記事ID2734のサムネイル画像

【IntelもAMDも】人気CPU関連おすすめ商品を徹底紹介

ここでは人気のCPUの選び方やおすすめと合わせて関連商品も紹介していきます。IntelとAMDの比較や基本的な性能の選び方などを簡単に解説しています。自分の用途やPC環境に合わせたものを選ぶことが大事になってきます。わかりやすいように噛み砕いて解説しています。

CPUとは

CPUとはPCデバイスからのデータを受け取り、コンピューター内で制御と演算を行う機関になります。これだけの性能を積んでいればさぞ大きいのかと思いますが、非常にサイズ的には小さいです。しかし、パソコンの性能に大きく関わってくる大事な箇所になります。

 

主なCPUとしてはIntelやAMDが輩出しているCPUがあげられます。これらのCPUの選び方について後述していきます。

CPU関連商品の選び方

パソコンの性能を多きく左右する箇所です。しっかりCPUを選んで快適なPC作業が行えるようにしましょう。

メーカーで選ぶ

CPUのメーカーといえば、IntelとAMDが挙げられます。これらの2つをそれぞれ紹介していきます。

Intel

IntelはよくCMなどでも耳にするほど有名なメーカーになっています。世界ナンバーワンの知名度といってもいいでしょう。その魅力はラインナップの多さです。シリーズもたくさん出ています。代表的なシリーズはCore iシリーズになります。

 

他にもCeleronやPentiumと言ったシリーズがあります。その中でもCore iシリーズをおすすめします。初心者はIntelから入ることをおすすめします。

AMD

AMDは自作PCを作成する人にはおなじみのメーカーとされています。Intelと比較すると同スペックのものであれば、安価で取り扱っています。そのため性能とコストのバランスを求める人におすすめのメーカーです。

 

代表的なCPUシリーズとしてはAthlonシリーズがあります。日本ではシェア率はIntelよりも低いですが、アメリカではIntel以上に広がっているメーカーとなっています。

性能から選ぶ

CPUにも性能があります。その性能が直接PCの性能に関わってきます。

コア数

デュアルコアやクアッドコアなどCMや広告で見たことがあるはずです。これらはコアの数をしましています。コアとはデーターの処理を実際に行なっている部分です。そのためこの部分の数が多いほど処理の負担が軽減されるので高性能とされています。

 

ゲームや重いデータを処理する人はなるべくコア数の多いCPUを選ぶと処理落ちや処理の遅延にストレスを抱えることなく快適にプレイすることができるでしょう。

クロック周波数

クロック周波数とはCPU内部の時間を司る部分ですこの場面の時間とは内部の部品のタイミングを合わせることを言います。クロック信号によって内部の部品の作動タイミングを合わせているのです。

 

クロック周波数の高さはCPUの処理の高さに直結します。クロック周波数が高いことに越したことはありませんが。同じメーカー内でも種類が異なればクロック周波数も異なってきますので比較しにくい分野となっています。

TDP

TDPとは最大でどのくらいの熱を放出するかを表しています。このTDP値を参考にして冷却パーツを選ぶ必要があります。TDPの値が高いほど高性能の冷却クーラーを搭載する必要があります。またTDPが高すぎるCPUを搭載できないPCもあるので注意が必要です。

キャッシュ・メモリ

キャッシュメモリはCPUに内蔵されているメモリのことを言います。CPUはこのキャッシュメモリに蓄積されたデーターの処理を行います。またキャッシュメモリには1次、2次、3次と複数ありますが。若い数字の方が処理スピードが高いですが、容量が小さくなります。最も使用頻度が高いデータを保管している場所と考えるとわかりやすいかもしれません。

システムバス

システムバスはCPUの内部の動作の速さを表しています。この数値が高いほどCPUとメインメモリー間などのデータ転送速度が速くなります。ただし、システムバスだけでなく、周辺機器もその速度に対応できていなければ何の意味もありませんので注意が必要です。

ソケット形状

CPUを設置する場所がCPUソケットです。このソケットとCPUの形状が一致していなければCPUをマザーボードに設置することができません。CPUとCPUソケットの名前が一致しているかの確認は必ず行いましょう

用途で選ぶ

CPUも用途に応じて分けることができます。必要以上のスペックのものを高値で買う必要も無くなりますし、最低限必要なスペックを揃えられず嫌な思いをする必要も無くなります。

事務・普段用

日常の動画視聴や音楽再生そして事務作業などは、そこまで高スペックのCPUを必要としません。Intelで考えれば、CPUはCore i5程度で十分と言えるでしょう。またメールのやり取りやネットショッピングが主な利用理由であればCore i3でも十分です。

ゲームや動画編集用

ゲームや動画編集は、かなりの処理を必要とするものなのでCPU自体のパワーがないと処理が追いつきません。Intelで考えれば、最低でもCore i5以上のスペックが必要です。高性能であればあるだけ快適な編集作業やゲーム環境を作ることができます。

