記事ID2697のサムネイル画像

【2019年最新版】シャープ等人気メーカーのおすすめ空気清浄機7選を徹底比較

デリケートな赤ちゃん、花粉症対策、消臭などに空気清浄機は大活躍です。最近では、コンパクトなうえ、除菌効果や除湿などの機能が付いた空気清浄機が人気です。そこで人気の空気清浄機を比較を交えながら紹介します。選ぶ際のおすすめのチェックポイントも併せて紹介します。

一家に一台は当たり前になった空気清浄機

かつては空気清浄機といえば高級でややマイナーな家電といえました。よほど衛生環境や臭いに敏感な人でなければ、関心が少なくなったといえるでしょう。しかし、黄砂・PM2.5問題が騒がれた2013年には約40%の世帯に空気清浄機が置かれるようになりました。

 

現在の空気清浄機のトレンドは多機能化とお手入れの自動化です。そこでこの記事では、人気の空気清浄機7製品を紹介し、比較していきます。選び方のポイントも紹介したので、製品選びに役立ててみてはどうでしょうか。

空気清浄機の選び方

ここでは空気清浄機を選ぶときにチェックしておきたいポイントを紹介します。

タイプで選ぶ

空気清浄機と一言で言っても、最近は多機能化が進んできており、一括りにはしにくい部分もあります。大きく分けると「空気清浄機」「加湿空気清浄機」「除加湿空気清浄機」の3種類です。

空気清浄機

空気清浄機は、空気清浄機のみの機能だけのシンプルなタイプです。そのため、コンパクトで価格が安いのが特徴です。

 

このタイプのほとんどは、集塵フィルターを通して空気を排出することで、空気清浄をしています。花粉やハウスダストに優れた効果を発揮するのがフィルタータイプです。

 

花粉症やアレルギー体質、毛やホコリが舞いやすいペットと暮らしている場合など向いています。

加湿空気清浄機

加湿空気清浄機とは、加湿器と空気清浄機が合体したタイプです。1台2役なので部屋のスペースをとらないメリットがあります。また、乾燥しがちな冬場は、空気清浄と加湿を同時で行うことで、菌の繁殖などを防止することができます。

 

ただし、注意点もあります。ひとつは加湿と空気清浄を同時運転すると、空気清浄の性能が通常落ちてしまうことです。もうひとつは、タンクなどに雑菌が繁殖してしまいやすいため、定期的なお手入れが不可欠なことです。

 

加湿空気清浄機は湿気が多い日本のメーカーが多く販売しており、海外製品は少ないのが特徴です。

除加湿空気清浄機

除加湿空気清浄機は除湿機と加湿機と空気清浄機が一緒になったタイプです。3つの機能がまとまっているため、年間を通じて便利に利用できるのがメリットです。そのぶん、サイズが大きくなってしまうのがデメリットです。

空間清浄器

空間清浄機と呼ばれているタイプは、イオンを発生させお部屋の菌を分解したり臭いを除去したりする機器です。したがって、実質上、空気清浄機や脱臭機と同じですが、家電のジャンルでは便宜上、フィルターがなくイオンを発生させるタイプをこう呼びます。

脱臭機

脱臭機と呼ばれるタイプは、脱臭に特化した製品で、脱臭用フィルターでアンモニア臭やタバコの臭いなどを取り除くタイプです。通常、空気清浄機の一機能に含まれます。

集塵方式で選ぶ

空気中を舞う花粉・ホコリ・PM2.5などの除去を重視するなら、フィルタータイプの空気清浄機能がおすすめです。

ファン式

ファン式のフィルター式空気清浄機は、ファンで集めた空気をフィルターに通過させることで不純物を取り除く方式です。ホコリなど比較的大きな物質や、ペットの毛などはどの空気清浄機でも除去することができます。

 

高性能フィルターとしておすすめなのが、HEPAフィルターです。粒径0.3μmという非常に細かい粒子も99.7%除去可能です。PM2.5、花粉、ハウスダストなどの除去能力を重視するならHEPAフィルターを選びましょう。

電気式

電気式のフィルター式空気清浄器は静電気で不純物を集める方式です。浮遊物質をプラスに帯電させ、マイナスのフィルターに付着することで空気を清浄な状態にします。フィルターの目詰まりが起きにくく比較的交換が長いこと、集塵能力が落ちにくいことがメリットです。

