記事ID2863のサムネイル画像

【見直すことで掃除もはかどる】おすすめ掃除機7商品を徹底比較

面倒だけど掃除機はどうしてもかけなければいけませんよね。掃除機なんてどれも一緒と思っていませんか?掃除機を見直すことで、今まで吸いきれなかったゴミをキレイにしたり、掃除時間の短縮まで行えるんです。そこで、今回はおすすめの掃除機7商品を徹底比較します。

掃除機の選び方

掃除機には紙パック式・サイクロン式以外にも様々な違いがあります。各メーカーも多彩な機能を搭載することで差別化を図っています。数多く販売されている掃除機は一体何に注目して選べば良いのかご紹介していきます。

集塵方法で選ぶ

ご存知の方も多いことと思いますが、掃除機の集塵方法には2種類存在します。どちらもそれぞれに良い特性を持っていますので、ご自身の掃除に適したものを選びましょう。

紙パック式

昔ながらの掃除機といえば紙パック式ですね。紙パックがゴミでいっぱいになると交換し、新たな紙パックを取り付けるのが一連の作業ですが、これが面倒だと感じる方も多いことでしょう。

 

紙パックは掃除機に対応したものを使用する必要がありますし、購入する必要もあるので多少ではありますがコストがかかります。しかし、ゴミを捨てる際に誇りなどが舞う恐れもなく、ゴミを見ずにサッと捨てられるメリットも。

 

なるべく楽に手を汚さずにゴミ捨てをしたい方には、紙パック式の掃除機をおすすめします。

サイクロン式

サイクロン式とは、遠心力を利用してゴミと空気を吸引し、ゴミだけを溜めて空気を排出する方法で集塵するものです。ダストカップに溜まったゴミをワンタッチで捨てられますが、慎重に行わないとホコリが舞ってしまうこともあるので注意が必要です。

 

また、フィルター面にホコリや髪の毛が張り付いてしまいやすいため、こまめに手入れをする必要もあります。しかし、高い吸引力は紙パック式には吸い取れないゴミまで収集できますし、紙パックを購入しなくて良いのでコスト面から見てもお得です。

 

お手入れが少し面倒でもコスト面と吸引力に重きを置く方はサイクロン式をおすすめします。

タイプで選ぶ

一口に掃除機といっても、形や大きさなど様々なタイプが存在します。掃除をする場所や、家の広さなどを考慮して、最適なタイプを選ぶようにしましょう。

キャニスター

キャニスタータイプは車輪がついた本体とゴミを吸引するノズルが別々になっているものを言います。最近では本体に搭載されたモーターなどが小型化されていますので、昔よりはだいぶ軽量化されていますが、やはり重量もあり、収納場所も必要です。

 

しかし、本体が別になっていることで安定した吸引力を発揮してくれますので、広い面積の掃除を行う方にはキャニスタータイプがおすすめです。ただし、コンセントにつなぐ必要もありますので、階段のある一軒家やお年寄り向きとはいえないでしょう。

スティック

狭い家でも収納スペースを取らずにしまえるのがスティックタイプです。本体と吸引ノズルが一体化していることで、非常にコンパクトで軽量。近年では掃除機といえばスティック式と言えるほど流行しているタイプです。

 

また、コードレスなものが多いので、お部屋の広さに関わらず持ち運びも自由に掃除ができます。製品によってはハンディクリーナーとしても使用できるものがありますので、家だけでなく車など場所を選ばず使用することが可能です。

ロボット

掃除機なのに自分が掃除をする手間が無いのがロボット掃除機です。不在の時でもロボットがこまめに掃除を行い、常にお部屋をキレイな状態にすることが可能で非常に便利ですね。使用者が行うのはゴミ捨てのみですので非常に楽と言えるでしょう。

 

しかし、物が多い家や段差が高い家では、うまく可動してくれない場合があるので、結局常に家はキレイな状態にしておかなければなりません。また、待機中にも充電のために電力を使用しますので、電気代は他の掃除機よりもかかると考えた方が良いです。

ヘッドで選ぶ

掃除機の吸引力はモーターの違いだけでなく、ヘッドの違いによっても大きく左右されるものです。そのため、ヘッドにはどのようなタイプがあるのか知っておく必要があります。

