記事ID2861のサムネイル画像

【欲しい分だけすぐ沸かせる】電気ケトルおすすめ商品を徹底比較

やかんでお湯を沸かそうとすると時間もかかり、湧いたお湯をキープするためにはポットなどに移す工程も意外と面倒ですよね。近年ではボタン一つで火を使わずに、安全に短時間でお湯を沸かせる電気ケトルが非常に人気。そこで今回はおすすめの電気ケトル7商品を徹底比較します。

電気ケトルの選び方

スイッチ一つで火を使わずに安全にお湯を沸かすことができる電気ケトルは、今やご家庭に1台は当たり前の時代に。デザイン性も豊かになった電気ケトルの選び方をご紹介していきます。

内容量で選ぶ

電気ケトルにも様々な容量があり、内容量によっても値段が変わってきます。家族の人数、一人暮らしなどに合わせて適正な内容量のケトルを選ぶようにしましょう。

600ml

一人暮らしの方におすすめな内容量が600〜800mlです。800mlであればコーヒーや紅茶などをマグカップ1杯とカップ麺を一つが同時に作れる内容量なので、大き過ぎず便利です。600mlだと少し物足りないと感じる方は800ml程度を選びましょう。

 

1Lを超えると一人暮らしの方には少し大きく、スペースを取ってしまいますので、ご家庭でこまめに飲み物を入れる方や料理をするという方には最適な量です。

800ml〜1.2L

ご家族がいらっしゃる方におすすめの内容量は800ml〜1.2Lです。目安としてはコーヒーなどの飲み物をマグカップであれば5杯程度カップ麺であれば3杯程度作ることが可能です。1L以上の内容量があれば、料理に使う熱湯を沸かすにも不自由はありません。

 

料理の際、ガス台が全て埋まってしまうとお湯を沸かすのも大変になってしまいます。電気ケトルであればガス台を埋めることなくお湯を沸かすことができるため、調理時間の短縮にも繋がりますよ。

1.5L以上

大家族や職場で使用したい場合は、1.5L以上の容量を選ぶと良いでしょう。何度も水を入れて沸かす必要もなくなりますし、一度に沢山の量のお湯を用意することができます。コーヒーなどは10杯程度、カップ麺であればサイズにもよりますが小さめの物なら5杯程度作れます。

 

ただし、容量が増えれば増えるほど電気ケトルの重量も増え、設置するスペースにも広さが必要とします。大きければ良いという物でもありませんので、毎日の使用量、沸かす回数などを考えて購入しましょう。

素材で選ぶ

電気ケトルには様々な素材で作られた製品が販売されています。機能面でももちろんのこと、素材によってインテリアに合うおしゃれなデザインなども多く販売されていますので、選ぶ上でも重要なポイントと言えるでしょう。

プラスチック

電気ケトルが発売され始めた当時、一番多かったデザインがプラスチック製のものでした。プラスチック製は非常に軽く、片手でも楽々とお湯を注ぐことができ、内容量が多いものを選ぶ方にはおすすめの素材です。

 

本体部分も熱くなりすぎないので安全ですし、ガラスのように割れる心配もなくお手入れも楽です。また価格も低価格なので一人暮らしの方にも購入しやすく、インテリアにも合うシックなカラーなども販売されていますので、デザインに強いこだわりを持たない方には十分です。

ガラス

中身の水量を確認しやすく、非常におしゃれな印象を与えてくれるのがガラス製の電気ケトルです。見せるインテリアにも馴染みますので、おしゃれにこだわる方にもおすすめです。中身が見えることで汚れもチェックしやすいため、清潔に保つことも可能。

 

ただし、ガラス製は様々な素材の中でも重量がありますので、内容量が大きいタイプを選ぶ方には少し重いかもしれません。また、ガラスは衝撃に弱いため、ぶつかってしまったり落としてしまうと割れてしまうこともありますので、扱いや設置場所には十分な注意が必要です。

