記事ID2818のサムネイル画像

【2019年最新】人気泡立て器おすすめ商品を徹底紹介

お菓子作りなどに欠かせない泡立て器は様々なタイプがあり、それぞれ特徴や使い心地が異なり、用途によって最適なものは変化します。そこで今回は、それぞれの泡立て器の特徴や泡立て器の選び方のポイント、泡立て器のおすすめ商品などをご紹介しましょう。

料理で便利な泡立て器

泡立て器は生クリームやメレンゲ作りなど、材料を泡立てるのに欠かせません。またそれ以外にもホワイトソースをダマにならないよう混ぜるなど、泡立てる以外の調理にも役立ちます。

 

そんな泡立て器ですが、素材や形状などにより、向いている調理方法や素材が異なることはご存知でしょうか?用途などに応じて最適なものを選ぶことで、さらに泡立て器を快適に利用することができるでしょう。

 

そこで今回は泡立て器の選び方や、泡立て器の形状や素材、動力などに着目したおすすめの泡立て器をご紹介しましょう。

泡立て器の選び方

泡立て器を選ぶ際には、形状や素材など用途に合わせチェックしておきたいポイントがいくつかあります。まずは泡立て器の選び方をみていきましょう。

動力で選ぶ

泡立て器は大きく分けると「動力タイプ」と「手動タイプ」の2つに分けられます。まずはこれらの特徴をおさえておきましょう。

電動泡立て器

電動泡立て器は、自動で撹拌してくれるため力を使わず、疲れない点が最大のメリットです。生クリームの泡だてやメレンゲ作りなど、長い時間撹拌させる必要のある調理の際に特に役立ちます。

 

電動泡立て器の機種により機能などが異なるので、用途などに合わせて選択してくださいね。

手動泡立て器

手動式泡立て器のメリットは、撹拌の仕方を微調整できる点にあります。例えば生クリームは泡立て方によって固さに違いが出ます。電動泡立て器は撹拌がラクにできる反面、つい泡立てすぎてしまうこともあるでしょう。しかし手動泡立て器ならそういった心配がありません。


また手動の泡立て器は、泡立てだけではなく様々な調理に利用できるところもメリットの一つといえるでしょう。

形状で選ぶ

泡立て器の先端の形状は主に4タイプあります。それぞれの特徴をおさえてより使い勝手の良いものを選択しましょう。

基本型

「泡立て器」と聞くと、多くの方はこの基本型を頭に思い浮かべるのではないでしょうか。一家にひとつはある泡立て器です。シンプルで使いやすく、どんな調理にもオールマイティーに利用することができます。

 

素材やワイヤーの数などによって使い心地が変化しますので、一番使いやすいものを選びましょう。

コイル型

先端の形がコイルのようになっている泡立て器です。基本型に比べて気泡ができやすく、短時間で泡立てることができる点が魅力です。小さなサイズのものが多く、少ない量を泡立てるときにも役立ちます。

 

きめの細かい泡を立てることができるので、基本型とあわせて1本所有しておくと重宝しますよ。

回転型

先端部が回転する泡立て器を回転型といいます。電動タイプはすべてこの型ですが、手動タイプにも、先端部分を押し付けることで回転させることができるものがあり、半自動泡立て器とも呼ばれることがあります。

 

手動タイプのものは手動の良さと電動の良さを併せ持っており、使い勝手が良いところが特徴です。

ワイヤーボール入り

泡立て器の中にワイヤーで作られたボールが入っている泡立て器です。このボールのおかげで素早く泡立てることができます。生クリームの泡立てやメレンゲ作りなどには重宝しますが、クッキーの生地を混ぜるなどの調理には不向きです。

素材で選ぶ

泡立て器は、先端の素材によっても使い心地が異なります。泡立て器の素材は主に以下にご紹介する3つの素材のものがほとんどです。

ステンレス

泡立て器の中で最も一般的なのがこのステンレス素材です。錆びにくく耐久性に優れているため人気があります。また見た目がシンプルでデザイン性に優れているものが多いところも人気の秘密ではないでしょうか。

 


熱にも強いため、煮沸消毒などが可能で清潔感を保ちやすいところも魅力でしょう。ただし重さを感じるものも多いため、購入前に確認しておきましょう。

シリコン

シリコンタイプは、調理に利用するときにテフロン加工のフライパンを傷つける心配が少ないところが魅力です。また撹拌しているときに音が静かなところも嬉しいポイントですね。

プラスチック

プラスチック製の泡立て器は、カラフルでポップなデザインのものが多いところが魅力です。またお求めになりやすい価格のものが多いところもうれしいいポイントでしょう。ただ他の素材に比べ耐久性が高くないところがデメリットです。

