記事ID2794のサムネイル画像

【シワスッキリ】ティファールアイロン人気おすすめ商品を徹底比較

ティファールには、「毎日の家事をもっと楽しく、もっと楽に」をモットーにしたフライパンや鍋、調理器具などがあります。その中でアイロンだけを見ても、さまざまな種類があり、どれを選んだら良いのか迷う方も多いでしょう。今回は、ティファールアイロンの選び方やおすすめ商品を比較してみます。

ティファールアイロンの特徴を知ろう

ティファールはフライパンや鍋で有名なメーカーですが、スチーム力が業界最高のアイロンも人気です。また、ティファールの中でもアイロンは、さまざまな種類を展開しているのも特徴です。

 

そのため、ティファールだけでもたくさんある種類のアイロンから、各家庭にあったピッタリなアイロンを選ぶ際に、どれにしたら良いのか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、スチームかドライやタイプ、コードの有無、価格、スペックなどから選び方やおすすめ商品を徹底比較してみましょう。

選び方のポイント

ドライorスチームで選ぶ

一般的なアイロンには、ドライアイロンとスチーム付きアイロンがあります。また、スチームアイロン機能にドライ機能も搭載した、1台2役をこなす製品もあり便利に使えます。

ドライ

ドライアイロンは高温の熱と圧力を利用して、水分を飛ばすようにシワを伸ばします。メリットは、シワを伸ばす力が強いことです。しかし、これには大きなデメリットもあります。それは、高温でアイロンをかけることで衣類の繊維をどうしても痛めてしまうところです。

 

シワを伸ばすという点だけに着目すればスチーム以上の実力を発揮しますが、それ以外の点ではスチームアイロンに勝る点がほとんどありません。また、ドライ機能を搭載したスチームアイロンもあるため、ドライアイロンをあえて選ぶ利点は少なくなります。

 

 

スチーム

最近は、ドライ機能のみのアイロンは、ほとんどありません。ティファールのみだけでなく、ほかのメーカーもスチームアイロンの開発に力を入れています。そのため、スチームアイロンにドライ機能を搭載した1台2役を果たす製品もあります。

 

スチーム付きアイロンは、高温の水蒸気を使ってシワを伸ばします。そのため、取り扱いが難しい素材や細かい場所までしっかりシワを伸ばすことができます。一方、ドライアイロンは熱と重みでシワを伸ばしますが、幅広い生地に対応するところからもスチームアイロンがおすすめです。

 

先ほど、ドライアイロンの説明をしましたが、スチーム付きアイロンを選ぶことは使い勝手が良いだけでなく、今後の発展も考えると、圧倒的にベストな選択になるでしょう。

タイプで選ぶ

ティファールのアイロンには、主に3つのタイプがあります。

アイロンタイプ

アイロンタイプは、一般的に出回っている定番のアイロンの形をした製品です。特徴として、スチーム機能付きアイロンはトゥィニータイプやアクセスタイプと比較すると、最も強いスチーム力があります。

 

また、アイロンタイプは、頑固なシワや汚れにも対応できる強力な製品が多いのも魅力です。アイロンタイプは、たくさんの衣類を一度にアイロンがけしたい方にはおすすめのタイプです。

トゥイニータイプ

一般的なアイロンタイプと比較すると、少し変わった形をしています。トゥイニータイプは、アイロンと言うよりは衣類スチーマーと言った方が正しいでしょう。アイロンタイプほど強力なスチーム力はなく、頑固なシワや汚れには対応していません。

 

しかし、最も安い価格帯で軽くて持ちやすく、手軽に持ってシワを伸ばせるのが魅力です。ただし、とても扱いにくく、上手く使いこなせないとシワが伸ばせないこともあるでしょう。お出かけ前などに軽くアイロンがけをしたい方や、サブのアイロンとして使うのにおすすめです。

アクセスタイプ

アクセスタイプのアイロンは、霧吹きのようなフォルムの衣類スチーマーです。画像ではコンパクトサイズに見えますが、重さはアイロンタイプの軽めな製品と同じくらいあります。またアクセスタイプは完全なシワを伸ばすことに特化していて、スチーム力はアイロンタイプに劣ります。

