは避ける方が得策です。

 

また、最初はそこまで重さを感じない場合でも、長時間使い続けることで疲労は溜まっていくものです。その点を過信して使っていると後悔することもあるため、状況が許すのであれば、なるべく軽いバッテリーを選んでみるのも1つの手だと言えます。

互換性があるかどうか

空調服バッテリーは、それぞれのメーカーが開発して販売しているものです。ですが、構造が似ていることから、以前のバッテリーとファンなどを組み合わせて使っている場合もあります。この場合、確実に互換性があるかを確かめておかなければなりません。

 

互換性のある商品同士なら、特に問題なく使い続けることが出来ますが、そうでなければ故障の原因にもなりかねません。以前のものと互換性がなければ、作業中に火が出るなどの危険もあるため、しっかりと確認しておいてください。

どのメーカーを使うか

空調服バッテリーは、それなりに多くにメーカーが開発をしている商品となります。そのため、それぞれのメーカーごとの特徴を把握しておくようにしましょう。

人気が高いのは株式会社空調服

空調服バッテリーの中でも、かなり人気と実積のあるメーカーが株式会社空調服となります。空調服の元祖とも言われるメーカーであり、性能・コストパフォーマンスにおいてかなり信頼出来る商品が多くなっています。

 

やはり、昔からあるメーカーというのは、その業界において信頼度が高くなっています。そのため、初めて空調服を選ぶ場合でも問題なく頼ることが出来るでしょう。迷ったときは、株式会社空調服の商品を選んでみましょう。

スタイリッシュなバートルもおすすめ

少しでもカッコ良い空調服を選びたいなら、バートルがおすすめです。販売されている空調服はもちろん、バッテリーもかなりシンプルかつコンパクトなデザインをしています。実用性とデザインを兼ねているメーカーだと言えます。

 

若い世代にはおすすめのメーカーであり、評価も高いものが揃っています。バッテリー出力も最大10Vまであるため、一気に体を冷やすことも可能です。おすすめのメーカーとなっているので、ぜひ活用してみてください。

コストパフォーマンスならクロダルマ

コストパフォーマンスを重視するなら、クロダルマもおすすめとなります。かなり老舗のメーカーであり、販売されている商品も安いものが多いです。初めて選ぶ人にも優しいメーカーなので、活用しておいて損はないでしょう。

 

バッテリーなどのデザインはシンプルですが、価格以上の性能を発揮してくれるため、実用性は高いと言えます。少しでも費用を抑えたい人にはおすすめのメーカーなので、ぜひ使ってみてください。

空調服バッテリーの人気商品10選

1

空調服

LI-ULTRA I

価格:7,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量バッテリーで長持ち

株式会社空調服が販売している空調服バッテリーとなります。バッテリー容量がとても大きいので、出力を高くしても長時間使い続けることが可能です。多少大きくはありますが、定番ともいえるバッテリーなので、おすすめです。

 

また、防水性能もあるため、屋外での活動も支障が出にくいです。出力を絞れば、最大で24時間使い続けることも可能であり、最大出力でも約8時間は持つため、実用性はかなり高いと言えるでしょう。

 

信頼度の高いメーカーであり、愛用している人も多いのが株式会社空調服です。安心して使えるバッテリーなので、ぜひ試してみてください。

サイズW81×D24×H89mm出力7.2V、6V、5V、3.3V(4段階)
充電時間約8時間容量6500mAh
重量250g
2

空調服

LINANO1

価格:5,443円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽さと持ち運びやすさが特徴のバッテリー

株式会社空調服が販売するバッテリーであり、軽さと持ち運びやすさが特徴となっています。その分、バッテリー容量が少なめですが、通常稼働時間は最大約20時間もあるため、問題なく使うことが出来るでしょう。

 

また、ゆらぎモードと呼ばれるものがあり、これは7.2~6.0Vの間を3秒間隔で緩やかに変更するものとなっています。これにより、単純に7.2Vを使うよりも、稼働時間を長くしているので、使いやすいモードだと言えます。

 

持ち運びの良さは、空調服バッテリーを使う上で重要な要素となるため、ぜひ活用してみてください。

サイズW50×D26×H86mm出力7.2V、6V、5V、3.3V、ゆらぎモード(5段階)
充電時間約5時間容量3250mAh
重量141g
3

空調風神服

RD9890J

価格:8,881円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

燃えにくい素材を使った空調服バッテリー

難燃性プラスチック素材を使った大容量空調服バッテリーとなっています。そのため、長時間でも、より安全に使うことが可能となっています。また、簡易防水機能もあるため、雨の日や水場での作業も安心して行うことが出来るでしょう。

 

出力を抑えて使えば、最大約40時間の稼働も可能となっています。そのため、1日の作業中にバッテリー切れになる可能性は限りなく少ないため、作業中も快適に過ごせるでしょう。有線リモコン操作ができ、実用性も高いです。

 