 

卵白や生クリームなど液体の泡立てには問題ありませんが、少し固いものを撹拌すると、壊れてしまうことも考えられます。泡立て器を頻繁に使用する方は、そういった面で不安が残るかもしれませんね。

木製

木製の泡立て器は、デザイン性が高く環境に優しいところが魅力です。全てが木製のものは少なく、グリップのみ木製というものが多いです。グリップが木製の場合、握りやすく滑りにくい点がうれしいポイントです。キッチンの見えるところにかけておいても、インテリアのようにおしゃれな雰囲気になりそうですね。

サイズ・重さで選ぶ

泡立て器は手動の場合も電動の場合も手に持って使用するため、サイズや重さは使い勝手を左右する重要なポイントです。手の大きさにあった持ちやすいサイズのもの、重すぎず腕が疲れにくい重量のものを選ぶようにするといいでしょう。

 

また撹拌するものの量によっても最適なサイズは異なります。量が多い時は大きめサイズの泡立て器が向いていますし、量が少ない時には小さめサイズの泡立て器がおすすめです。

電動泡立て器の人気おすすめ商品

電動泡立て器の人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

手動泡立て器の人気おすすめ商品

手動泡立て器の人気おすすめ商品10選は下記の記事で紹介しています。選び方や使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

基本型泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

ティファール(T-fal)

泡立て器 インジニオ K21417

価格:675円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食洗機対応でお手入れしやすい

ビーター部分にシリコン素材を採用しているので、テフロン加工のフライパンでの調理の際も、フライパンを傷つける心配が少なく安心です。しかも耐熱温度が230度もあるので、泡立て以外の調理にも安心して利用することができますね。

 

食洗機対応なので、お手入れもラクラク。重量は75gととっても軽いので、力のない女性やお子様の使用にも最適です。

素材シリコンサイズ幅7.5×奥行7.5×高さ29.2cm
重量75g
2

OXO (オクソー)

バルーン ウィスク

価格:1,402円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

握りやすく使い勝手が良い

グリップのデザインが個性的なオクソーの泡立て器は、手にフィットしやすいよう計算し尽くされています。グリップの素材がゴム製なので、濡れた手で持っても滑りにくく作業がしやすいよう考慮されているところもポイントです。

 

ワイヤーの本数も多めなので、素早く作業を進めることができそうです。サイズは2サイズあるので、手の大きさなどに合わせて最適な方をお選びくださいね。

素材ビーター/ステンレス・持ち手/ゴムサイズ29×7×7cm
重量103g
3

柳宗理(Yanagi Sori)

泡立て器

価格:1,292円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能美の高さにほれぼれ

上質で機能性の高いキッチンツールを生み出すブランド「柳宗理」。この泡立て器も、「さすが柳宗理!」とうなりたくなるような、機能美の高さを感じさせる逸品です。大きめサイズなので、男性の手にも馴染みやすいでしょう。

 

持ち手の素材がゴムなので、滑りにくいところも使い勝手のいいポイントです。ワイヤーの本数が多いので、素早くきめの細かい泡を立てることができますよ。料理が好きな方にぜひおすすめしたい泡立て器です。

素材ビーター/ステンレス・持ち手/ゴムサイズ30.0(H)×8.0(W)×8.0(D)cm
重量100g

コイル型泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

新越金網

新越ワークス 共柄スピード泡立

価格:323円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少量の泡立てにおすすめ

ボールの形になじませながら使用することができるため、泡立てがしやすいところが特徴です。こちらは小さなサイズですが、大きなサイズの商品もあるので、用途に合わせて選択することができます。どちらも揃えておくとさらに役立ちそうですね。

素材ステンレスサイズ40×40×55mm、柄:115mm
重量95g
2

HARIO(ハリオ)

HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット CZ-1

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミルクの泡立てに役立つ

ふわふわのミルクの泡をのせたカフェラテやカプチーノは、「カフェでしか味わえない」と思っている方もいるかもしれませんが、この泡立て器があれば簡単にミルクを泡立てることができ、カフェのようなカフェラテを作ることができます。電動なので30秒ほどで完成しますよ。

 

素材ステンレスサイズ高さ221mm、径75mm
重量約200g
3

Renaisi

小麦粉コイルミキサー

価格:834円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粉物を混ぜるときにおすすめ

ステンレスのビーターと木製のグリップが、ナチュラルでおしゃれな印象を与えます。3つの異なった形状のコイルを合わせてあり、クッキー生地やお好み焼きなど粉物を混ぜるのに最適です。コイルが密集していないためお手入れしやすいところも魅力ですね。

