記事ID2736のサムネイル画像

【大型から小型まで】観葉植物の人気おすすめ商品を徹底紹介

観葉植物をお部屋のインテリアとして飾ると、癒やしの空間になり自然と心身ともにリラックスできます。しかし、大型から小型までその種類は数多く、初心者の方には難しいですよね。今回は観葉植物の選び方とおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

観葉植物の魅力

観葉植物とは主に葉の形や色合い、長さを育てて楽しむ植物のことを指します。最近では小さめの芽から育てる栽培キットのようなものもあり、観葉植物をインテリアとして楽しむ需要は増えてきています。

 

観葉植物にはリラクゼーション効果もあるので、室内に置いておくだけでもお部屋が柔らかな雰囲気になります。また、ベランダなどの屋外に育てることで、ゆっくりと育ってゆく植物の成長に喜びを感じられるようになります。

 

最近では可愛いハート型の葉をした観葉植物や、吊りながら楽しむ小さな観葉植物が可愛いと人気ですよ。

インテリアとして部屋を飾り付け

観葉植物はインテリアアイテムとして非常に人気です。特に小さいタイプの観葉植物は棚やテーブルにも気軽に置いておけるので、ワンルームタイプのお部屋でも飾りやすいです。水やりをあまりする必要のない観葉植物であればインテリアとしてもおすすめですよ。

プレゼントにもおすすめ

観葉植物は男女ともにインテリア用品として人気のため、プレゼントとしても渡しやすいのがポイントです。小さいタイプの観葉植物であれば直接ラッピングして渡せますし、大きいタイプの観葉植物もサプライズで渡すと喜ばれること間違いなしですよ。

観葉植物の選び方

観葉植物のおすすめ商品を紹介する前に、まずはそれぞれのシーンに合わせた観葉植物の選び方について紹介していきます。

置く場所で選ぶ

観葉植物は置きたい場所によって選ぶべきポイントが異なります。ご自身のお部屋やプレゼントしたい相手のお部屋を確認した上で、観葉植物を置けそうなスペースがどこにあるかをチェックしておきましょう。

室内

室内に観葉植物を置きたい場合、観葉植物の適切な日当たりによって置くべき場所が決まってきます。日当たりのよい場所やレースカーテン越しなどの明るい日陰に置く場合、比較的日光が必要な室内観葉植物を選ぶことをおすすめします。

 

ただし、夏場の直射日光には弱いタイプが多いので夏にはレースカーテンなどで直鎖日光を避けましょう。日陰に強い観葉植物の場合は蛍光灯の下に置いておくことも可能ですが、白熱球などの暗い日陰では長期間の育成は不可能となります。

 

この場合は週に3〜4日は日光の当たる場所に移動させて数時間日光浴をさせることで、長期間の育成を保たせることができます。また、棚の上に飾りたい場合などは予めスペースのサイズを計測しておきましょう。

屋外

屋外観葉植物の場合、1年を通してベランダやテラスに置いておくことになります。そのため、寒さに強い観葉植物が屋外用として適しています。観葉植物にはそれぞれ耐寒度があるので、耐寒度数が0度〜10度であれば寒さに強く屋外に適していると言えます。

浴室

浴室に観葉植物を飾りたい場合、高温多湿の環境を好む観葉植物が適しています。ただし、浴室内に窓があるタイプとないタイプでは育て方が異なるので注意が必要です。窓がある場合は日頃から窓を開けるなどして風通しの良い環境にしておきましょう。

 

また、高温多湿を好む観葉植物のため、窓近くに置いてあると急な低温下により弱ってしまう可能性があります。寒い季節になったら窓から離した環境に置きましょう。浴室内に窓がない場合は週に何度か明るい日陰に移動させ、レースカーテン越しに日光浴させましょう。

サイズで選ぶ

観葉植物には大中小さまざまなサイズ展開がされているので、サイズから選んでみることもインテリアとして飾るイメージが付きやすいのでおすすめですよ。

大型

大型の観葉植物の場合、大人の男性の腰元から頭を超えるほどまで成長するタイプが多いです。観葉植物を購入する際は鉢の大きさに注目する方が多いですが、樹形にも注目しておくことが重要です。

 

特に、縦・横に成長するタイプの観葉植物や葉が生い茂るタイプの観葉植物は購入初期よりも成長して更に場所を取る可能性が高いです。大型観葉植物を購入したい場合は、事前に余裕のあるスペースを確保できることを確認しておきましょう。