ステンレス

匂い移りがしにくく重量も軽く割れる心配もなく、おしゃれでスタイリッシュなフォルムがインテリアと馴染みやすいのがステンレス製の電気ケトルです。サビにくく耐久性があり、最近では軽いタイプの製品もかず多く販売されています。

 

ただし、金属なので熱伝導率が高く、お湯を沸かした後は本体部分も非常に熱くなってしまいますので、取扱には注意が必要です。また、小さなお子様などがいらっしゃるご家庭でも火傷の恐れがありますので、設置場所には注意しましょう。

安全面で選ぶ

便利な電気ケトルだからこそ、安全面にもこだわりたいですよね。小さなお子様がいるご家庭などは、選ぶ際に注目してほしいポイントが安全面です。まずは本体が熱くなりにくい二重構造」かどうか、誤ってぶつかってしまった際の「転倒漏れ防止機能」があるかどうかです。

 

他には誤作動による空焚きを防ぐ「空焚き防止機能」、設置スペースに十分な場所を確保できないというご家庭に大切なのが沸騰時の熱い蒸気を軽減する機能などもあります。全ての機能があれば万全ですが、その分価格も高くなってしまいます。

 

お子様やお年寄りの方がいらっしゃるかどうかなどを考え、ご家庭に最適の安全機能が搭載されているかをチェックしましょう。

温度管理で選ぶ

あると便利なのが「保温」や「温度調節」などの温度管理機能です。保温機能が搭載されていない電気ケトルだと、お湯を使用するたびに沸かす必要があり、その分電気代もかかります。低電力とはいえ日に何度も沸かす方には保温機能が搭載されているものをおすすめします。

 

温度調節機能はコーヒーや紅茶、中国茶などのそれぞれの飲み物に適した温度で淹れることにこだわる方におすすめの機能です。その他にも料理や赤ちゃんのミルクを作るご家庭にも、熱湯ではなく人肌の温度に調節して沸かすことができるので非常に便利です。

おすすめ電気ケトル7選

HAGOOGI

電気ケトル ガラス1.0L

価格:2,959円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可視化ブルーライトデザインでインテリアにも馴染む

この電気ケトルはガラス製ですが、二重構造なので温度が下がりにくいという保温効果、さらには本体が熱くならないので安全性にも優れています。その他にも水量が少ない状態で加熱された際に30秒以内に自動オフされる空焚き防止機能も搭載。

 

ガラス製ですが温度の急激な変化にも強いため、安全に使用可能です。可視化ブルーライトデザインが中の水が踊る様を格好良く見せてくれ、インテリアとしても馴染みます。容量は1Lと小家族でも十分な内容量です。

内容量1L素材ガラス
安全機能空焚き防止・二重構造温度管理二重構造による保温

homgeek

電気ケトル ステンレスKT-3402

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

900Wですぐにお湯が湧く

この電気ケトルはプラスチックとステンレス素材のダブル断熱構造なので、保温効果が高く湯沸してから30分経っても85℃以上の温度を保ち続けます。コードレスの状態でこの保温力なので、毎回通電して沸かす必要がなく、経済的にもエコといえます。

 

電力は900Wあるので最大容量800mlのお湯を沸かすのに約5分しか要さないので、あっという間に飲み物を入れることが可能です。つなぎ目の無いステンレス内装は汚れがたまりにくく、大きく開いた開口部がお手入れしやすく衛生的です。

内容量800ml 素材ステンレス
安全機能空焚き防止・ダブル断熱装置温度管理二重構造による保温

HadinEEon

電気ケトル 2019最新改良版

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しいガラスボディと使いやすい改良版

この電気ケトルに使用されているのはー50〜200度まで耐えられるホウケイ酸ガラスと304ステンレススチール素材。温度による耐久性もあり、傷にも強い安心設計なので安心して使用していただけます。

 

