記事ID2771のサムネイル画像

【抜群の空気清浄力を】人気のダイソン空気清浄機を徹底比較

掃除機で有名なダイソンですが、実は空気清浄機も非常に優秀であることはご存知ですが?様々な機能があるダイソンの空気清浄機を機能や価格で徹底的に検証し、あなたにピッタリのダイソンの空気清浄機をおすすめしますので、ぜひ記事の最後までご覧ください。

抜群の効果を発揮するダイソンの空気清浄機

ダイソンといえば、強力なモーターと集塵力で人気を誇る掃除機を連想する方はかなり多いはず。しかし、実は掃除機のノウハウを様々な製品で生かしており、中でも空気清浄機は非常にすばらしい性能として評価されています。

 

空気中のほこりや細菌などをキレイにするだけではなく、様々な最新機能で使いやすいのが特徴的。もし、まだダイソンの製品を持っていなかったとしても掃除機からではなく空気清浄機から使い始めることをおすすめします。

 

ここではダイソンの人気清浄機のおすすめをご紹介し、ご紹介させていただいた空気清浄機を徹底的に比較。比較した空気清浄機ごとにおすすめしていくので、記事の最後までご覧いただけたら、自分にピッタリのダイソン空気清浄機が見つかりますよ。

ダイソンの空気清浄機の選び方

一口にダイソン空気清浄機といっても、機能や使い方そして価格は様々です。コストパフォーマンスや機能の違いで自分にあったダイソン空気清浄機を選びましょう。

ダイソンの空気清浄機の価格で選ぶ

まずは価格で選びましょう。かなり価格が異なってきますので、お財布事情と相談して選ぶのがマスト。単純に空気をキレイにしたいというシンプルな理由であれば、3万円台で購入することも可能です。

 

また、さらに多様な機能を盛り込んだものや最新型を購入したい場合、4万~6万を超える価格となってきます。予算が潤沢にあれば価格が高いものをおすすめしますが、使い方によって選ぶのもよいでしょう。

 

価格が安いものであっても十分な空気清浄能力を持っていますので、非常にコストパフォーマンスが高いのが最大の魅力。ほかの用途としても使いたい場合に価格が高いものを選ぶとよいでしょう。

ダイソンの空気清浄機の機能で選ぶ

適用床面積に対しての空気清浄能力

ダイソンの空気清浄機を購入するうえでまず注目したいポイントは、床面積に対する空気清浄能力です。床面積が広ければ広いほど床面積に対する空気清浄能力が高い方がいいですね。

何部屋にも置きたい場合や床面積が非常に広い場合は2台以上をおすすめします。一部屋12から36畳前後であれば1台で問題ありません。床面積にかかわらず素早く空気清をしたい方は、床面積に対する空気清浄能力が高いものを選ぶようにするにしましょう。

涼風または温風機能

ダイソンの空気清浄機は、単に空気を清浄するだけではありません。機種によっては温風または冷風を流し、ヒーターやクーラーの役目を果たすことも出来ます。


室温管理もでき空気清浄もしてくれるので一石二鳥。あくまでも足元やある程度の範囲の室温調整、あるいはエアコンの補助的な役割として使用することをおすすめします。

 

またほとんどの機種の場合、空気を循環させて室温を管理するというのではなく、真っすぐに温風あるいは冷風を流すといったタイプですのでご留意ください。

遠隔操作できるリモコン

リモコンがあれば、遠くにいながらにして遠隔操作により空気清浄機を動かすことができます。意外と見落としがちなポイントなのですが、簡単操作でスイッチオンオフなどが出来るのは、嬉しいメリット。


特に設置箇所がリビングなど広い場所で使用する方は考慮に入れたいポイントですね。特に飲食店や雑貨店などお客さんが多数いる環境で、なかなか空気清浄機のそばに行けない場合には、リモコンがついている空気清浄機を選ぶのがベターでしょう。

 

ダイソンの空気清浄機のリモコンの中にはマグネット付きのリモコンもありますので、定位置管理しやすいのも特徴的。うっかりリモコンをなくしてしまいがちな方にもおすすめ。

ダイソンリンク(アプリ)の連携機能

ダイソンの空気清浄機の中には、専用アプリであるダイソンリンクというアプリと連携できる機種も存在します。ダイソンリンクというアプリと連携する機種であれば、外にいながらにして自宅の空気をキレイにするこちができます。


また、どの程度空気が汚れているかをアプリでモニターすることもでき、空調管理のスケジュールを組み効率的に空気を清浄してくれます。帰宅する前にあらかじめ室内の状況をモニタリングし、管理できるのは強力なメリットといえるでしょう。


なかなか自宅にいられない方や、空気の状態をモニタリングしたい方には必須の機能と言えるでしょう。

LCDディプレイ機能

いちいちアプリを開いてモニタリングするのは面倒というかたにおすすめしたい機能がLCDディスプレイ。二酸化炭素や調理中に発生する有毒ガスなどをセンサーにより検知。さらにフィルターの寿命や空気の質まで、パッと見てわかるLCDディスプレイで確認出来ます。

 

