記事ID2717のサムネイル画像

【欲しい商品が必ず見つかる】キーボードの人気おすすめ商品を徹底紹介

キーボードと言えば、パソコン用の周辺機器の一つと言うイメージが強いですが、近年ではスマートフォンやゲーム機と接続できるため、需要が高まっている製品でもあります。今回はそんな数々のキーボードを有線や無線、スマホ用などにわけてご紹介いたします。

自分に合ったキーボードを

キーボードには有線タイプやBluetoothを利用した無線タイプのほか、ゲーム機やスマホ用としても使える製品など多種多様です。その中から、自身の用途や使用頻度等に応じて、自分に合ったキーボードを選ぶのが一番大切です。

キーボードの価格も製品によってさまざまで、数千円程度で購入できるキーボードもあれば、数万円を超えるような高級品もあります。無理に高い製品を購入する必要はないですが、安価な製品だけにこだわる事も避けるようにしましょうね。

キーボードの選び方

それではキーボードの選び方を確認していきましょう。

接続方式で選ぶ

キーボードの接続方式は、USB等を利用した有線接続タイプの製品と、Bluetooth等を利用したワイヤレスタイプの二種類に分けられます。それぞれにメリットやデメリットがあるので確認していきましょう。

有線

有線タイプのキーボードは、パソコンなどの機器とキーボードをケーブルで直接つなげるタイプになります。過去にはPS/2ポートが主流でしたが、現在ではUSBポートに対応した機器及びキーボードが主流になっています

メリットは何といっても通信が安定していること・繋ぎやすいことの2点が挙げられます。機器とダイレクトに繋がっているため、通信の安定性は言わずもがなですが、難しい設定を必要とせず繋ぐだけで使用できるのもお手軽で便利なポイントです。

反面デメリットとして、設置のさいケーブルが邪魔になる可能性があることです。ケーブルの混線や断線などのリスクもあるため、あらかじめ注意しておきましょう。

ワイヤレス

ワイヤレスタイプのキーボードは、Bluetoothを利用した製品とレシーバーなどを利用した製品の二種類に分けられます。それぞれの共通しているポイントとしては、ケーブル不要でスペース要らずであること・別途電池や充電が必要なことの2点が挙げられます。

Bluetoothに対応したキーボードの特徴としては、USBポートが無い機器とも接続できる点が挙げられます。しかし、キーボードと接続する機器のBluetoothバージョンは購入前に確認しておくようにしましょう。

レシーバーを使用するキーボードは、USBポートが必要にはなりますが、その分価格が安価であることが挙げられます。タブレットなどUSBポートが搭載されていない機器には不適ですが、パソコン用として使うのであればおすすめです。

種類で選ぶ

有線やワイヤレス以外にもキーボードにはキー構造で種類分けができます。主に価格や使い勝手に影響する項目となるので、欠かさずチェックしておきましょう。

メンブレン方式

メンブレン方式は、キーボードで用いられるキー構造としては一番多く見かけられます。シリコンキャップを採用しており、深めのストロークがあることが特徴です。そんなメンブレン方式のメリットは、構造が単純ゆえに安価であることが挙げられます。

反面、キー入力のさい反発する力が強く、深めなストロークなのも相まって、長時間使用していると疲れやすいといったデメリットも存在しています。また、設計上キーの中央部をしっかりおすようにしないと認識しないことがあるため、誤入力することもあります。

パンタグラフ方式

パンタグラフ方式は、主にノートパソコンのキーボードに用いられます。支持構造を取り入れることで、キーボード全体に力が満遍なくかかり、安定した打ち心地がある事が特徴です。また、メンブレン方式と同じくシリコンキャップが使われています。

メリットは何といってもキーボードの薄さが挙げられます。キー構造が薄い事で、浅いストロークとなり、手が疲れにくい利点があります。また、本体が薄くなるため、携帯性に優れるキーボードが多い事もパンタグラフ方式の特徴です。

反面デメリットとして、耐久性に難がある点が挙げられます。パンタグラフ方式のキーボードはプラスチックを構造部分の素材として使っている製品が多いためです。また、キーボードの薄さと軽さにより、キー入力時に振動が起こることもあります。