 

しかし、形状を見てもとても扱いやすく、ハンガーに掛けたままの衣類のシワを簡単に伸ばすことができます。朝の忙しい時間など、手軽にささっとアイロンがけをしたい方にはおすすめです。

コードの有無で選ぶ

ティファールのアイロンには、コード付きとコードレスの2種類があります。コードの有無によって、機能性や使い勝手がさまざまなシチュエーションで変わってきます。

コード付き

コード付きアイロンの特徴は、安定した電源供給ができる上に、高温度を持続させることができるところです。また、アイロンと衣類が接触する面の温まるスピードが早く、コードレスに比べ性能面でも勝っています。

 

また、アイロン本体の重さもコード付きアイロンは軽量タイプもあり、女性でも扱いやすいのも魅力です。そして、アイロンがけの最中に充電が必要なく、使い始めるまでの時間も少ないため時短にも繋がります。

 

しかし、コードが付いていることでコンセントの近くでしか使えないので、使える場所に制限がかかってしまう点がデメリットと言えるでしょう。

 

 

コードレス

コードレスアイロンの特徴は、何といっても利便性の高いところでしょう。コードがない分、コンセントの場所を気にせず、どこでも好きな場所でアイロンがけができます。また、コードレスアイロンはコード付きと比較すると、臭いも落ちやすいのも魅力です。

 

また、スチーム機能付きのコードレスアイロンの場合、ハンガーに掛けたままの衣類も簡単にシワを伸ばせます。そして、わざわざアイロン台を出したりする手間も省け、コード付きより初動に時間はかかるものの、アイロンがけ自体の時間がコードレスが勝るでしょう。

 

コードレスアイロンのデメリットは、初動の遅さと温度の持続力が短いことです。しかし、これらのデメリットを克服している機種もあるため、全てのコードレスアイロンに対して言えることではありません。

価格で選ぶ

ティファールのアイロンを、タイプごとの価格から選ぶこともできます。ティファールのアイロンは、3,000円台から10,000円台までとさまざまな価格帯があります。価格はかけ面のグレードやオートクリーン機能、自動停止安全装置、水漏れ防止機能などの有無によって変わってきます。

 

そのためかけ面のグレードが一番下でスチーム機能だけのシンプルなアイロンは、5,000円台で購入できます。また、かけ面のグレードが最上クラスで自動安全停止機能やオートクリーン機能など多くの機能が付いたアイロンを探している方は、10,000円以上の価格帯から選びましょう。

スペックで選ぶ

ティファールアイロンには、さまざまなスペックが付いた製品があります。

本体重量

まず、ティファールアイロンのスペックを見るポイント1つ目は、本体重量です。アイロンは、本体重量の重さだけでは良し悪しを決められません。しかし、重量が軽いものは扱いやすく、重いものはシワを伸ばしやすいというそれぞれの特徴があります。

 

本体重量と必要なスペックや機能もあわせて考えると、より使いやすいアイロンを見つけやすくなるでしょう。

 

アイロンはスチーム力が低く、かけ面が狭いとどうしてもシワを伸ばしにくくなります。そのため、より使いやすいアイロンを選ぶ場合はスチーム力が強くて、軽量なかけ面が大きい製品が効率的に使えておすすめです。

スチーム力

ティファールアイロンは、スチーム力が他社の製品と比較して勝っています。ティファールのどのシリーズを見ても、スチーム力が同等と言っても良いでしょう。そのスチーム力は80g/分~110g/分くらいあれば、十分過ぎると言えます。

 

また、コード付きのスチームアイロンはスチーム力が強い印象ですが、最近ではコードレスでも強力なスチーム力を発揮する製品も出てきています。そのため、コードの有無はあまり気にせず、本体重量やほかのスペックを比較しながら選ぶと良いでしょう。

かけ面のグレード

ティファールのかけ面は、5つのグレードに分かれます。アイロンのかけ面はハイグレードからオートクリーン、特殊セラミック、セラミック、チタン、フッ素の順になっています。特にティファールアイロンのオートクリーンのかけ面は、最も滑らかに操作できて使い勝手が良いです。