センサーの機能で選ぶ

センサーが搭載されていると、空気の汚れや臭いを感知してすばやい空気清浄ができます。常にフルパワーで運転しなくてよいので電気代の節約になります。また、センサーの感知状態を表示してくれれば、部屋の状態がわかるので便利です。

 

空気清浄機に搭載されることがある主なセンサーは、ホコリセンサー、臭いセンサー、湿度センサーです。また、温度センサーと連動して、ウィルスなどが繁殖しないように空気清浄を強にしたり、イオンを放出するタイプもあります。

 

また、高級な空気清浄機では、照度センサーにより室内照明のONOFFを感知して、空気清浄機の表示ランプを消したり、運転音が静かなモードに切り替えるなどする製品もあります。

車載用空気清浄機を選ぶ

空気清浄機といえば、従来は室内用しかありませんでしたが、最近は車載用空気清浄機も販売されています。

 

車載用空気清浄機は最もパワフルな据え置き型、省スペースなエアコン風の吹き出し口型が、イオン発生型空気清浄機が多いソケットタイプ、ドリンクホルダーに設置できるサイズにしたドリンクホルダー型もあります。ドリンクホルダー型は部屋用としても使えます。

 

 

お手入れのしやすさで選ぶ

空気清浄機は求められるお手入れの間隔が製品によってかなり違うのが特徴です。たとえば、フィルターがないイオン式の空気清浄機はほぼお手入れが必要ないものがあります。

 

また、フィルター式でも10年間交換不要なものから6カ月ごとに交換が必要なものまでさまざまです。現在では、自動清掃機能がついた空気清浄機も人気です。いずれにしてもランニングコストと性能のバランスを考えて選びましょう。

適用床面積で選ぶ

適用床面積は「規定の粉塵濃度の汚れを30分で清浄できるお部屋(天井高2.4m)の広さ」を記述すると業界で決まっています。そのため、たとえば同じ10畳対応なら、同程度の空気清浄性能であると比較できるのです。

 

空気清浄機はエアコンなどと違い、部屋の広さと同じ適用床面積の空気清浄機を購入するのがベストというわけではありません。目安としては部屋(または車)の面積の2~3倍を選ぶとスピーディに空気清浄でき、満足度が高くなるといわれています。

 

コンパクトな空気清浄機を2台設置している人も多くいます。最近の売れ筋商品はほとんどがコンパクトタイプなので、このような置き方も検討してみてはどうでしょうか。

最大風量で選ぶ

最大風量とは強・中・弱などの各モードのなかで最大の風量値です。ハイスペックな製品では「1.0~3.0m立方メートル未満/分」などとスペックが掲載されることがあります。フィルター式の場合は清浄時間に大きく影響するため、この項目をチェックしましょう。

清浄時間で選ぶ

清浄時間とは、空気清浄モードで運転した際に8畳の室内を何分間で清浄な状態にできるかの性能を示したスペックです。製品によってはこのスペックが掲載されていることがあります。

空気清浄器のおすすめ商品7選

スカイチメ

空気清浄機

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4段階浄化システム

スカイチメの空気清浄機は、13.3×13.3×26.7cmというコンパクトサイズでありながら、20畳の適用床面積というパワフルさがおすすめです。UV-C滅菌技術・光触媒フィルター・活性炭フィルター・オゾン生成という4段階浄化システムによって高い性能を実現しています。

 

ユニークなのは蚊取り機能を搭載していることです。紫外線に近い波長365nmのLEDライトと二酸化炭素によって人体と蚊に錯覚させ、内部のファンの吸引力で蚊を捕獲。「蚊・蛾、コバエ・蝇などが明らかに減った」と口コミでも好評です。

タイプ空気清浄機適用床面積20畳
フィルター光触媒と活性炭フィルターフィルター交換周期6~12ヶ月程度
搭載センサーなし車載対応
最大風量ファン2000回転/分 清浄時間

ELEIGO

空気清浄機

価格:12,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

除湿+空気清浄

ELEIGOの空気清浄機は、加湿ではなく除湿と組み合わせた空気清浄機です。クーラーなどで部屋を閉め切るときは、じわじわと深いな湿気を感じることがありますよね。排水タンクが満タンになることに、きっと驚くことでしょう。ムシムシする日本の夏にもおすすめです。

 

もちろん、空気清浄能力も高く、高性能HEPAフィルターによって0.3ミクロンのハウスダストを99.97%除去が可能です。いくら強力な空気清浄機とはいえ音がうるさくては困るという人も30dB以下の「睡眠」モードが搭載されているので安心です。