メカニカル方式

メカニカル方式のキーボードは、メンブレン方式などとは違い、一つ一つのキーに対してスイッチが搭載されているのが特徴です。キー一つ一つが独立しているため、一部のキーの反応がおかしい場合、キーボード本体丸ごとではなくキー部分を交換すれば使えるコストの良さを誇ります

また、メンブレン方式などのキーボードはキーをしっかり押し込まないと認識しない製品が多いですが、メカニカル方式は一つのキーが作り込まれているため、半分程度押せば認識するのも特徴の一つです。

本体価格は数万円程度と高価な部類ですが、頑丈性の高さもポイントなので、より高性能なキーボードを使いたい人は要チェックです。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式は、他の方式とは違い、キーの認識が物理的接触で行わず、電位の変化によって認識を行うのが特徴です。キー入力時に内部で摩擦などが起こらない為、キーの寿命がかなり長いのがメリットとして挙げられます。

また、キー認識も大変優れている事も特徴で、その精度は金融機関など正確かつ手早い入力が求められる現場でも用いられるほどです。反面、静電容量無接点方式のキーボードは商品数がそこまで多くない事、総じて高価であることがデメリットとして挙げられます。

用途で選ぶ

キーボードをどんな用途に使うのか振り返ってみましょう。それによって適したキーボードも変わってきますよ。

ゲーム

ゲーム用としてキーボードを選ぶのであれば、ゲームを有利に進められるような製品が好ましいですね。たとえば、FPSを遊ぶのであれば、キーロールオーバーなどに対応したキー同時入力認識に対応したキーボードが人気です

MMOを遊ぶのであれば、ショートカットキーやマクロ機能の有無をぜひ確認しておきたい所です。自身が遊ぶゲームの特徴やジャンルなどに応じて、適したゲーミングキーボードを選んでみて下さいね。

スマホ用

スマホ用としてキーボードを選ぶのであれば、打ちやすさと携帯性を兼ね備えた製品が好ましいですね。近年のスマホ用キーボードは、通常のキーボードを一回り小さくしたベーシックなものもあれば、折り畳み式など工夫がされた製品も多数みられます

スマホ用キーボードは持ち歩きで使うケースが多いと考えられるので、キーボードの電力供給方法も吟味しておきたい所。乾電池式と充電式の二通りありますが、使い方に合わせて選んでみて下さいね。

人気メーカーから選ぶ

各種パソコン周辺機器を販売している人気メーカーからキーボードを選んでみるのも良いでしょう。数あるメーカーの中からいくつかピックアップしてご紹介します。

ロジクール

ロジクール社が販売しているキーボードはメンブレン方式やパンダグラフ方式と言ったコストの安い製品もあれば、メカニカル方式を採用した高級モデルまで、幅広いキーボードを販売しています

また、ロジクールのキーボードはキーの中央部分がへこんでいるインカーブキーが特徴です。これにより指とキーとの接触面積が増えるため、タイプミスを抑える効果があると好評を得ています。

バッファロー

バッファローのキーボードは、何といってもコストパフォーマンスがいいことが特徴です。価格を抑えつつ機能性も良いキーボードを選びたいのであれば、バッファロー製のキーボードをまず選んでみましょう。


また、バッファロー製のキーボードによく見かけられる口コミとして、無線接続が安定しているという声があがっています。ワイヤレスキーボードで接続が安定している製品を探している人にもおすすめなメーカーです。

有線キーボードの人気おすすめ商品

有線キーボードの人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

ワイヤレスキーボードの人気おすすめ商品

ワイヤレスキーボードの人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

メンブレン方式の人気おすすめキーボード3選

1

サンワサプライ

SKB-KG3BKN

価格:1,269円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テンキー部分を省いたコンパクトなキーボード

サンワサプライの「SKB-KG3BKN」は、テンキー部分を取り除くことで通常のキーボードよりもコンパクトになっているのが特徴です。口コミでも、コンパクトで狭いスペースで使用できる事、深いストロークで打ちやすい事などで好評です。