 

また、ティファール独自のオートクリーンは、スチーム孔のメンテナンスが必要なく、手入れも簡単です。そして、スチーム力が100g/分ほどのかけ面でオートクリーンのアイロンはアルティメットスチームパワーと言い、大量の衣類を短時間で一気に仕上げられる強力なアイロンもあります。

機能で選ぶ

ティファールアイロンを探す際、各製品の機能を見て選ぶこともできます。

ドライorスチームの切り替え

ドライとスチームの切り替えができるものをトゥイニーと言い、スチームとドライの2つの機能を同時に搭載している製品です。1台で2役をこなせるトゥイニーは、ティファールアイロンのラインナップでは主流になっています。

 

トゥイニーはハンガーに掛けたままスチームでき、アイロン台があればしっかりプレスすることで、無駄のない完璧な仕上がりにできます。

ジェットスチーム

ジェットスチームは、スチームの勢いをジェットのようにパワフルにできる機能です。多少弱いスチーム力の場合でも、この機能によってカバーできます。また、頑固な汚れにも対応できますが、パワーはスチーム力の強さによって違います。

バーチカルスチーム

バーチカルスチームは、アイロンを立てたままスチームを噴射することができる機能です。バーチカルスチームを使うと、ハンガーに掛けたままの衣類にスチームを噴射するだけでシワを伸ばせます。

 

霧吹きタイプのスチームアイロンには、必ず搭載されている機能です。

水漏れ、水垢防止機能

水漏れ防止機能はスチーム孔からの水漏れを防ぎ、水垢防止機能はタンク内をきれいに保ちながら清潔な水蒸気でアイロンがけができます。

 

スチーム孔から水漏れがあると、衣類が濡れてアイロンがけ作業ができないでしょう。また、タンク内に水垢が増えるときれいな水を入れても衣類を清潔に保てません。

自動安全停止機能

自動安全停止機能は、安全面に配慮したものです。アイロンがけをしている際に、急な来訪や電話などにも対応した時間制の自動安全停止機能です。この機能が搭載されていると、アイロンのスイッチを切り忘れるようなことがあっても、安心して使えるでしょう。

 

昔はアイロンを放置したまま火災に至ることもありましたが、最近ではそのような事故も減っています。しかし、自動安全停止機能が搭載されていることで安心してアイロンがけができるため、あると便利な機能です。

ティファールアイロンの人気おすすめ商品徹底比較

1

ティファール(T-fal)

スチームアイロン コンフォートグライド

価格:5,425円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽く滑らす感覚でプレスできる

ティファールのスチームアイロン コンフォートグライドは、50g/分のジェットスチームで頑固なシワもさっとほぐせます。また、温度が上がるほど滑りが良くなる特殊セラミック製のかけ面は、滑りの良さを実感できます。

 

そして、ティファールのスチームアイロンは、立てた状態でパワフルスチームを噴射します。その上、ティファールアイロンの魅力のひとつであるバーチカルスチームを使うと、ハンガーに掛けた衣類をそのままお手入れできおすすめです。

コードの有無タイプアイロン
本体重量1.3kgかけ面特殊セラミック
機能ジェットスチーム、バーチカルスチーム、水垢防止
2

ティファール

スチームアイロン アルティメット

価格:14,965円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ティファール史上最高の滑り

ティファールのスチームアイロン アルティメットは、安定した熱量と強力スチームの連続噴射によって効率の良いアイロンがけができます。また最大140g/分のパワフルスチームのアイロンを使うと、細かいスチームが繊維の奥深くに届き、頑固なシワをサッとほぐせます。

 

そして、独自技術のオートクリーンのかけ面は付着した繊維くずを取り除き、きれいな状態を保ってくれます。その上、水漏れ防止機能によって、低温時でもスチーム孔からの水滴や油滴漏れも防止します。

コードの有無タイプアイロン
本体重量約1.7kgかけ面特殊セラミック(エナメルコーティング)
機能オートクリーン、バーチカルスチーム、水漏れ防止、自動停止安全装置
3