モーター式

モーター式とは、ヘッドのブラシをモーターで回転させることでゴミを掻き出すものです。集塵性能が非常に高く、毛足の長い絨毯やカーペットなどのゴミも綺麗に掻き出して吸引することが可能です。

 

もちろん、フローリングや畳のお部屋でも綺麗にすることが可能で、「パワーブラシ」などとも呼ばれています。その名の通り、ヘッドの中ではパワーが一番強く、隅に溜まったゴミなどもきちんと掻き出してくれます。

自走式

自走式というのは、モーターの力でヘッドが進む構造のことです。非常に軽い使い心地で、女性でも軽い力で掃除機をかけることが可能です。しかし、ヘッドの自体の重量は重いので、持ち運びは大変かもしれません。

 

また、自走式は高級モデルの掃除機にに搭載していることが多いので、一人暮らしの方には縁のない掃除機のタイプかも知れませんね。軽い力で掃除機をかけたい方は、自走式ヘッドかどうかを確認して購入しましょう。

エアタービン式

エアタービン式とは、空気を吸い込む力を利用してブラシを回転させるもので、スティックタイプなどのコンパクトな掃除機に搭載されていることが多い様式です。モーター式などと比べると吸引力は少々劣りますが、ヘッドも軽くて女性にも使いやすいヘッドです。

 

また、価格も低価格で提供されているので、一人暮らしの方にも購入しやすい掃除機と言えるでしょう。

おすすめ掃除機7選

APOSEN

サイクロン掃除機 H600

価格:4,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベットやソファーの下も隅々綺麗に

この掃除機はサイクロン式で、600Wのハイパワーによって微細なゴミまで吸い取ることができます。掃除機で吸い込んだホコリ・アレルギー物質をキャッチする5段階の濾過システムを搭載しているので、排気もキレイだから安心。

 

ノズルとヘッドを組み替えることでスティックタイプにもハンディータイプにもなるため、シーンに合わせて変えることができます。動角度が左右160°前後90°も可動するヘッドは様々な隙間やベッドの下などまでも楽々かけられますよ。

吸引力16000Pa様式サイクロン
重量1.2kgヘッドモーター

メイキンサワ

コードレス掃除機7000Pa

価格:8,970円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイクロン式でこの低価格

こちらのスティック型掃除機は、サイクロン式で強力吸引が魅力です。ゴミの大きさを分別して吸引する最新のサイクロンシステムを採用。ダニや花粉などの微細ゴミから猫砂などの大きなゴミまでしっかりと吸引します。

 

排気浄化システム搭載なので、排気も綺麗な上にホコリを撒き散らすことがありません。ステンレス製の永久フイルターを採用しているので、汚れたら水洗いして再利用できます。フィルターを買い換えるなどの費用も必要ないので、家計にも環境にも優しい掃除機です。

吸引力7000Pa様式サイクロン
重量1.5Kgヘッドモーター

WOWGO

サイクロン掃除機 WOWGO 17000Pa

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超強力吸引なのにこの低価格が嬉しい

こちらの掃除機は17000Paと超強な吸引力が最大の魅力です。コード式ではありますが6mの長さがあるので動きを邪魔しません。強力な吸引力で微細なゴミから大きなゴミまで軽々吸引!部屋の隅々までキレイにできますよ。

 

排気も綺麗で小さなお子様がいても安心。ノズルも35〜65cmまで長さが調節可能なので、男性でも女性でも自分の身長に適したサイズで掃除機をかけることができます。そのため、腰などへの負担も少なく、ますます掃除がはかどります。

吸引力17000Pa様式サイクロン
重量1.65kgヘッドモーター

APOSEN

コードレス掃除機H5

価格:7,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4種類のヘッドが付いて非常にお得

約1.3kgと超軽量なこちらの掃除機は、女性が片手でも楽々掃除をすることができます。さらに標準モードとパワープールモードに切り替えて使用できるため、時間帯や小さなお子様がいらっしゃる場合は低騒音で掃除することもできます。

 