価格で選ぶ

CPUの価格は基本的に高いです。安くても一万円以上は確定しています。しかしその価格帯であれば性能が期待できません。まずメーカーで比較すればIntelの方がCPUの値段が全体的に高いです。AMDの方がコスパに優れていると言えるでしょう。

 

次はスペックで考えましょう。Intelの例を挙げるとすれば、Core i5は2万円程度です。Core i7は倍の4万円以上します。また性能が上がるにつれて、値段が倍になっていく感覚を持っておくといいでしょう。

関連商品もチェック

ここではCPUを選ぶ際に追加で必要となる関連商品を紹介します。

CPUクーラー

CPUクーラーはデータ処理による負担から熱を放出します。その熱によってCPU自体がオーバーヒートしてしまい故障の原因となってしまう恐れがあるのでしっかりと冷却をしてあげなければなりません。その冷却をする役割としてCPUクーラーがあります。

 

上述しているようにCPUクーラーの性能はTDPの値で決める必要があります。高いTDP値であれば高性能のクーラーを搭載する必要があります。

 

CPUグリス

CPUグリスとはCPUとCPUクーラーの熱を吸い取って放出する機関であるヒートシンクの密着度をあげる潤滑油的な役割を持っています。グリスによって、密着したCPUとヒートシンク間の熱伝導の効率をあげてくれます

 

グリスを使うことでしっかりとヒートシンクが熱を吸収してくれるので効率よく、熱による故障などを回避させてくれるのです。

Intelの人気おすすめCPU

Intelの人気おすすめCPU10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

AMDの人気おすすめCPU

AMDの人気おすすめCPU10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

事務・普段用に最適な人気おすすめCPU3選

1

AMD

Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler

価格:25,723円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

動画も事務作業も滞りなし

演算効率を念頭に置いた妥協なき機能と洗練された性能を搭載したAMDのスタンダードモデルです。日常生活の使用や事務などの仕事の使用に置いて十分以上の性能を発揮します。そのため安心して仕事用そしてプライベート用と両立させることが可能です。

 

値段もこの性能のものに比べれば安く仕上がっており、コスパに関しても非常に優秀なCPUと言えるでしょう。軽い動画の編集にも使うことができるので用途は多彩です。

コア数6ソケットAM4
TDP65Wキャッシュメモリ35MB
クロック周波数3.6GHz
2

インテル

Core i5 9400F

価格:17,751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチタスクで生産性アップ

最小限のエネルギーパフォーマンスを維持しながら最適なパフォーマンスを提供してくれます。ゲームのプレイや動画編集にも対応していますし、過酷なタスクにも難なく対応できるほどの高速化を実現しています。

 

マルチタスクに対応しているので仕事の効率や生産性を格段にあげてくれること間違いなしのCPUとなっています。

コア数6ソケットLGA1151
TDP65Wキャッシュメモリ9MB
クロック周波数2.9GHz
3

インテル

Core i3-9100F

価格:9,754円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格でも性能は優秀

事務作業や日常の仕様にのみ使うのであれば何の問題もないCore i3のCPUです。動画編集などはできませんが、日常の使用に関しては問題なく行うことができます。非常に低価格で簡単に手に入れることができます。日常や処理の多すぎない作業であれば非常におすすめです。

 

また第9世代Core iシリーズのローエンドモデルでありながら、性能的には非常に高い日常使用部門ではコスパ最強のCPUとも言えるでしょう。

コア数4ソケット
TDPキャッシュメモリ6MB
クロック周波数3.6GHz

動画編集やゲームに最適な人気おすすめCPU3選

1

AMD

Ryzen 7 3700X with Wraith Prism cooler

価格:41,242円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストレスのないデータ処理を

ゲームや動画編集をするにあったてスタンダードな性能を持っているAMDのCPUです。8つのコアを搭載しており、データの処理を高速かつ快適に行ってくれます。そのためストレスフリーでゲームや動画編集をすることができます。

 

動画編集やゲームをする際のCPUスタンダードモデルとなっていますが、十分な働きをしてくれるでしょう。

コア数8ソケットAM4
TDP65Wキャッシュメモリ36MB
クロック周波数3.6GHz
2

インテル

Corei7-9700K INTEL300シリーズ

価格:45,232円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新ゲームでも安定したプレイを

8つのコアが動画編集やゲームにおける処理を最適化し、何の支障を引き起こすことなく快適なゲーム環境を作り出してくれます。今普及してきている4KゲームやVRゲームでも余裕で動かすほどの性能を持っており、最新ゲームやどんな動画でも安心して起動することができます。

 

95WとTDP値が高めなので、しっかりとしたCPUクーラーを一緒に備え付けるとより効率よくCPUの性能を低リスクで引き出すことができるでしょう。

 

コア数8ソケットLGA1151
TDP95Wキャッシュメモリ12MB
クロック周波数3.6GHz
3

インテル

Corei9-9900K INTEL300シリーズ

価格:64,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超高性能

ゲームや編集のデータ処理を最も高速で行うことができる第9世代Intel Core i9シリーズです。大容量の動画編集やデータ容量の重いゲームでも安心して起動できるほどの十分な高スペックです。現在最上位モデルというだけあって安定した動画編集とゲームプレイをすることができます