ティファール(T-fal)

スチームアイロン コンフォートグライド

価格:6,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特殊セラミック製のかけ面で軽々アイロンがけ

ティファールのスチームアイロン コンフォートグライドは、50g/分のジェットスチームで頑固なシワもサッとほぐします。また、温度が上がるほど滑りの良くなる特殊セラミック製のかけ面のため、生地の上を軽く滑らせるようにプレスが可能です。

 

そして、アイロンを立てたまま噴射できるバーチカルスチームを使うと、衣類をハンガーに掛けたまま楽にお手入れできます。その上、カルキ防止機能が搭載されているため、水垢防止もバッチリです。

コードの有無タイプアイロン
本体重量1.26kgかけ面特殊セラミック
機能切替レバー、バーチカルスチーム、カルキ防止
4

ティファール(T-fal)

スチームアイロン アクアスピード

価格:14,801円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンガーに掛けたままでもOK

ティファールのスチームアイロン アクアスピードは、ジェットスチームトリガー付きで思い通りにスチームを噴射できます。また、最大90g/分のパワフルスチームで、繊維の奥深くまで浸透し頑固なシワをサッと伸ばせます。

 

そして、ティファールのアクアスピードのかけ面は特殊セラミック製で独自のダイヤモンド型かけ面のため、前後左右にスムーズに動かせます。その上、気になる戻りシワもできにくく、きれいな仕上がりです。

コードの有無タイプアイロン
本体重量1.4kgかけ面特殊セラミック
機能ジェットスチームトリガー、バーチカルスチーム
5

ティファール(T-fal)

スチームアイロン フリームーブ

価格:10,771円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先細りチップで細かい部分もスムーズ仕上げ

ティファールのスチームアイロン フリームーブは、コードレスアイロンなのに何度も給電しなくても熱が長持ちします。また、76個のスチーム孔から最大100g/分の大量ジェットスチームにより、コードレスとは思えないほど頑固なシワを伸ばせます。

 

そして、適度な本体重量のアイロンは自然の重さでプレスできるため、余分な力が要らない滑りの良さで前後左右と軽く滑らせられます。その上2in1コントロールを使うと、生地の最適な温度とスチーム量を自動に調整でき、洋服が傷みにくいのも魅力です。

コードの有無タイプアイロン
本体重量1.35kgかけ面特殊セラミック
機能バーチカルスチーム、2in1コントロール、ドライ・スチーム切替、水漏れ防止、自動停止安全機能など
6

ティファール(T-fal)

スチームアイロン ヴァーチュオ20

価格:3,036円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

38個のスチーム孔でスムーズにアイロンがけ

ティファールのスチームアイロン ヴァーチュオ20は、ジェットスチームの力で頑固なシワもサッとほぐしてくれます。また、アイロンを立てた状態でもパワフルなスチームを保て、ハンガーに衣類を掛けたままでもラクラクお手入れが可能です。

 

そして、38個のスチーム孔から出るスチームは、広範囲に広がります。それからフッ素樹脂加工のPTFEかけ面は摩擦が小さく、スイスイとアイロンがけができます。その上、狙い通りに噴射ができるワンタッチスプレーボタンは、指1本で操作ができて便利です。

コードの有無タイプアイロン
本体重量0.95kgかけ面フッ素樹脂加工PTFE
機能ジェットスチーム、バーチカルスチーム、ワンタッチスプレー、水あか防止
7

ティファール(T-fal)

スチームアイロン スーパーグライド

価格:7,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トリガーでジェットスチームの噴射も思い通り

ティファールアイロンのスーパーグライドは、ジェットスチームトリガーで思い通りにスチームを噴射できます。また、64個のスチーム孔からは最大55g/分ののジェットスチームが噴射し、繊維の奥深くまで浸透して頑固なシワを伸ばします。

 

そして、温度が上がるほど滑りが良くなる特殊セラミックのかけ面で、滑らす感覚で楽にアイロンがけができます。その上、イージーコードシステムでアイロンがけの時にコードの絡まりも防ぎます。

