記事ID2789のサムネイル画像

【おしゃれで高機能】デロンギのおすすめオイルヒーター7選を徹底比較!

空気を汚さず部屋をじっくり暖めてくれるオイルヒーター。オイルヒーターは多くのメーカーから発売されていますが、中でも人気のメーカーが「デロンギ」です。そこで今回はデロンギのオイルヒーターの選び方や特におすすめの人気製品7選を比較してご紹介します。

デロンギのオイルヒーターの選び方

デロンギが発売しているオイルヒーターは製品により価格や特徴がさまざまです。まずは、デロンギのオイルヒーターを選ぶ際に注目するポイントを見ていきましょう。

使用する部屋の広さで選ぶ

デロンギのオイルヒーターは製品により、適応床面積が異なります。オイルヒーターはエアコンのように温風を出して部屋を暖めるのではなく、本体から発する熱でじんわりと部屋を暖かくするのが特徴です。

 

他の暖房機器に比べて、暖まるのに時間がかかるので、使用するスペースに必要なパワーを持っている製品を選ぶことが大切。部屋の広さに対応していない製品を選ぶと、暖まるまでの時間が長かったり、あまり効果を感じることができないといったことも多いです。

 

デロンギには3畳まで対応のコンパクトなものから、13畳まで対応しているものまでありますので、使う部屋に合わせたオイルヒーターを選ぶようにしましょう。より早く暖めたい人は少し適応床面積が広めのものを選ぶのがおすすめです。

暖房能力で選ぶ

オイルヒーターの暖房力を決めるのは消費電力。消費電力の高いものであれば、それだけ暖房能力も高いです。デロンギには最大消費電力が500Wのものから1500Wのものまでラインアップされていますので、自分のニーズに合った暖房力のオイルヒーターを選ぶことができます。

 

暖房力を比較する際は、消費電力以外にフィンの形状や枚数も注目しておきたいポイントです。デロンギオイルヒーターのフィンの形状は大きく分けて「X字型」と「L字型」の2タイプがあり、暖房力が高いのはX字型。X字型のほうが面積が広いのでそれだけ暖房力も高いです。

 

また、フィンの枚数が多ければ、それだけ暖まりやすくなります。暖房力で選ぶのであればフィンが大きく、枚数が多いのを選ぶのがおすすめですが、それだけサイズも大きくなります。設置スペースの余裕も確認して選ぶようにしましょう。

機能で選ぶ

便利な機能が搭載されているモデルも数多くあるデロンギのオイルヒーター。自分が必要な機能を搭載している製品を選ぶようにしましょう。

タイマー機能

オイルヒーターを快適に使うのに欠かせないのがオンとオフのタイマー機能です。オイルヒーターは部屋全体を暖めるのに少し時間がかかってしまうので、起床前や帰宅時間に合わせてセットしておくことで、寒さを感じずに過ごすことができます。

 

就寝後にオフになるようにセットしておけば、電気代を節約することも可能。デロンギはタイマー機能が充実しているオイルヒーターが多く、24時間の間で細かく設定できるものもあります。15分単位で自由に設定ができ、エアコンのタイマーよりも使いやすいと評判です。

省エネ機能

オイルヒーターは温度が上がりすぎないということもあり、つい付けっぱなしにしてしまいがちです。1度暖めると、その暖かさを持続するというのが特性ですので、うまく使うことで電気代を節約することができます。最初は強にして使い、暖まれば弱運転などパワーの調整ができるものがおすすめ

 

また、自動でエコ運転してくれる省エネ機能が搭載しているモデルだと便利です。通常運転よりパワーを緩めて運転するエコモードや温度を自動的に調整してくれる温度調節機能があれば、操作不要で電気代を抑えることができます。デロンギには省エネ機能搭載モデルがたくさんありますので、電気代を節約したい人は要チェックです。

チャイルドロックなどの安全機能

オイルヒーターは安全性の高い暖房機器ですが、赤ちゃんや小さい子供がいる家庭にはいたずら防止の「チャイルドロック機能」が付いているものだと安心です。転倒すると電源がオフになる機能や、異常な温度上昇を防止する機能が備わっているものであれば万が一の事故も防ぐことができます。