表示される情報は、ダイソンリンクというアプリと同等程度。しかしスマートフォンを起動させずに、その場でパっとみてわかる表示は非常に心強いですね。外出中はアプリを、自宅にいる際はLCDディスプレイで確認をすれば、空調管理はカンペキ。



ダイソンリンクアプリの使い方がイマイチわからない方や、自宅の空調管理を簡単に把握したい方におすすめです。

ダイソン空気清浄機のおすすめ7選

Dyson(ダイソン)

dyson Pure Cool Me

価格:38,920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽に空気をキレイに

振り機能やドーム部分を回転させることにより、正確に風を送ることのできるのが最大の特徴。本体まで直接行かずとも専用のリモコンで遠隔操作出来るのは見逃せないメリット。


また他のダイソンの空気清浄機よりも比較的フィルターの交換がしやすいので、メンテナンスをするのが面倒なかたにもおすすめ。


床面積に対する空気清浄能力は他の機種と比較するとやや低め。アプリとの連携はありませんが、LCDディスプレイでモニタリング可能。ダイソン独自の技術により、集中した風を真っ直ぐ送ることができます。寝室やトイレなどに設置したい方へおすすめします。

適用床面積7畳(30分)涼風または温風なし
リモコンの有無リモコン(マグネット式)ダイソンリンクアプリとの連携なし
LCDディプレイ機能あり

Dyson(ダイソン)

Dyson Pure Cool Link DP01WS

価格:35,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格でキッチリ空気をキレイに

最新モデルの旧型でありながら、優れた空気清浄能力を持つコンパクトな空気清浄機。サイズがコンパクトなので、テーブルにおいて使用することもでき、トイレや寝室赤ちゃん部屋などに設置するのがおすすめ。

 

最新モデルと比べるとやはり適用床面積は低めですが、普通の広さの住宅であれば全く問題ありません。ダイソンリンクアプリとの連携もあるので、いつでも自宅の空調管理をモニタリングすることもできます。

 

最新でもると比べると現在の価格で約1万円ほどの差がありますが、機能を比べると十分にコストバフォーマンスの高い機種であることは間違いなし。

適用床面積8畳(30分)23畳(60分)温風または冷風冷風のみ
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディプレイ機能なし

ダイソン

Dyson Pure Cool DP04WS

価格:46,764円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでありながら強力な最新型

コンパクトなサイズでありながら、大量の風を生み出し空気を循環させるのが特徴的な空気清浄機。ディヒューズモードで正面以外から風を送り出し空気清浄をすることはもちろん、夏場は正面から心地よい冷風を送ることも可能。


350度首振り機能により、広い範囲で空気清浄をすることもできますね。コンパクトではありますが床面積に対する空気清能力は高め。

寝室に置いてもナイトモードでLCDディスプレイが減光し静音モードになるので赤ちゃんがいても安心。コンパクトかつ協力な空気清浄機をお探しの方におすすめ。

適用床面積12畳(30分)/36畳(60分)温風または冷風冷風のみあり
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディスプレイ機能あり

Dyson(ダイソン)

dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS

価格:44,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温風+冷風もできるただひとつの空気清浄機

優秀な空気清浄能力はもちろん、冷風さらに温風でファンヒーターとしての役割も担うキュ型モデルの空気清浄機。ダイソン独自の技術であるジェットフォーカステクノロジーにより、ワイドとフォーカスで自由自在に空調を管理することができます。

 

他の機種の場合、冷風を送ることはできましたが温風を送る機種はこちらの旧型モデルと最新モデルのみ。1年通して使用することのできるコストバフォーマンスの高い機種ということができるでしょう。

 

ファンヒーター・扇風機・空気清浄機と充実の多機能性を発揮する機種。ファンヒーターとして利用しながらも優秀な空気清浄機が欲しい方におすすめです。

適用床面積8畳(30分)23畳(60分)温風または冷風温風・冷風ともにあり
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディプレイ機能なし

DYSON

Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダイソンのすべてが詰まった空気清浄機

ダイソンの空気清浄機の能力をすべて結集させた、温風+冷風もできる最新型空気清浄機。ダイソンで一番性能が良く多機能な機種が欲しいと思った方は迷わずこちらのモデルをおすすめします。

 

LCDディスプレイ機能やダイソンリンクアプリとの連携で空調を簡単にモニタリングすることもできますし、首振り機能や温風または冷風を送風することで、快適な室内を一年中保つことが可能です。

 

よりみどりの機能が詰まった、ただひとつの空気清浄機。ダイソンの空気清浄機の機種の中で最も優秀なモデルといえるでしょう。

適用床面積9畳(30分)26畳(60分)温風または冷風温風・冷風ともにあり
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディプレイ機能あり

Dyson(ダイソン)

dyson Pure Cool Link TP02WS

価格:30,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムなボディでインテリアとしても

縦長のスリムなボディでインテリアとしても優秀かつパワフルな空気洗浄能力をもつ、旧型モデルの空気清浄機。旧型ではありますが、一般的な住宅であれば全く問題のない空気洗浄能力を持っている機種となっています。

 