サイズ幅306.4×奥行129.1×高さ27.4mm接続有線
電力供給-
2

エレコム

TK-FFCM01BK

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みの薄く静音設計がされたキーボード

エレコムの「TK-FFCM01BK」は、キーボード本体設計の薄さと、静音設計が好評を得ています。また、長期間使用しても文字が薄くならないように、レーザー印字がされているのも特徴です。

サイズ幅435.0×奥行128.0×高さ23.7mm接続有線
電力供給-
3

Logicool(ロジクール)

G213

価格:6,856円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PUBG公式大会で推奨された経験を持つゲーミングキーボード

ロジクールの「G213」は、大人気FPSゲーム「PUBG」の日本公式大会で推奨された経験を持つ本格派設計のゲーミングキーボードです。高い耐久性や耐水性、キー認識の正確さなどが特に好評を得ているおすすめのキーボードです。

サイズ幅452×奥行33×高さ218mm接続有線
電力供給-

パンタグラフ方式の人気おすすめキーボード3選

1

バッファロー

BSKBM01WH

価格:1,843円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホワイトなカラーリングのMac用有線キーボード

「BSKBM01WH」は、Mac用として設計された有線キーボードです。ホワイトで明るいカラーリングも特徴ですが、テンキー付きでありながらサイズが比較的コンパクトなことが特徴です。 反面、一部ファンクションキーが動作しないといった口コミも見かけられるので、自身の機器が対応しているかどうかあらかじめ確認が必要です。

サイズ幅444×奥行129×高さ23mm接続有線
電力供給-
2

バッファロー

BSKBU515BK

価格:5,170円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パンタグラフ方式で深いストロークを実現したキーボード

バッファローの「BSKBU515BK」は、本体が薄くなりがちなパンタグラフ方式のキーボードにも関わらず、深いストロークを実現させているキーボードです。PCだけでなく、PS4やPS3などのゲーム機に対応している点も見逃せません。

サイズ幅44.7x高さ34mm接続有線
電力供給-
3

Jelly Comb

ワイヤレス キーボード&マウス

価格:3,099円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一つのレシーバーでキーボードとマウス同時接続

こちらはキーボードとマウスがセットになった製品です。最大の特徴は、一つのレシーバーを取り付けるだけで、キーボードとマウスが同時にワイヤレス接続ができる点です。本体もコンパクトなため、持ち歩きにも使いやすいおすすめ製品です。

サイズ-接続ワイヤレス(レシーバー)
電力供給単3形乾電池2本

メカニカル方式の人気おすすめキーボード3選

1

Logicool(ロジクール)

ゲーミングキーボード G512

価格:11,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

PUBG公式大会で推奨された経験を持つメカニカルキーボード

「ゲーミングキーボード G512」は、PUBG日本大会で推奨経験を持つメカニカル方式のキーボードです。打ち心地や耐久性、タイプミスの少なさなど、さまざまな点で好評を得ているおすすめのゲーミングキーボードです。

サイズ幅132×奥行445×高さ34mm接続有線
電力供給-
2

Qtuo

メカニカルキーボード

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キー同時入力に対応したゲーマー必見キーボード

Qtuoのメカニカルキーボードは、コストパフォーマンスに優れた中華製キーボードです。価格の安さのほかに、多数の同時入力に対応している点や、打ち心地の良い打鍵音などで好評を得ています。

反面、中華製であるからか、一部のキー配置がずれているといった口コミもみかけるため、あらかじめ注意しておきましょう。

サイズ-接続有線
電力供給-
3

HOKONUI

ゲーミングキーボードG038

価格:2,390円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学設計のゲーミングキーボード

HOKONUIの「ゲーミングキーボードG038」は、長時間キーボードを打ち続けても疲れにくいように、人間工学設計が取り入れられているのがポイントです。撥水機能をもつほか、カラフルなバックライトも好評を得ている特徴です。

サイズ-接続有線
電力供給-

静電容量無接点方式の人気おすすめキーボード3選

1

AKEEYOAC

有線キーボード

価格:14,599円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水で丸洗い可能な高い防水設計

こちらのAKEEYOAC製キーボードは、なんといっても丸洗い可能なほどの防水性能を持つのが特徴です。一億回のキー入力に耐えられるほどの耐久性も持つため、長く使えるキーボードを探している人に一押しのキーボードです。