小型

サイズを確認したい場合、観葉植物では「号」という表現がされます。大型観葉植物の場合は7号〜、中型観葉植物の場合は5・6号が基本的なサイズとなります。小型観葉植物はテーブルや棚に飾りやすい2号〜4号が適しています。

 

小型観葉植物であればワンルームタイプのお部屋でもいくつかの種類を楽しむことも可能ですね。また、プレゼントとしても渡しやすく喜ばれやすいので、観葉植物のなかでも小型観葉植物は人気です。

育てやすさから選ぶ

仕事が忙しい・出張が多いなど、家にいる機会が少ない方もいますよね。また、観葉植物は育てたくても手間が面倒で手が出ないという方もいるでしょう。そんな方は観葉植物として比較的育てやすいものから選んでみることがおすすめですよ。

水やりが少なくても育つ

観葉植物を選ぶ上で重視したいのが、水やりの頻度です。特に忙しい朝に水やりをする時間がないという方も多いでしょう。しかし必ずしも水やりが必要なことはなく、観葉植物のなかには水やりが少なくても十分に育てることができるタイプも多いのです。

 

もともと乾燥地帯で育ちやすい観葉植物であれば、1日に何度も水やりをする必要がないので安心です。ただし、水やりの頻度が低い観葉植物だからと言って、1回に与える水分量を多くしないように注意してください。

日陰でも育つ

観葉植物だからといって必ずしも明るい日光が当たる場所を好むわけではありません。特にお部屋のスペースが少ない・ベランダがないという方でも育てやすいのが、日陰を好む観葉植物。日陰であれば室内のどんなところでも育てられるので選びやすいですよね。

 

ただし、長期間育てたいという方は日陰にずっと置いておくことはおすすめしません。週に何度かはレースカーテン越しの場所に移動させ、観葉植物に日光浴をさせましょう。ただし直射日光は嫌うため、あくまでレースカーテンの内側に置くだけで大丈夫です。

耐暑性・耐寒性がある

屋外に出しておきたい場合は、寒さや暑さに弱い観葉植物だと頻繁に場所を移動させたり室内に移動させたりと何かと手間がかかってしまいます。ずっと置いておきたいという方は、観葉植物の耐暑性・耐寒性をチェックしておきましょう。

害虫に強い

観葉植物を育てるうえで気になるのが、病害虫問題。虫食いにあってしまったり植物自体が病気になって弱ってしまうと、成長がストップしてしまい元気がなくなってしまいます。

 

長く育てたい場合は病害虫対策の薬品などを購入しなければならず、コストがかさみます。しかし、病害虫に強いタイプの観葉植物であれば、対策をしなくても長く育てることができますよ。

風水効果で選ぶ

実は、観葉植物は風水的にも効果があることをご存知でしょうか。風水を気にしている方であれば、観葉植物をどの方角に置くべきかが気になってきますよね。また、観葉植物の種類によっても風水効果が異なるので、気になる方は風水から選んでみることもおすすめです。

室内用観葉植物人気おすすめ商品3選

1

[観葉植物の専門店 彩植健美]

ヒメモンステラ 6号鉢

価格:4,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハート型の葉が魅力的

ヒメモンステラはユニークな葉の形が特徴的な観葉植物です。室内で育てる場合、レースカーテン越しの日光が当たる場所が適しています。ただし、エアコンの風に直接当たると葉が痛みやすいので、直接当たらない場所にしましょう。

 

葉が広いためホコリがつきやすいので、2〜3日に一度は葉付近の掃除をしてあげましょう。水やりは、気温が10度以上の日は土の表面が乾燥していたらたっぷりとした水・10度以下の日は土の表面が乾燥してから2〜3日後に水やりをすることがポイントです。

 

耐寒性に弱い植物ですが、乾燥させて樹液の濃度を高めることで耐寒性を強めることができます。また、葉水には病害虫予防も兼ねて毎日1回の霧吹きをしておくことをおすすめします。

サイズ50~60(高さ)×50(幅)cm 日当たり半日陰
耐寒やや弱い(10度)水やり10度以上たっぷり/10度以下少なめ
病害虫やや強い(毎日1回霧吹き)
2

[観葉植物の専門店 彩植健美]

アレカヤシ 8号鉢

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レストランやホテルに多く飾られている

アレカヤシは大型の室内観葉植物として、レストランやホテルのロビーなどで見かけることの多い観葉植物です。室内で育てる場合、健康的な植物に育てるためにレースカーテン越しの日光が当たる場所に置いておきましょう。

 

ただし、エアコンの風が直接当たると葉が傷むので直接当たらない場所にしてください。アレカヤシは気温が低くなると休眠します。そのため、15度以上の日は土の表面が乾燥したらたっぷりとした水15度以下の日は土の表面が乾燥して2〜3日後に水やりをしましょう。