素材ビーター/ステンレス・持ち手/木サイズ不明
重量141g

回転型泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

mastrad (マストラッド)

泡立て器

価格:2,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コップの中でも泡立て可能

ボウルなどに先端を押し付けると、先端が回転してくれるため撹拌するときに腕が疲れにくいところが魅力です。スリムな形で収納しやすい点や、先端がシリコンになっているため器が傷つきにくい点なども使いやすいポイントです。

素材ビーター/シリコン・持ち手/ステンレスサイズ(約)38×直径7cm
重量141g
2

株式会社マイティータイム

泡立ての達人スマートミキサー「あわ丸 」くん

価格:4,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カフェのような飲み物が楽しめる

スリムな形の泡立て器なので、コップの中で直接泡立てることができるところが魅力です。電動式なので、あっという間にクリーミーな泡を立てることができ、お家で気軽にカフェメニューを楽しめますよ。なお少量の生クリームなどの泡立てにも役立ちます。

 

素材不明サイズ不明
重量約122 g
3

OXO (オクソー)

エッグビーター

価格:2,887円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドルを回して素早く泡立て

こちらの泡立て器は、ハンドルを手動で回して泡立てるタイプです。電動ではないのでコンセントがないところでも気軽に使え、しかも素早く楽に泡立てることができるところが魅力です。

 

素材ステンレスサイズ12.5×5.5×30.5cm
重量246g

ワイヤーボール入り泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

和平フレイズ(Wahei freiz)

ダブルアクションホイッパー

価格:1,352円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤーボールで素早く泡立つ

泡立て器のビーターの中にワイヤーボールが入っているため、素早く泡立てることができます。中のボールは取り外して洗うことができるので、お手入れも簡単です。サイズの展開が豊富なので、自分にぴったりなサイズを選ぶことができますよ。

素材ステンレスサイズ約300×80×80mm
重量135g
2

Fox Run

Fox Run 泡立て器(ワイヤーボール入り)

価格:821円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手動なのに素早く混ぜられる

この泡立て器は、ワイヤーボールの中にさらに小さな球が入っているためより素早く泡立てができます。電気がない場所でも素早く泡立てができるは魅力的ですね。全てステンレス製でシンプルでスタイリッシュな見た目も魅力です。

素材ステンレスサイズ約33×7.6cm
重量不明
3

MOONRING

卵ビーターツール

価格:304円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち手が手に馴染んで使いやすい

この泡立て器は持ち手が木製で、手に馴染んで使いやすく、長い時間使っても腕が疲れにくいところが特徴です。ふわふわのメレンゲや生クリームが手早く簡単に作ることができますよ。

素材ビーター/ステンレス・持ち手/木サイズ長さ*幅26.5*5.6cm​
重量不明

ステンレス製泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

和平フレイズ(Wahei freiz)

共柄ミニ泡立 味道 AD-157

価格:191円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドレッシングなどに最適

小さなサイズの泡立て器は、ドレッシングなど少量のものを混ぜるときに重宝します。ミルクなどの泡立てにも役立ちそうですね。スリムな形状なので、カップの中などで直接かき混ぜることもできます。

タイプ基本形サイズ19×19×190mm
重量15g
2

パール金属(PEARL METAL)

パール金属(PEARL METAL) パール金属 泡立て器 25cm ステンレス EEスイーツ D-4710

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フック付きで収納に便利

持ち手の先端にフックがついているので、ひっかけて収納することも可能です。収納場所が少ないお家には嬉しいですね。全てステンレス製で、清潔感がありスタイリッシュな見た目も魅力。サイズ展開が豊富なので、手に馴染みやすいサイズを選んでくださいね。

タイプ基本型サイズ幅63×全長268mm
重量約80g
3

石浜金物工業

18-8 耐熱防水 泡立 30cm

価格:840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多様なサイズで目的に合わせて選択できる

この泡立て器は強度があるので、固い材料を潰したり混ぜたりするときにも重宝します。プロも愛用する本格派なので、料理が好きな方に特におすすめです。サイズ展開が豊富で、18cmから120cmまで用意されています。用途に合わせて最適なものを選んでくださいね。

 

タイプ基本型サイズ外寸 :30cm ハンドル長さ:110mm
重量120g

シリコン製泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

OXO (オクソー)

シリコン ウィスク

価格:1,508円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

効率よく泡立てられる

この泡立て器は、ビーター部分が異なる長さのワイヤーを組み合わせて作られており、効率よく泡立てられるよう工夫されています。持ち手が手にフィットしやすい形状となっており、滑りにくく手が疲れにくいところも魅力です。