最新モデルと比較すると、LCDディスプレイが無く空気清浄能力もある程度劣ってしまいますが、ダイソンリンクアプリとの連携ができ空調をモニタリングできますし、一般的な住宅の室内であれば十分に空気をキレイにしてくれます。

 

縦長のボディなので狭い室内よりもリビングやキッチンなど広めの空間に設置することをおすすめします。

適用床面積9畳(30分)26畳(60分)温風または冷風冷風のみあり
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディスプレイ機能なし

ダイソン

Dyson Pure Cool TP04WSN

価格:55,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新型のパワフルな空気清浄能力は伊達じゃない

旧型モデルと比較すると、抜群にパワフルな空気清浄能力を持つ最新型のタワー型空気清浄機。部屋数が多く、室内が広い住宅に住んでいる方におすすめしたい機種となっています。

 

ダイソンリンクアプリとの連携で空調管理をモニタリングすることもできますが、やはり一目見て情報を把握できるLCDディプレイ機能があるとさらに便利。よりパワフルな送風なので、夏場は冷風で涼むこともでき一石二鳥といえるでしょう。

 

より強力な空気清浄能力をもった機種が欲しい方や、広い床面積を持つ住宅に住んでいる方におすすめします。

適用床面積12畳(30分)34畳(60分)温風または冷風冷風のみあり
リモコンの有無ありダイソンリンクアプリとの連携あり
LCDディプレイ機能あり

ダイソン空気清浄機の徹底比較

ここからは今までにご紹介したダイソンの空気清浄機を価格と機能ごとに徹底的に比較し解説していきます。

価格で比較

商品名
dyson Pure Cool Me
Dyson Pure Cool Link DP01WS Dyson Pure Cool DP04WS dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN dyson Pure Cool Link TP02WS
Dyson Pure Cool TP04WSN
価格 38920円 35000円 47000円 44800円 70000円 60280円 56360円

最安値はDyson Pure Cool Link DP01WS。最高値は万能タイプであるDyson Pure Hot + Cool HP04WSN。

 

費用対効果を考えると最安値のDyson Pure Cool Link DP01WSで、空気清浄能力も高く、空気清浄能力があるコストバフォーマンスの高い機種が欲しい方におすすめです。

 

ただ、ファンヒーターとしての能力もついていながら空気清浄能力もパワフルなdyson Pure Hot + Cool Link HP03WSは価格面でもっともコストバフォーマンスの高い機種で、価格を考えるならdyson Pure Hot + Cool Link HP03WSがおすすめ。

機能で比較

  適用床面積 温風または冷風 リモコンの有無 ダイソンリンクアプリとの連携 LCDディスプレイ機能
dyson Pure Cool Me 7畳(30分) なし あり(マグネット式) なし あり
Dyson Pure Cool Link DP01WS 8畳(30分)23畳(60分) 冷風のみ あり あり なし
Dyson Pure Cool DP04WS 12畳(30分)36畳(60分) 冷風のみ あり あり あり
dyson Pure Hot + Cool Link HP03WS 8畳(30分)23畳(60分) 温風・冷風ともにあり あり あり なし
Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN 9畳(30分)26畳(60分) 温風・冷風ともにあり あり あり あり
dyson Pure Cool Link TP02WS 8畳(30分)23畳(60分) 冷風のみ あり あり なし
Dyson Pure Cool TP04WSN 12畳(30分)34畳(60分) 冷風のみ あり あり あり

 

適用床面積で比較するならDyson Pure Cool DP04WS

抜群の適用床面積を誇るのがこちらのDyson Pure Cool DP04WS。ほかの機種と比べると価格もお手頃で、サイズもコンパクトです。空気清浄にこだわる方は、Dyson Pure Cool DP04WSがおすすめです。

温風・冷風にこだわるなら Dyson Pure Hot + Cool HP04WSN

温風・冷風にこだわるなら間違いなくDyson Pure Hot + Cool HP04WSNでしょう。旧型も温風はでるのですが、室内を温める速さが最新型であるDyson Pure Hot + Cool HP04WSNのほうが優秀です。

リモコンの有無で選ぶならdyson Pure Cool Me

ほとんどすべての機種にリモコンはついているのですが、その中でもマグネット式でリモコンを定位置管理できるdyson Pure Cool Meがおすすめです。

ダイソンリンクアプリとの連携で選ぶならDyson Pure Hot + Cool HP04WSN

最新でモデルであればダイソンリンクアプリとの連携は可能なのですが、その中でもアプリとの連携をし、帰宅する前に部屋を暖かくもできるDyson Pure Hot + CoolHP04WSNがおすすめです。

LCDディスプレイ機能で選ぶならコストバフォーマンスの高いDyson Pure Cool DP04WS

温風こそできませんが、冷風や空調管理、抜群の空気清浄能力をもちながらもお手頃価格のDyson Pure Cool DP04WSがおすすめです。

まとめ

ここまでおすすめのダイソン空気清浄機を徹底比較しご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?掃除機以外にも優秀なダイソンの空気清浄機の魅力が、価格や機能ごとに比較しましたので、ぜひご購入の際にお役立てくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