サイズ幅367x奥行138x高さ40.5mm接続有線
電力供給-
2

東プレ(Topre Corporation)

R2S-JP4-BK

価格:24,150円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同時押し対応のプロ設計キーボード

東プレの「R2S-JP4-BK」は、キー同時入力に対応している設計で、早いタイピングが求められるお仕事をする人に向いています。5000万回のキー入力耐久試験をクリアした製品かつ印字はレーザー刻印がなされているため、耐久性にも高い期待が持てる製品です。

サイズ幅142x奥行455x高さ30mm接続有線
電力供給-
3

PFU

PD-KB400B

価格:30,000円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブラックなカラーリングでフォーマル感あふれるキーボード

「PD-KB400B」は、全体がブラックなカラーリングで渋さを感じさせるキーボードです。打鍵感やデザイン、キー配列の良さなどが特に好評を得ている製品であり、プログラマの人などに愛用者が多い製品です。

サイズ幅294x奥行110x 高さ39.9mm接続有線
電力供給-

ゲーミングキーボードの人気おすすめ商品

ゲーミングキーボードの人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

スマホ用キーボードの人気おすすめ商品

スマホ用キーボードの人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

ロジクールの人気おすすめキーボード

ロジクールの人気おすすめキーボード10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

バッファローの人気おすすめキーボード3選

1

バッファロー

BSKBW115BK

価格:1,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い機器に対応したワイヤレスキーボード

バッファローの「BSKBW115BK」は、PCだけでなく、PS4や任天堂Switchなど幅広い機器に対応していることが特徴です。1000万回ものキー入力に耐えられる高い耐久性も持つうえ、コストも安いおすすめのキーボードです。

サイズ幅443×奥行152×高さ31mm接続ワイヤレス(レシーバー)
電力供給単3乾電池1本
2

バッファロー

BSKBU14BK

価格:1,446円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アルミプレート内蔵のコンパクトキーボード

バッファローの「BSKBU14BK」は、パンタグラフ方式のスリムなキーボードです。内部にアルミプレートを内蔵することで、薄型ながらしっかりとした打鍵感を感じられるのが特徴です。 反面耐久性に難があるといった口コミも見かけるので、使用時には注意しておきましょう。

サイズ幅344×奥行138×高さ21mm接続有線
電力供給-
3

バッファロー

BSKBU18BK/N

価格:750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的コストパフォーマンス

バッファローの「BSKBU18BK/N」は、1000円を下回る圧倒的なコストの安さがポイントです。お仕事で使用するなどメイン使いとしては耐久性に難があるため不向きですが、ゲームチャット用やサブ運用として使うのに適しています。

サイズ-接続有線
電力供給-

キーボードの掃除手順

キーボードを使う頻度が高い分、雑菌などの繁殖には注意が必要です。定期的なメンテナンスを欠かさないようにしましょう。

キーを取り外せるタイプ

キーを取る外せるキーボードの場合は、キートップ引き抜き工具でキーを取り外してから掃除を行いましょう。そのさいは、外したキートップを戻すときに困らないように、写真を取っておくことをおすすめします。

外した後は、無水エタノールを染み込ませたスポンジやエアダスターなどを使用し、溜まっている汚れを掃除していきましょう。

キーを取り外せないタイプ

キートップを外せないキーボードの場合は、エアダスターを使用して、キー内部のほこりをかきだすようにしましょう。汚れをかきだすために、エアダスターを多量に使います。室内で掃除する場合は換気を充分に行いましょう

出てきたほこりを拭きとった後、キーボード全体をエタノールが含まれたウェットティッシュや綿棒などで全体をふき取りましょう。キートップが外せない分、内部の汚れが取り辛いので、定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょうね。

まとめ

今回はパソコンやスマホ用、ゲーミング用としてあらゆる用途に活躍するキーボードを特集しました。当記事で紹介したキーボードの選び方やおすすめ製品を参考に、自身に合っているキーボードを見つけてみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