 

タイプ基本型サイズ全長27cm
重量84g
2

ジョセフジョセフ(Joseph Joseph)

ツイスト

価格:1,424円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

分解できてお手入れラクラク

この泡立て器は、先端部分が平らになるので収納の際に大変に便利です。またパーツを分解してお手入れすることができるので、しっかりと汚れを落とすことができ、清潔感を保つことができます。

タイプ基本型サイズ295×80×70mm (フラット時/295×80×40mm)
重量99g
3

クイジプロ(Cuisipro)

シリコン ツイスト・ウィスク

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能性も見た目も抜群

この泡立て器は、見た目がカラフルでかわいいだけではなく、機能性も抜群です。ワイヤーのデコボコした形状が、泡立てをラクにしてくれます。鍋などを傷つけたくないときにおすすめです。

タイプ基本型サイズ全長(mm):260
重量不明

プラスチック製泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

パール金属(PEARL METAL)

米もとげる泡立

価格:462円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お米もとげる泡立て器

この泡立て器は、プラスティック製ですが耐熱温度が180度と高いところが魅力です。器を傷つけにくいので、テフロン加工のフライパンなどで使用したいときにおすすめです。またお米も傷つけにくいので、お米を研ぐ際にも使用することができます。

 

タイプ基本型サイズ全長280×外径80mm
重量59g
2

Wifehelper

ミルク泡立て器

価格:1,799円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

力を使わず泡立てできる

この泡立て器は、ハンドルを回すことで泡立てることができるタイプです。電気は使わないため、電気のないところやコンセントの届かないところでも使用することができます。少ない力で効率よく泡立てることができるので、女性に特におすすめの泡立て器です。

 

タイプ回転式サイズ1100mL
重量約 543g
3

Tinksky

Tinksky 泡立て 泡立て器 卵 手動 プラスチック キッチンツール ミルク/コーヒー/卵 5本

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5本セットでお得

こちらの泡立て器は、5本セットなので材料ごとに分けて利用することが可能です。カラフルでポップなデザインなので、料理が楽しくなりそうですね。本格的な使用には向きませんが、子どものお手伝い用などに最適です。

タイプ基本型サイズ約7.3インチ/ 18.4cm
重量不明

木製泡立て器の人気おすすめ商品3選

1

saisi

ハンドブレンダー 2個セット

価格:2,310円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間工学に基づいたデザインで使いやすい

持ち手の部分が人間工学に基づいた設計なので、快適に使用することができる泡立て器です。また木製なのも手に馴染みやすくさらに使いやすさを増しています。2サイズがセットとなっているので、用途に合わせて使い分けることができますね。

タイプ基本型サイズ大サイズ:25.5x6cm、小サイズ:20x4cm
重量不明
2

純ブナ材クッキング木製ミキサー

価格:17,777円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オールブナ材を使用した泡立て器

この泡立て器は、木製のキッチン用品が有名なcanWoodのものです。この泡立て器はブナ材で作られており、環境に優しいところがポイント。デザイン性も高いのでギフトにもおすすめです。

タイプ基本型サイズ不明
重量不明
3

Bac bac

泡立て器、木製ハンドル手動卵泡立て器、混合攪拌用キッチン用品-2個セット Bac bac

価格:6,651円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛くて握りやすいデザイン

この泡立て器のかわいいデザインの持ち手は、人間工学をもとにデザインされたのだそう。そのため長時間使用しても手が疲れにくいところがポイントです。

 

タイプ基本型サイズ18.5cm×12.5cmx4cm
重量53g

使い方のコツ

泡立て器は、正しい使い方をすることでさらに効率よく泡立てることができます。泡立て器を使用するときに最も意識しなければならないことは、食材に空気をいかにたくさん含ませるかという点です。

 

手動の泡立て器の場合は、生クリームなど軽い液体などを混ぜるときには手首を使い、粘度の高い食材をませるときには肘から下全体を使って混ぜると効率よく混ぜられますよ。また斜めに使用することも空気を含ませるコツです。

 

電動の泡立て器は、最初は低速から使用し、少しずつ回転速度を高速にするのが上手に仕上げるポイントです。

まとめ

泡立て器は、手動・電動だけではなくビーターの形や素材などにも様々な種類があり、それぞれ最適な用途が異なります。どのような用途に使用したいのか、どれくらいの頻度で使用するのかなどを考慮しつつ、一番使い心地の良い泡立て器を選んでくださいね。

 

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