 

コスパがいいとは言えませんが、これ以上ないスペックを求めている人にはおすすめです。

コア数8ソケットLGA1151
TDP95Wキャッシュメモリ16MB
クロック周波数3.6GHz

安い人気おすすめCPU3選

1

インテル

Core i5 9400F

価格:17,751円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マルチタスクかつ安い

日常的な使用や事務作業などの仕事で問題なく使用できることに加えて、ゲームプレイや動画編集もできるスペックを持っていながら1万円台というのは、非常に高いコスパを発揮しています。もちろん動画編集やゲームに関しては多少支障はきたしますが、できないわけでありません。

 

マルチタスクでコスパの高いCPUが一万円台で手に入れられることは非常に魅力的と言えるでしょう。

コア数6ソケットLGA1151
TDP65Wキャッシュメモリ9MB
クロック周波数2.9GHz
2

AMD

Ryzen 5 2400G with Wraith Stealth cooler

価格:16,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

同時起動でも安心

軽量なゲームから基本的なPC作業やインターネット使用などを同時に起動しても問題なく動かすことができるマルチタスクなCPUになっています。このCPUも一万円台とは思えないほどの性能を発揮しています。

 

自作PCを作成する人も安くで性能のいいCPUを手に入れることができるので自作PCを考えている人におすすめのCPUとなっています。

コア数4ソケットAM4
TDP65Wキャッシュメモリ6MB
クロック周波数3.9GHz
3

AMD

Ryzen 3 2200G with Wraith Stealth cooler

価格:10,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高いグラフィック性能

同スペックのIntelにはないグラッフィック性能が魅力的なAMDのCPUです。低価格ですが、そこそこのスペックを誇ります。最高水準とはいきませんが、Officeやブラウジングなどの軽作業などは問題なく行うことができます。

コア数4ソケットAM4
TDP65Wキャッシュメモリ6MB
クロック周波数3.7GHz

人気おすすめCPUクーラー3選

1

サイズ

オリジナルCPUクーラー 虎徹 Mark II

価格:4,242円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番のCPUクーラー

メモリなどの内部の物理的干渉を抑えたオフセットデザインがなされており、高い取り扱いやすさが魅力的なCPUクーラーとなっています。扱いやすさの向上に加え、従来のモデルの冷却性能を引き継いでいるので、安定した冷却を行うことができます。

 

初心者にもおすすめな高い冷却性能と使いやすさが魅力の定番CPUクーラーとなっています。

ソケットLGA1151/AM4特徴オフセットデザイン
2

サイズ

サイドフロー型CPUクーラー

価格:2,667円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷却性能抜群

取り付けが楽なピンプッシュ式で細かい作業が苦手な人でも簡単につけることができます。また冷却性能も抜群で負担のかかる作業でも安心してCPUに任せることができます。音も静かで不快な駆動音は気にならない程度に抑えられています。

ソケットLGA1151/1150など特徴オフセットデザイン
3

LC-POWER

CPUクーラー

価格:2,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い熱伝導率を発揮

CPUとの熱伝導率が高い銅を採用しており、CPUの放出する熱を余すことなく吸収し、しっかりと冷却してくれます。データ処理で負荷がかかってしまっても温度を安定させるので、処理落ちなど起こすこともありません。

 

静音性も高く、作業やゲームにしっかりと集中することができます。初心者でも簡単に組み立てと設置ができるのも嬉しいポイントです。

ソケットIntel/AMD両対応特徴高熱伝導率

人気おすすめCPUグリス

人気おすすめCPUグリス10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

CPUの訂正温度と確認方法は?

ここではCPUをより長く使っていくための適正温度とその確認方法を紹介していきます。精密機械なのでしっかりと管理してあげることが大事です。

CPUの適正温度

CPUの最適な温度は40度程度だと言われています。この温度は低負荷時の温度でこの温度を維持できれば、CPUへの負荷を最小限で済ますことができます。中負荷であれば50度程度です。高い負荷がかかっている場合は70度以上になります。

 

なるべくCPUの温度は40~50度に維持できるようにしっかりと冷却してあげましょう。温度が下がらない場合はスペックの高いものに買い換えるべきと言えるでしょう。

温度の確認方法

温度管理をするには温度を把握しておく必要があります。温度を確認するためにはいくつか方法があります。まず1つが有料の温度管理ソフトをインストールすることです。これが一番手っ取り早いですが、有料という点が気がかりです。

 

次はPCの設定から確認する方法です。Windows10ではコンピューター管理画面から確認することができます。表記の仕方がややこしいのでわかりずらいという人もいるかもしれません。そんな人には温度管理機能つきの冷却機がおすすめです。

 

CPUやPCに設置するだけで常に温度を表示しながら冷却をおこなってくれるので非常に便利です。デザインもオシャレなものが多くなってきています。

まとめ

今回は様々な視点から人気のCPUの選び方やおすすめ商品を紹介していきました。CPUはそのままPCの性能に直結する大事な部分です。しっかりと選んで快適なPC環境を整えてあげましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