タイプ除湿空気清浄機適用床面積10畳
フィルターHEPAフィルターフィルター交換周期月に1回
搭載センサーなし車載対応
最大風量 清浄時間

Audmiso

 空気清浄機

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

花粉重視

Audmisoの空気清浄機は花粉除去の性能が人気の商品です。 集塵重視の一体型フィルターは花粉捕集効率99.9%となっており、重度の花粉症の人も快適に過ごせることでしょう。HEPAフィルターなので、ペットのフケやPM2.5などの対策としても万全です。

 

センサーは搭載されていませんが、手動で3段階の風量の強さを調整可能。弱運転では30dB以下の静かさです。3段階自動オフタイマーも付いているので、つけっぱなしで無駄な電気代がかかることも防止できます。

タイプ空気清浄機適用床面積15畳
フィルターHEPAフィルターフィルター交換周期
搭載センサーなし車載対応
最大風量 清浄時間

IGYLAR

空気清浄機

価格:12,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

清浄力に特化

IGYLARの空気清浄機は、空気清浄機能に特化した製品なのが特徴です。「猫アレルギーの症状が収まった」「360度空気を吸い込む」「赤ちゃんもよく眠れるようになった」など高価を実感する口コミも目立ちます。

 

濾過用プレフィルターで比較的大きなホコリなどを除去、HEPA フィルターでPM2.5・花粉・カビ・細菌など0.1μmまでの微粒子を約99.7%浄化します。さらに脱臭用ハニカム構造活性炭フィルターはペット臭・タバコ臭に効果的、殺菌フィルターで風邪予防も可能です。

タイプ空気清浄機適用床面積18畳
フィルターHEPAフィルターフィルター交換周期6~8ヶ月程度
搭載センサーホコリセンサー車載対応
最大風量155CFM(250m²/h) 清浄時間

パナソニック

F-C100K

価格:7,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「ナノイー」機能搭載

パナソニックのF-C100Kは、リーズナブルでコンパクトなサイズながら、パナソニック独自の技術「ナノイー」を搭載した空気清浄機です。

 

ナノイーとは、空気中の水に高電圧を加えることで生成されるナノサイズの微粒子イオン。さまざまな有害・臭いの元となる分子と反応して分子レベルで根本的に清浄・消臭が可能です。もちろん、自然界にある水分からできているので、きわめて安全です。

タイプ空間清浄器適用床面積車用
フィルター電子式フィルターなしフィルター交換周期
搭載センサーなし車載対応ドリンクホルダー型
最大風量なし 清浄時間

Neolight

車載 空気清浄器

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィルター要らず

Neolightの車載 空気清浄器は、イオンの力で空気をキレイにする、シガーレット型の車載空気清浄機です。フィルターがないため、面倒なお手入れも必要ありません。

 

花粉やホコリなどには効果がないのではと思う人も多いでしょうが、帯電することで、ホコリは床に落ちやすくなり、花粉の活動力も抑えることができるそうです。ただ、どちらかというと消臭メインなので、車内の不快な臭いに悩む人におすすめです。

タイプ空間清浄器適用床面積車用
フィルター電子式フィルターなしフィルター交換周期
搭載センサーなし車載対応シガーソケット型
最大風量なし 清浄時間

Idealmuzik

空気清浄機

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見るメルカリで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパが高いシガーソケット型空気清浄機

Idealmuzikの空気清浄機は、Neolightの車載 空気清浄器とよく比較される競合商品といえるでしょう。1立方センチメートルあたり480万もののマイナスイオンというスペックも同じですし、どちらもシガーソケット型です。

 

口コミではやはり「車のなんともいえない臭い」に悩む人から好評で、シガーソケットに差し込むだけの手軽さや、香料でごまかさず根本的に消臭されることが評価されています。

タイプ空間清浄器適用床面積車用
フィルター電子式フィルターなしフィルター交換周期
搭載センサーなし車載対応シガーソケット型
最大風量なし 清浄時間

空気清浄器商品の徹底比較

ここでは、価格による比較と各機能による比較を行い、それぞれの観点からおすすめ商品を1つ紹介します。

価格で比較

メーカー スカイチメ ELEIGO Audmiso IGYLAR パナソニック Neolight Idealmuzik
商品名 空気清浄機 空気清浄機 空気清浄機 空気清浄機 F-C100K 車載 空気清浄器 空気清浄機
価格(円) 8,980 12,190 8,980 12,600 7,240 1,799 1,799