 

寒さに弱いので寒い日は水やりの頻度を減らしつつ、葉が落ちてきやすくなったら水やりの頻度を増やすなどして調整をしましょう。また、病害虫予防も兼ねて毎日1回は葉水として霧吹きをしてください。

サイズ90~110(高さ)×70(幅)cm日当たり日陰
耐寒やや弱い(10度)水やり15度以上たっぷり/15度以下少なめ
病害虫やや弱い(毎日1回霧吹き)
3

[観葉植物の専門店 彩植健美]

ポトス 8号鉢

価格:6,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者の方にも育てやすい

初心者の方にも育てやすいのがポトスです。育て方によっていろんな伸び方をするので、飽きが来ない植物として観葉植物のなかでも人気が高いです。室内で育てる場合、レースカーテン越しの日光が当たる場所が適しています。

 

ただし、エアコンの風に直接当たると葉が痛みやすいので、直接当たらない場所にしましょう。葉が広いためホコリがつきやすいので、2〜3日に一度は葉表面の掃除をしてあげましょう。

 

水やりは、気温が10度以上の日は土の表面が乾燥していたらたっぷりとした水・10度以下の日は土の表面が乾燥してから2〜3日後に水やりをすることがポイントです。また、葉水には病害虫予防も兼ねて毎日1回の霧吹きをしておくことをおすすめします。

サイズ90~100(高さ)×35(幅)cm日当たり半日陰
耐寒やや弱い(10度)水やり10度以上たっぷり/10度以下少なめ
病害虫普通(毎日1回霧吹き)

屋外用観葉植物人気おすすめ商品3選

1

アートクリエイション

オリーブ

価格:8,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美肌・健康効果をもつ葉を有効活用

ガーデニングインテリアとしてもアクセントになりやすいシルバーの葉が特徴的なオリーブの葉は、ポリフェノール・鉄分・カルシウムなどが豊富に含まれています。入浴剤として浴槽に入れたり、お茶に入れることで美容・健康効果を得られます。

 

オリーブは日当たり・風通しの良い屋外で育てることに適しています。基本的に0度程度であれば外に置いておくことが可能ですが、長く育てなくてもいいのであればマイナス10度程度の環境でも育てることができます。

 

水やりは、土の表面が乾燥したら鉢底穴から水が出るほどたっぷりと水を与えましょう。

サイズ90(高さ)cm日当たり風通しのいい日当たり
耐寒普通(0度)水やり普通
病害虫強い
2

BunBunBee

オーガスタ

価格:5,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トロピカルな気分になる南国風植物

オーガスタはバナナの葉のようなトロピカル感あふれる葉が人気の観葉植物です。リゾート感のあるインテリアにしたい方におすすめですよ。冬場は気温が10度以下になる日は室内に入れることをおすすめしますが、それ以外は基本屋外で育ててみてください。

 

ただし、直射日光は葉焼けの原因になるので遮光ネットなどを用いて遮光をしてください。気温が10度以上の日は、土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えましょう。ただし表面の土をつまんでみて、少しでも湿っている場合は水やりは不要です。

 

10度を下回る気温の日は、土の表面が完全に乾燥してから2〜3日後に水やりをしてあげてください。また、室内に移動させ葉の表面にも十分な霧吹きをするように気を配りましょう。

サイズ50〜60(高さ)×20(幅)cm日当たり日向
耐寒やや弱い(10度)水やり10度以上たっぷり/10度以下少なめ
病害虫強い
3

パキラと観葉植物専門店Marubun

アロエベラ

価格:1,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物としても人気のアロエ

アロエには500種類ほどのタイプがありますが、その中でも代表的な種類がアロエベラです。アロエベラは大きめで肉厚な葉が特長的です。春や秋など日差しがきつくない日は日当たりのいい屋外に適しています。

 

しかし、日差しの強い夏の日は室内に移動させておくと長く育てることができます。春から秋にかけて鉢土が白っぽく乾いたら水やりをしましょう。冬に屋外に置いている場合は、暖かくなるまで水やりをする必要がありません

サイズ25〜40(高さ)cm日当たり日向
耐寒普通(0度)水やりやや少なめ
病害虫普通

浴室用観葉植物人気おすすめ商品3選

1

遊恵盆栽

スパティフィラム

価格:2,916円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

白い花が可愛くて特徴的

光沢のある葉と白い花が特徴的なスパティフィラムは、花がない場合は長期間の日陰にも耐えられるため浴室で育てることに向いています。窓がある浴室であれば窓際に置いて日光にあてると花が咲くこともありますよ。