水のない状態で加熱されると自動で電源をオフする「空焚き防止機能」も搭載されており、透明なガラスは内容量を確認しやすく、湧き上がる水も美しく演出してくれます。ポット口の直径は11cmと広いく掃除しやすい設計に。

 

蓋はワンタッチで開口するのでお手入れも楽々です。

内容量1L素材ホウケイ酸ガラス
安全機能空焚き防止機能温度管理なし

白楊ハイテック

電気ケトル 24h恒温 調乳ポット

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温度管理機能で赤ちゃんのミルク作りも楽々

1.2Lと大容量なので、家族が多い方でもたっぷり使用できる大容量。45℃・55℃・70℃・85℃・90℃の5階段温度設定、さらに45~95℃で1℃刻みの温度調整も可能なので、使用用途に合った温度をすぐに沸かすことができます。

 

また、現在の温度も一目で分かるデジタル表示が非常に便利です。赤ちゃんのミルク作りも一度人肌に冷ますことなく、最適な温度に沸かすことができるため、調理の時間も大幅に短縮できますね。

 

また、「脱塩素」ボタンを押せば1分間沸騰し、できる限りの残留塩素を蒸発させるから、普通の水道水より美味しくて安全なお水を提供してくれます。

内容量1.2L素材ガラス
安全機能空焚き防止温度管理温度設定・保温機能

HAGOOGI

電気ケトル 1.2L GEK-1200

価格:3,824円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガラスとステンレスの外装でスタイリッシュに

寒熱交替に強い高硼珪酸ガラスとステンレスがスタイリッシュなこちらの電気ケトルは、1.2Lと大容量で、一度に約5杯分のお湯を沸かすことが可能です。可視化されているので、ケトル内で直接ハーブティなどを沸かすこともでき、非常におしゃれで便利です。

 

1Lの水を約3〜4分で沸かすことができるハイパワー。フタは上部のボタンを押すことで開講できるため、誤ってフタを開けてしまう恐れもなく安心して使用できます。下部の方が太くなっているデザインなので、安定性も高く、ぶつかってしまっても転倒の可能性も低く安全です。

内容量1.2L素材高硼珪酸ガラス・304ステンレス
安全機能自動電源オフ・空焚き防止機能温度管理なし

COMFEE'

電気ケトル MK-08D03A

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1Lの大容量でもプラスチックだから軽い

非常に軽く1Lの水が入っていても軽く持ち上げることができるこの電気ケトルは、お湯が沸くと自動で電源をオフしてくれる安全機能と、水のない状態での沸騰を防止する空焚き防止機能が搭載された安全設計です。

 

1Lあればカップ麺2~3人分と飲み物が約7杯分がまかなえるため、一人暮らしにも小家族にもピッタリです。フタとフィルタが取り外せるので、間口も広く開き、隅々までのお手入れも楽々にこなせて衛生的です。

内容量1L素材プラスチック
安全機能自動電源オフ・空焚き防止機能温度管理なし

Villsure

電気ケトル 1L

価格:3,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高ホウケイ酸ガラスの二重構造によって、本体は熱くなりにくく、保温効果にも優れている安心・安全設計。カップ1杯分の水が約45秒と素早く沸騰する「業界最速スピード沸騰」を誇る本製品は、短時間で美味しいコーヒーを飲むことが可能です。

 

沸騰後の「自動電源オフ機能」、水のない状態での沸騰を避ける「空焚き防止機能」も搭載。二重構造によって本体も熱くなりにくいので、お子様やお年寄りのいらっしゃるご家庭でも安全に使用することができます。