 

また、オイルヒーターの表面温度も気を付けたいです。デロンギのオイルヒーターは表面温度が「60度」〜「80度」のものまで用意されていますが、安全性を重視するなら、なるべく高くないものを選ぶとより安心なのでおすすめです。

リモコン

エアコンと違い、オイルヒーターは運転操作を本体のボタンでするものがほとんどですが、デロンギにはリモコン付きのモデルもあります。リモコンがあればソファやベッドから簡単に遠隔操作ができるので便利です。タイマーやeco運転などもリモコンで操作できるので、使いやすさを重視する人にはリモコン付きのものがおすすめです。

価格で選ぶ

オイルヒーターは基本的に暖房能力が高く、高機能なものほど、価格も高くなります。デロンギの製品も例外ではなく、消費電力や速暖性の高いものほど価格は高く、便利な機能が備わっていると、それだけ価格も上がっていきます。

 

できるだけ値段を抑えたい場合は自分の必要な機能だけに絞ることです。デロンギのオイルヒーターには8~10畳対応で、省エネ機能やチャイルドロック機能が搭載されていないモデルなら、1万台で購入できる製品もあります。一人暮らしの人で安い価格で購入したいという人は、機能を絞った製品を選ぶのもおすすめです。

おしゃれなデザインで選ぶ

デロンギのオイルヒーターはグッドデザイン賞を受賞するなどおしゃれな製品が多いことで定評があります。スタイリッシュでおしゃれなオイルヒーターは、インテリアとしても映えるので、デザイン性で選ぶのもおすすめ。カラーバリエーションも豊富なので、インテリアと合わせたカラーのものも選びやすいです

デロンギのオイルヒーターのおすすめ商品7選

DeLonghi(デロンギ)

オイルヒーター ドラゴンデジタルスマート QSD0712-MB

価格:29,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性が高く子供部屋で使うのにぴったり

最大出力は1200Wで10畳まで対応しているデロンギのオイルヒーター。温度は10~28度の間で細かく設定でき、パワーは三段階で調節することができます。タイマー機能に加え、省エネモードも搭載しているので電気代を節約することも可能。

 

強で運転しても表面温度は60度までしか上がらないので、万が一触れてもやけどの心配もありません。チィイルドロックや転倒時自動オフなどの安全機能も搭載しており、子供部屋での利用もおすすめです。

サイズ幅265×奥行460×高さ660mm適用床面積8~10畳
消費電力1200/700/500W表面温度60度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロックなど

DeLonghi(デロンギ)

オイルヒーター ベルカルド RHJ75V0815-CR

価格:45,827円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リモコン付きのおしゃれな高機能タイプ

インテリアに合わせやすいおしゃれなデザインが特徴のデロンギ製品です。1500W消費電力で、最大13畳まで対応しているので、リビングでの使用に最適。ECO運転とデジタル式24時間タイマー搭載で、電気代の無駄を防ぐことができます。

 

温度の設定、ECO運転への切り替えなどはリモコンで遠隔操作できるので便利です。キャスターには事故防止用のロックも付いているので、安全性も高く子供がいる家庭でも安心。本体にリモコン用ポケットやコードホルダーも付いているので、すっきり収納することができます。

サイズ幅495×奥行300×高さ680mm適用床面積10~13畳
消費電力1500/900/600W表面温度65度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロック、リモコンなど

DeLonghi(デロンギ)

オイルヒーター NJ0505E

価格:16,414円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち運びしやすく省スペースでも使いやすい

オイルヒーター「NJ0505E」の魅力は、幅175×高さ385mmというサイズのコンパクトさです。場所も取らず、脱衣所やお手洗いなど、小さいスペースを暖めるのに便利。消費電力は500Wですが、約3畳までのスペースを暖めるのに十分なパワーを持っています。

 

最大20%電気代をカットできるECOモード機能の他、自動的にオン/オフを繰り返すサーモスタット(温度調節)機能も搭載。電気代を節約しつつ、心地良い温度を保ってくれます。表面は70℃ほどと、万が一触れてしまってもやけどしにくい温度で安心です。