 

室温が15度以上の浴室内であれば、土の表面が乾燥したら水をたっぷりと与えてください。寒い冬の日など室温が15度以下になれば、土の表面が乾燥して2〜3日後に水やりをすることが好まれます。

サイズ30(高さ)×20(幅)cm日当たり日光
耐寒やや弱い(10度)水やり15度以上たっぷり/15度以下少なめ
病害虫普通
2

charm(チャーム)

プテリス

価格:545円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浴室に最適な観葉植物

プテリスは耐陰性が強く高温多湿の環境を好むため、浴室で育てるのに適した観葉植物です。5度以上の室温環境であれば冬場でもそのまま置いておくことができるので、比較的育てやすいです。

 

ただし乾燥には弱いので、特に春から秋にかけての生育期には水を切らさないように注意してください。霧吹きでも適宜葉水を与えるようにしましょう。また、水を鉢に溜めすぎると枯れやすくなるため受け皿の水切りは定期的に行いましょう。

サイズ50(高さ)cm日当たり日陰
耐寒普通(5度)水やり多め
病害虫普通
3

園芸ネット

ハラン(葉蘭)

価格:1,663円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

殺菌作用のある葉が特長

ハランは殺菌効果のある葉をもち、お弁当の仕切りなどに添えられていることが多いです。基本的に日陰を好み、乾燥した環境よりは湿り気のある環境を好むため浴室で育てることにも適しています。

 

夏場は土の表面が乾燥したらたくさん水を与えてあげることが好まれますが、水をあげすぎると植物が増えすぎてしまいサイズが大きくなる可能性もあります。冬は水やりを数日に1回程度にしておきましょう。

サイズ20〜100(高さ)cm日当たり日陰
耐寒やや弱い(5度)水やり多め/冬は控えめ
病害虫普通

大型観葉植物人気おすすめ商品

大型観葉植物人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

小型観葉植物人気おすすめ商品

小型観葉植物人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

育てやすい観葉植物人気おすすめ商品

育てやすい観葉植物人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

風水効果のある観葉植物人気おすすめ商品

風水効果のある観葉植物人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

観葉植物の育て方のコツ

観葉植物を購入したら、長く元気な状態をもたせるためにも、適切な育て方のコツを掴んでみましょう。

日光

日光を好む観葉植物はもちろんのこと、半日陰や日陰を好む観葉植物でも、1週間のうち数日は日光に当てる時間を作りましょう。と言っても直射日光に当てると葉焼けする原因になってしまうので、室内のレースカーテン越しに置いておくことがおすすめです。

水やり

水やりは観葉植物それぞれに適した頻度で与えてあげましょう。基本的には土の表面を指でつまんでみて、サラサラと乾燥している状態であれば水やりのタイミングとして最適です。ただし気温が低い日は水やりの頻度が少なくても良い観葉植物もあります。

 

また、葉の表面に霧吹きをして葉水を与えることも元気な観葉植物に育つ大きなポイントです。葉だけでなく茎や幹の部分にも霧吹きをしてあげることで、活き活きとしますよ。

温度管理

観葉植物は基本的に15度以上の環境ですくすくと育ち、10度以下の環境になると育てるのが厳しい状態になるタイプが多いです。寒さに弱い観葉植物を屋外や窓際に置いている場合は、暖かい室内に移動させておきましょう。

風通し

湿度の高い環境を好む観葉植物もいますが、風通しの良い環境に置いておくことで病害虫予防に繋がります。室内や浴室で育てたい方は定期的に窓を開けて風通しの良い環境を作ってあげましょう。

肥料

元気に長続きさせたいのであれば、肥料にもこだわってみましょう。肥料を与えるタイミングは葉茎が弱々しくなったとき・花を咲かせたいときの2つです。葉や茎が弱った観葉植物には窒素・リン酸・カリウムの3つが含まれる肥料をおすすめします。

 

固形タイプの肥料の場合は鉢土の上に、鉢の縁に沿って置いて下さい。液体タイプの肥料の場合は適量を水やりと一緒にまんべんなくかけて下さい。肥料は与え過ぎたからといってよく育つわけではないので、適切な量を守ってタイミングを見ながらあげましょう。

まとめ

今回はインテリアとしても人気の観葉植物を紹介しました。観葉植物は種類によって置き場所や水やりの頻度など、育て方が異なります。またそれぞれの葉の形や伸び方も特徴的で成長が楽しい植物ばかりなので、この機会にぜひ観葉植物を育ててみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