PSEマークも入っており、品質検査も問題はありません。使いやすい空調服バッテリーなので、ぜひ活用してみてください。

サイズW102×D72×H27mm出力7V、6V、5V、3V(4段階)
充電時間約6時間容量5800mAh
重量約280g
4

バートル

AC210

価格:11,583円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなり要領の大きいパワフル空調服バッテリー

容量が、15900mAhもあるパワフルバッテリーとなっています。これにより、使える出力も大きめのものが多く、かなり快適に空調服を使うことが出来るでしょう。稼働時間も最大約30時間と長いため、使いやすい空調服バッテリーとなっています。

 

使える出力には、現在空調服バッテリーの中でも最高と言われている10Vも存在しています。これにより、特に暑い現場でも快適に作業を行うことが可能です。また、出力は稼働中に随時変更されるため、無駄な電力消費をせずに済みます。

 

容量が多く、パワフルな空調服バッテリーを探している人にはおすすめの商品です。ぜひ活用してみることをおすすめします。

サイズW73×D23×H111mm出力10V、9V、7V、5V(4段階)
充電時間約7時間容量15900mAh
重量約300g
5

バートル

AC140

価格:4,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量かつ容量の大きい空調服バッテリー

バートルが販売しているAC210の小型版のようなバッテリーとなっています。とはいえ、出力は9Vまで上がり、容量も大きいので使える空調服バッテリーと言えるでしょう。軽いため、持ち運びがしやすい点も特徴の1つです。

 

また、充電時間も約3.5時間と短いため、予備の空調服バッテリーとしても使いやすくなっています。稼働時間は、最大で約30時間あるため、安くて燃費の良い空調服バッテリーを求めている人にはおすすめ出来ます。

 

かなり実用性があり、購入しやすい空調服バッテリーとなっているため、ぜひ活用してみてください。

サイズW73×D23×H55.6mm出力9V、7V、5V(3段階)
充電時間約3.5時間容量6700mAh
重量約130g
6

マキタ

BL07150B

価格:10,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトに収納出来る空調服バッテリー

コンパクトサイズであり、ポケットに入れていても邪魔になりにくい空調服バッテリーとなります。持ち運びという点では優れているため、動くことが多い人にはおすすめの商品と言えるでしょう。

 

バッテリーは3段階変更が可能であり、最大約18時間稼働出来るようになっています。もし心配なら、予備のバッテリーも購入出来るため、一緒に購入しておくとさらに便利になります。

 

充電器は専用のものが最初から付属しているため、別途購入する必要はありません。使いやすい空調服バッテリーなので、ぜひ活用してみてください。

サイズW75×D25×H114mm出力3段階
充電時間約7時間容量15000mAh
重量約340g
7

村上被服

V9101

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッテリー残量をすぐに確認できる空調服バッテリー

専用のケースが付いており、さらにその外側からバッテリー残量が確認できるようになっています。これにより、いつバッテリーが切れるかをあらかじめ知ることが出来るため、かなり使いやすくなっています。

 

稼働時間は、最大出力でも約8時間持つため、1日の作業中にバッテリーが切れることはあまりありません。出力を抑えれば、約24時間は稼働可能のため、上手く調整すればバッテリーを気にすることなく作業が出来るでしょう。

 

また、重量もそこまでないので、持ち運びがとても楽に行えます。実用的で使いやすい空調服バッテリーなので、ぜひ使ってみてください。

サイズW72×D22×H72mm出力8.4V、7.2V、6V、5V(4段階)
充電時間約5時間容量15000mAh
重量約220g
8

クロダルマ

KS-10

価格:11,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性のある空調服バッテリー

バッテリー本体の素材に、ABS強化プラスチックを使っている商品となります。これにより、かなりの耐久性を持っているため、動くことの多い作業でも安心して使うことが可能となっています。

 

また、バッテリー容量も大きいため、パワフルな使い心地を体感できます。暑い日の作業にも十分使える仕様になっており、稼働時間も最大出力で約8.5時間あるため、バッテリー切れになることもないでしょう。

 

空調服バッテリーとファンがセットになって販売されているため、お得に購入することも出来ます。ぜひ活用してみてください。

サイズW79×D21×H123mm出力7.2V、6.5V、5.8V、5V(4段階)
充電時間約8時間容量14500mAh
重量約300g
9

シンメン

S-AIR SK-21

価格:11,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートフォンの充電も可能な空調服バッテリー

USB端子が付いており、スマートフォンの充電も行える空調服バッテリーとなっています。もちろん、空調服バッテリー本来の役割もしっかりと果たしてくれるので、便利な商品と言えるでしょう。

 

バッテリー容量が大きいので、パワフルな稼働が可能になっています。使用時間としては、最大出力で約8時間となっていますが、環境によって使い分けることで最大約20時間まで伸ばすことも出来ます。

 