内容量1L素材高ホウケイ酸ガラス
安全機能二重構造・空焚き防止・蒸気センサースイッチ温度管理二重構造による保温

電気ケトル徹底比較

上記でご紹介した電気ケトル7商品を、ここからは価格や機能面で徹底比較していきましょう。ご自身のライフスタイルに最適な電気ケトルを選ぶようにしましょう。

価格で比較

商品名 HAGOOGI 電気ケトル1L homgeek電気ケトルKT-3402 HadinEEon電気ケトル 白楊ハイテック 電気ケトル

HAGOOGI電気ケトル GEK-1200

COMFEE'電気ケトル MK-08D03A

Villsure電気ケトル1L
価格 ¥2,959 ¥3,280 ¥3,480 ¥4,999 ¥3,824 ¥2,500 ¥3,899

ご紹介した商品の中での最安値は『COMFEE'電気ケトル MK-08D03A』の2,500円、最高値は『白楊ハイテック 電気ケトル』の4,999円でした。平均価格では約3,200円ほどで電気ケトルを購入することができます。

 

保温機能や安全機能などの付属機能、内容量などによっても値段は上下することが分かります。保温機能などは搭載されていませんが、一人暮らしでも十分に満足できる内容量の『COMFEE'電気ケトル MK-08D03A』がおすすめです。

機能で比較

  内容量 素材 自動電源オフ 空焚き防止 保温 温度設定
HAGOOGI 電気ケトル1L 1L ガラス 二重構造による ×
homgeek電気ケトルKT-3402 800ml ステンレス 二重構造による ×
HadinEEon電気ケトル 1L ホウケイ酸ガラス 二重構造による ×
白楊ハイテック 電気ケトル 1.2L 高硼珪酸ガラス
HAGOOGI電気ケトル GEK-1200 1.2L 高硼珪酸ガラス × ×
COMFEE'電気ケトルMK-08D03A 1L プラスチック × ×
Villsure電気ケトル1L 1L 高ホウケイ酸ガラス 二重構造による ×

安全性を選ぶならプラスチックが安全

近年では、耐久性に優れた二重構造のガラス製の電気ケトルも多く販売されていますが、安全性を考えるのであれば一番はプラスチック製のものをおすすめします。沸騰後に本体部分が熱くなって火傷することもありませんし、何しろ衝撃に強く割れる心配はありません

 

どんなに耐久性のアップしたガラスを採用していても、思わぬ落下や衝撃で割れてしまう可能性はゼロではありません。また、ステンレスも丈夫ですが、傷が目立ちやすいのが難点。

 

ガラスやステンレスは見た目には美しくインテリアにも馴染みますが、小さなお子様やお年寄りがいらっしゃるご家庭では、実用性と安全性に関してはプラスチック製の電気ケトルが断然おすすめです。

空焚き防止機能はマスト機能

人気の電気ケトルでは、沸騰後の「自動電源オフ機能」や、水のない状態での沸騰を防ぐ「空焚き防止機能」は当然のように搭載されている機能です。安全機能が搭載されていながらも平均価格3200円ほどで購入できるのですから、空焚き防止機能の無い物はおすすめできません。

 

より安全面を考慮したい方は、「転倒防止機能」や蒸気の発生が少なく火傷を防ぐなどの安全機能が搭載されている製品もありますので、しっかりチェックして購入することをおすすめします。

赤ちゃんがのミルク作りは温度設定機能で

赤ちゃんのいるご家庭におすすめなのが「温度設定機能」を搭載した電気ケトルです。温度設定機能が搭載されている物は、ほとんど保温機能もマストで搭載されています。調理や飲み物に適した温度で沸かすことができるため、美味しいコーヒーなどを気軽に味わえます。

 

赤ちゃんのミルクは人肌で作るものですが、100度まで沸騰したお湯を人肌まで冷ますのはかなり時間のかかる作業です。しかし、温度設定機能があれば人肌に近い温度で沸騰させることができるため、時間短縮にも繋がり非常に効率的です。

まとめ

電気ケトルの徹底比較はいかがでしたでしょうか。近年ではやかんでお湯を沸かす家庭の方が少ないかもしれませんね。需要が増えた電気ケトルはデザインもおしゃれに、年々使いやすさが進化しています。ぜひご家庭に適した電気ケトルを選んでください。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