 

サイズ幅175×奥行375×高さ385mm適用床面積1~3畳
消費電力500W表面温度70度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロックなど

デロンギ

デロンギ マルチダイナミックヒーター(10~13畳)【暖房器具】De'Longhi MDHU15-PB

価格:64,810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

部屋を素早く温めてくれる速暖機能付き

従来のデロンギオイルヒーターに比べ、2倍の早さで部屋を暖めてくれる「速暖機能」搭載モデル。輻射熱と自然熱対流で、お部屋を素早く万遍なく温かくしてくれます。出力は5段階で変更でき、温度は32通り・秒単位で細かく調整することが可能

 

設定温度に達すれば自動で電力を抑えてくれるので、省エネ効果も高いです。表面は約60℃と低温で、チャイルドロックにキャスターロック機能と安全性も高く、赤ちゃんのいる家庭でも安心して使用できます。

 

 

サイズ幅275×奥行510×高さ665mm適用床面積10~13畳
消費電力1500/1200/900/600/300W表面温度60度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロックなど

DeLonghi(デロンギ)

マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル MDH15WIFI-BK

価格:68,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利なWi-Fi機能搭載の上位モデル

デロンギが発売しているオイルヒーターのハイエンドモデルです。本製品にはWi-Fi機能が搭載されていて、電源ON・OFF、温度調節、スケジュール運転などの操作をiPhoneをはじめとするapple端末で行うことができます

 

Apple TVがあれば外出先から操作することも可能。帰宅時間に合わせて操作できるので便利です。オイルヒーターとしての性能も高く、速暖性に優れ、床から天井付近まで部屋を均一に暖めてくれます。価格は少し高いですが、使いこなせば快適性がアップすること間違いなしの高機能製品です。

サイズ幅275×奥行495×高さ665mm適用床面積10~13畳
消費電力 1500/1200/900/600/300W表面温度60度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロック、Wi-Fi機能など

DeLonghi(デロンギ)

オイルヒーター JRE0812

価格:22,661円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの高いベーシックモデル

最大出力は1200Wで、10畳までのお部屋に対応しているデロンギオイルヒーターのベーシックモデル。ECO運転モードにタイマー機能、安全チャイルドロック機能も搭載していてこの価格なので、コストパフォーマンスの高い製品です。

 

温度は10~28℃で調整でき、、パワーも強1200W・中700W・弱500Wの3段階で選べます。誰でも操作しやすいデジタルタッチパネル採用で、初めてオイルヒーターを購入する人にもおすすめの使いやすいモデルです。

サイズ幅260×奥行425×高さ650mm適用床面積8~10畳
消費電力 1200/700/500W表面温度70度
機能ECO運転、タイマー、チャイルドロックなど

DeLonghi(デロンギ)

デロンギ オイルヒーター サーマルカットフィン8枚 【8~10畳用】 ホワイト HJ0812

価格:17,941円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能を抑えたリーズナブルさが人気

デロンギのオイルヒーターの中でもリーズナブルなベーシックモデル。安さの理由は必要な機能だけに絞っている点です。チャイルドロックやエコ運転モード、温度調節などの機能は搭載されておらず、表面温度も約80度とデロンギ製品の中では若干高め。

 

安全面や省エネ性では上位モデルに劣りますが、子供のいない家庭であればチャイルドロック機能は必要ありません。出力は1200Wで、8畳までのワンルームを暖めるのには十分なパワーを持っています。タイマー機能も付いていて使いやすく、安い値段でデロンギのオイルヒーターが欲しいという人におすすめのモデルです。

サイズ幅260×奥行420×高さ640mm適用床面積8~10畳
消費電力1200/700/500W表面温度80度
機能タイマー、安全プラグなど

デロンギのオイルヒーター7選の徹底比較

ここからは紹介したデロンギのオイルヒーター7製品の価格や機能面を比較していきます。それぞれのおすすめ製品を紹介しますので参考にしてみてください。

価格で比較

商品名 QSD0712-MB RHJ75V0815-CR NJ0505E MDHU15-PB MDH15WIFI-BK JRE0812 HJ0812
価格 ¥29,000 ¥45,827 ¥16,414 ¥64,810 ¥68,300 ¥22,661 ¥17,941