スマートフォンの充電は、うっかり忘れることも多いので、この空調服バッテリーを上手く活用してみることをおすすめします。

サイズW78×D23×H125mm出力7.5V、7.0V、6.5V、6.0V(4段階)
充電時間約7~8時間容量14500mAh
重量約310g
10

ULUSERN

ULUSERN 空調服バッテリー

価格:3,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格がとてもリーズナブルな空調服バッテリー

空調服バッテリーとしては、かなり価格がリーズナブルな商品となっています。そのため、初めて空調服バッテリーを使う人でも、気軽に購入することが出来るでしょう。サイズや重量もそこまでないため、持ち運びがとても便利です。

 

最大出力で約9時間の稼働が出来るため、バッテリー不足になることはあまりありません。また、価格が安いため、アウトドア用として使ってみても良いでしょう。特に、徒歩で移動中に使えば、かなり快適になります。

 

空調服バッテリーは、基本的に価格が高いものが多いです。そのため、これほどリーズナブルな商品は珍しいので、ぜひ活用してみてください。

サイズW80×D23×H95mm出力7.2V、7.0V、6.6V、6.0V
充電時間約5~6時間容量5200mAh
重量約240g

空調服バッテリーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:58602の画像

    空調服

  • 2
    アイテムID:58603の画像

    空調服

  • 3
    アイテムID:58604の画像

    空調風神服

  • 4
    アイテムID:58605の画像

    バートル

  • 5
    アイテムID:58606の画像

    バートル

  • 6
    アイテムID:58607の画像

    マキタ

  • 7
    アイテムID:58608の画像

    村上被服

  • 8
    アイテムID:58609の画像

    クロダルマ

  • 9
    アイテムID:58610の画像

    シンメン

  • 10
    アイテムID:58611の画像

    ULUSERN

  • 商品名
  • LI-ULTRA I
  • LINANO1
  • RD9890J
  • AC210
  • AC140
  • BL07150B
  • V9101
  • KS-10
  • S-AIR SK-21
  • ULUSERN 空調服バッテリー
  • 特徴
  • 大容量バッテリーで長持ち
  • 軽さと持ち運びやすさが特徴のバッテリー
  • 燃えにくい素材を使った空調服バッテリー
  • かなり要領の大きいパワフル空調服バッテリー
  • 軽量かつ容量の大きい空調服バッテリー
  • コンパクトに収納出来る空調服バッテリー
  • バッテリー残量をすぐに確認できる空調服バッテリー
  • 耐久性のある空調服バッテリー
  • スマートフォンの充電も可能な空調服バッテリー
  • 価格がとてもリーズナブルな空調服バッテリー
  • 価格
  • 7950円(税込)
  • 5443円(税込)
  • 8881円(税込)
  • 11583円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 10300円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 11600円(税込)
  • 11900円(税込)
  • 3500円(税込)
  • サイズ
  • W81×D24×H89mm
  • W50×D26×H86mm
  • W102×D72×H27mm
  • W73×D23×H111mm
  • W73×D23×H55.6mm
  • W75×D25×H114mm
  • W72×D22×H72mm
  • W79×D21×H123mm
  • W78×D23×H125mm
  • W80×D23×H95mm
  • 出力
  • 7.2V、6V、5V、3.3V(4段階)
  • 7.2V、6V、5V、3.3V、ゆらぎモード(5段階)
  • 7V、6V、5V、3V(4段階)
  • 10V、9V、7V、5V(4段階)
  • 9V、7V、5V(3段階)
  • 3段階
  • 8.4V、7.2V、6V、5V(4段階)
  • 7.2V、6.5V、5.8V、5V(4段階)
  • 7.5V、7.0V、6.5V、6.0V(4段階)
  • 7.2V、7.0V、6.6V、6.0V
  • 充電時間
  • 約8時間
  • 約5時間
  • 約6時間
  • 約7時間
  • 約3.5時間
  • 約7時間
  • 約5時間
  • 約8時間
  • 約7~8時間
  • 約5~6時間
  • 容量
  • 6500mAh
  • 3250mAh
  • 5800mAh
  • 15900mAh
  • 6700mAh
  • 15000mAh
  • 15000mAh
  • 14500mAh
  • 14500mAh
  • 5200mAh
  • 重量
  • 250g
  • 141g
  • 約280g
  • 約300g
  • 約130g
  • 約340g
  • 約220g
  • 約300g
  • 約310g
  • 約240g

互換性には注意しておく

空調服バッテリーを使っている人の中には、他メーカーのファンと接続して使おうとしている人が散見されます。一見すると、これはそこまで問題ないように見えますが、実は危ない行為なので、真似をしないようにしておきましょう。

 

空調服バッテリーを、他メーカーのファンと接続してしまうと、互換性がないものは故障の原因になります。また、酷いときは発火する可能性もあるのです。良い事はないので、空調服バッテリーは、同じメーカーのファンと接続して使うようにしてください。

まとめ

空調服バッテリーの選び方とおすすめ商品の紹介をしてきました。夏の暑い時期などに倒れてしまう人は多いため、空調服バッテリー付きの作業服はかなり重要なものとなってきます。今回の内容を参考にして、自分が気に入る空調服バッテリーを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