人気商品は1万円前後と、リーズナブルな2千円程度の価格帯に分かれています。安値はカーソケット用のイオン式空気清浄機であるNeolightの車載 空気清浄器とIdealmuzikと空気清浄機が同じく1,799円でした。ただし、車以外では使えません。

 

兼用で利用でき、PM2.5などに含まれる有害物質まで除去できるパナソニックのF-C100Kは7,240円とコスパが高い製品といえるでしょう。

機能で比較

    タイプ 適用床面積 フィルター フィルター交換周期 センサー 車載対応 最大風量 清浄時間
スカイチメ 空気清浄機 空気清浄機 20畳 光触媒と活性炭フィルター 6~12ヶ月程度 なし ファン2000回転/分
ELEIGO 空気清浄機 除湿空気清浄機 10畳 HEPAフィルター 月に1回 なし
Audmiso 空気清浄機 空気清浄機 15畳 HEPAフィルター なし
IGYLAR 空気清浄機 空気清浄機 18畳 HEPAフィルター 6~8ヶ月程度 ホコリセンサー 155CFM
パナソニック F-C100K 空間清浄器 車用 電子式フィルターなし なし ドリンクホルダー型 なし
Neolight 車載 空気清浄器 空間清浄器 車用 電子式フィルターなし なし シガーソケット型 なし
Idealmuzik 空気清浄機 空間清浄器 車用 電子式フィルターなし なし シガーソケット型 なし

 

タイプで選ぶなら除湿を備えた「ELEIGO 空気清浄機」

1万円程度の価格帯では空気清浄機のみのタイプが多いなか、除湿機能をプラスしたELEIGO 空気清浄機が評価できます。梅雨時期に洗濯物が乾かないなどの悩みを持つ人に向いている清浄機です。

広い部屋にも対応「スカイチメ 空気清浄機」

最も適用床面積が広いのがスカイチメ 空気清浄機です。広いリビングなどにも使えますし、6~8畳ほどの部屋なら、非常にスピーディに空気清浄できます。パワフルさを求める人におすすめです。

フィルター性能で選ぶなら「IGYLAR 空気清浄機」

フィルター性能で選ぶならIGYLAR 空気清浄機がおすすめです。空気清浄能力が最も高いHEPAフィルターでPM2.5・花粉・カビ・細菌など0.1μmまでの微粒子を約99.7%浄化します。

 

また、同じHEPAフィルターのた製品と比べ、交換周期が6~8ヶ月程度長いのもおすすめです。

フィルター交換のない電子式「パナソニック F-C100K」

フィルター交換が面倒という人におすすめなのが、フィルターがない電子式のパナソニック F-C100Kです。他の商品にも電子式でフィルターなしタイプはありますが、室内でも使えるのはこの商品のみです。

 

また、車載用として比較した場合でも、ナノイーという消臭・除菌機能を搭載している電子式はパナソニックのみです。

ホコリセンサーが賢い「IGYLAR 空気清浄機」

GYLAR 空気清浄機はホコリセンサーを搭載して、空気が汚れているときは強運転、空気がきれいなときは弱運転という賢い運転が可能です。スピーディに空気清浄したい人、電気代を節約したい人におすすめです。

車用なら「パナソニック F-C100K」

どのタイプの車載用空気清浄機を選ぶかは、もちろん人それぞれです。しかし、空気清浄能力の高さから、口コミなどを総合的に比較するとパナソニック F-C100Kが最も評価が高いといえます。ドリンクホルダーを1つでもふさぎたくない人以外はおすすめできます。

最大風量なら「スカイチメ 空気清浄機」

比較検討できるスペックが掲載されていないため、厳密に比べることはできませんが、適用床面積など総合的に判断すると、スカイチメ 空気清浄機の最大風量が最も大きいと考えられます。

清浄時間が短いのは「スカイチメ 空気清浄機」

今回比較している製品でスペックを公開している製品はありませんでした。しかし、適用床面積など総合的に判断すると、スカイチメ 空気清浄機の最大風量が最も大きいと考えられます。

まとめ

空気がきれいになっていると、仕事も勉強もはかどりますし、リラックスできます。性能のよい空気清浄機によって、部屋や車内を快適な環境に変えていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