今回紹介したデロンギ製品の価格を見てみると、最安値は16,414円、一番高価なものは68,300円とかなりの差があるのが分かります。最安値の「NJ0505E」は脱衣所など限られたスペース向きの製品ですので、室内で利用するのであれば17,941円の「HJ0812」が最もリーズナブルです。

 

ただし「HJ0812」にはエコ運転モードや温度調節、チャイルドロックなどの機能が付いていません。その次に安い「JRE0812」は22,661円と若干価格は上がりますが、省エネ機能搭載なので電気代を抑えることができます。使いやすさや電気代などを含めると、「JRE0812」が一番コスパが高くおすすめです。

機能で比較

  適用床面積 最大消費電力 タイマー 省エネ チャイルドロック リモコン Wi-Fi
QSD0712-MB 8~10畳 1200W
RHJ75V0815-CR 10~13畳 1500W
NJ0505E 1~3畳 500W
MDHU15-PB 10~13畳 1500W
MDH15WIFI-BK 10~13畳 1500W
JRE0812 8~10畳 1200W
HJ0812 8~10畳 1200W

適用床面積・最大消費電力などパワー

最大出力が1500Wの製品が3つありますが、中でもおすすめなのは「MDHU15-PB」と「MDH15WIFI-BK」です。この2つの製品は出力を5段階で調節でき、「速暖機能」も搭載しています。部屋を素早く暖めてくれるパワーなら他の製品に比べて優れているので、速暖性を重視する人におすすめです。

タイマー

タイマー機能は「HJ0812」以外のすべての製品に付いていますが、オンとオフの同時設定ができるのは「RHJ75V0815-CR」「MDHU15-PB」「MDH15WIFI-BK」の3つ。24時間好きな時間にオンとオフの設定ができるので便利です。3製品ともタイマー機能の性能は同じなので、価格を抑えたい人には「RHJ75V0815-CR」がおすすめです。

省エネ

ecoモードや温度調節などの省エネ機能は「HJ0812」以外の6製品に搭載されています。中でも「MDHU15-PB」「MDH15WIFI-BK」は消費電力を5段階で切り替えることが可能ということで、省エネの面で優れています。WiFi機能が必要ないのであれば「MDHU15-PB」がおすすめです。

チャイルドロック

チャイルドロック機能も「HJ0812」以外のすべての製品に搭載されています。赤ちゃんや小さいお子様がいて、安全性を重視するなら「QSD0712-MB」「MDHU15-PB」「MDH15WIFI-BK」の3つがおすすめ

 

この3製品は平均表面温度が60度と低く、「転倒時電源OFF」「温度加熱防止」といったオイルヒーターに必要な安全機能はすべて搭載されています。広い部屋で使うなら「MDHU15-PB」「MDH15WIFI-BK」、10畳までの寝室や子供部屋で使うなら「QSD0712-MB」がおすすめです。

リモコン

リモコン操作ができれば、布団の中からスイッチON/OFFができるので寒い冬に便利。リモコンが付いているのは「RHJ75V0815-CR」「MDHU15-PB」「MDH15WIFI-BK」の3製品。「RHJ75V0815-CR」は他の2製品に比べて、パワーは劣りますが、機能的に大差はなく、コスパが高いのでおすすめです。

Wi-Fi

デロンギのオイルヒーターでWi-Fiに対応しているのは「MDH15WIFI-BK」です。遠隔操作もできるので、自宅に近づけばスイッチをオンにするなどライフスタイルに合わせた使い方ができます。必ず必要な機能ではありませんが、あると便利な機能としておすすめです。

まとめ

デロンギのオイルヒーターの選び方とおすすめ商品を比較して紹介してきました。機能性や安全性の高いデロンギのオイルヒーターは、バリエーション豊富で自分に合ったものが見つけやすいです。リビングや寝室、脱衣所など使う場所やシーンに合わせ最適な1台を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