コードの有無タイプアイロン
本体重量1.25kgかけ面特殊セラミック
機能ジェットスチーム、バーチカルスチーム、イージーコードシステム、トリガータイプ

ティファールアイロンの徹底比較

ドライorスチームで比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグライド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
ドライorスチーム スチーム スチーム スチーム スチーム スチーム スチーム スチーム

ティファールのアイロンには、どのシリーズにもドライとスチーム機能が搭載されています。ドライとスチーム機能の2つが搭載されているため、ティファールのアイロンを選ぶ際は、ほかのスペックや機能を比較して選ぶと良いでしょう。

タイプで比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグライド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
タイプ アイロン アイロン アイロン アイロン アイロン アイロン アイロン

ティファールアイロンの人気おすすめ商品は、どれもアイロンタイプです。ほかにもトゥイニータイプやアクセスタイプなどもありますが、定番のアイロンタイプが毎日使うアイロンとしてはおすすめです。

コードの有無で比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグライド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
コードの有無

今回紹介しているティファールアイロンの人気おすすめ商品では、フリーブームだけがコードレスタイプです。ティファールのアイロンはコードレスでも熱が長持ちするため、毎日こまめにアイロンがけする場合は、コードが付いたアイロンと同じように使えます。

価格で比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグランド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
価格 5,425円 14,965円 6,699円 14,801円 10,771円 3,036円 7,000円

ティファールのアイロンを価格で比較したところ、ヴァーチュオ20が最も安い価格だとわかりました。ヴァーチュオ20のかけ面はグレードの低いフッ素樹脂加工PTFEが採用され、機能にはジェットスチームやバーチカルスチーム、ワンタッチスプレー、水漏れ防止が付いています。

 

また比較した中で最も価格が高かったのは、アルティメットで14,965円でした。アルティメットのかけ面はエナメルコーティングされた特殊セラミックが採用され、機能はオートクリーンやバーチカルスチーム、水漏れ防止、自動停止安全装置が付いています。

 

これらから、価格帯が低いアイロンには最低機能とかけ面のグレードが劣ることと、価格が高いものにはオートクリーンや自動停止安全装置など便利な機能が付いていることがわかります。

スペックで比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグランド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
本体重量 1.264kg 約1.7kg 1.264kg 1.4kg 1.35kg 0.95kg 1.25kg
スチーム力 50g/分 最大140g/分 50g/分 最大90g/分 最大100g/分 最大40g/分 最大55g/分
かけ面のグレード 特殊セラミック 特殊セラミック(オートクリーン加工) 特殊セラミック 特殊セラミック 特殊セラミック フッ素樹脂加工PTFE 特殊セラミック

ティファールのアイロンをスペックで比較すると、一番軽量なアイロンはヴァーチュオ20です。しかし、スチーム力とかけ面のグレードを比較すると、ヴァーチュオ20はほかの商品よりグレードが一番低いことがわかります。

 

また、本体重量が一番重いアルティメットはスチーム力も強く、かけ面グレードも一番良いことがわかります。

機能で比較

  コンフォートグライド2691 アルティメット コンフォートグライド2690 アクアスピード フリームーブ ヴァーチュオ20 スーパーグライド
ドライ・スチーム切替
ジェットスチーム
バーチカルスチーム
水漏れ・水垢防止 水垢防止 水漏れ防止 水垢防止 水垢防止 水漏れ防止 水垢防止

水垢防止

自動停止安全装置

ティファールのアイロン7台の機能を徹底比較したところ、比較した機能すべてを搭載しているのはアルティメットとアクアスピードだということがわかりました。また、アルティメットとアクアスピードはかけ面が同じ特殊セラミック製ですが、アルティメットにはエナメルコーティングが施されています。

 

アルティメットのかけ面にエナメルコーティングがされている分、アクアスピードと価格を比較すると少しだけ高いこともわかります。

まとめ

ティファールのアイロンには、さまざまなタイプがあることがわかりました。アイロンを使うシチュエーションや一度にかけたい衣類の量などを考えながら、今回紹介した情報もプラスして、家庭に合ったティファールアイロンをぜひ見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