一回のフル充電で約45分間も使用可能なので、部屋の隅々まで綺麗にすることができます。丸ブラシ・ソファーブラシ・隙間ノズルなど4種類のブラシが付属しているので、掃除したい場所や物が違っても的確な掃除が可能です。

吸引力10000Pa様式サイクロン
重量1.28kgヘッドモーター

Dibea

コードレス掃除機

価格:28,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つのモードから最適モードを選べる

この掃除機には静音モード・通常モード・強力モードの3つのモードを切り替えて掃除できるため、使用する時間帯によって使い分けることが可能です。自走式フロアヘッドを採用しているので、掃除の際は自動でヘッドが進んでくれるので軽々お掃除。

 

着脱式バッテリー急速充電を採用しているので、バッテリーだけを取り外して2〜3時間急速充電すればフル充電の状態に。2000MAh大容量だから戸建てなどの広い家でも十分に掃除をすることが可能。お部屋の隅々まで綺麗になります。

吸引力25000pa様式サイクロン
重量1.4kgヘッド自走式

JASHEN

コードレス掃除機15000Pa

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量なのに吸引力増量

白いスマートなシルエットが美しいスティック型掃除機は、1.3kgと超軽量だから女性でも楽々掃除機をかけることができます。ハンドル部分が上部にあり、本体が下部に付いているスタイリッシュなデザイン。

 

ハンドル部分に赤外線リモコンを搭載しており、赤外線によって本体を作動させることで接触不良や漏電などを防止しているのです。また、ヘッドのブラシを取り外すことができるので、絡まった髪の毛なども綺麗にできますよ。

吸引力15000Pa 様式サイクロン
重量1.3kgヘッドモーター

MooSoo

キャニスター掃除機MS159

価格:7,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量だからゴミ捨ての手間が省ける

キャニスタータイプでサイクロン式を採用したこの掃除機は、スティック型と比べてダストカップが大きく、2Lの大容量。そのためゴミ捨ての手間を断然減らすことができます。コード付きの掃除機だから充電を気にすること無く掃除に集中。

 

低消費電力テクノロジーを採用するおことで、消費電力が650Wと省電力で経済的。サイクロン式は少しうるさいイメージがありますが、こちらは56dbと静音タイプなので、作動音を気にする方におすすめです。

吸引力16000pa様式サイクロン
重量約5kgヘッドモーター

掃除機の徹底比較

ここからはご紹介した掃除機7商品を価格や機能面に注目し、徹底比較をしていきます。よりご自身の生活に適した掃除機を選ぶための参考にしてください。

価格で比較

商品名 APOSENサイクロン掃除機H600 メイキンサワ コードレス掃除機 WOWGOサイクロン掃除機 APOSENコードレス掃除機H5 Dibeaコードレス掃除機 JASHENコードレス掃除機 MooSooキャニスター掃除機MS159
価格 ¥4,990 ¥8,970 ¥5,580 ¥7,999 ¥28,980 ¥12,999 ¥7,899

ご紹介した商品の中での最安値は『APOSENサイクロン掃除機H600』の4,990円で、最高値は『Dibeaコードレス掃除機』の28,980円でした。平均価格にすると、約8,000円ほどで購入することが可能です。

 

人気なのはやはりサイクロン式で、どんな家の広さにも収納にもマッチするコンパクトなスティックタイプが定番のようです。一人暮らしでも十分な機能を発揮してくれる『WOWGOサイクロン掃除機』がおすすめです。

機能で比較

  吸引力 様式 重量 ヘッド
APOSENサイクロン掃除機H600 16000Pa サイクロン 1.2kg モーター
メイキンサワ コードレス掃除機 7000Pa サイクロン 1.5kg モーター
WOWGOサイクロン掃除機 17000Pa サイクロン 1.65kg モーター
APOSENコードレス掃除機H5 10000Pa サイクロン 1.28kg モーター
Dibeaコードレス掃除機 25000pa サイクロン 1.4kg 自走式
JASHENコードレス掃除機 15000pa サイクロン 1.3kg モーター
MooSooキャニスター掃除機MS159 16000pa サイクロン 約5kg モーター

どんなゴミでも吸引するのはハイパワー

掃除機を選ぶ上で最も重要なのが吸引力と言えるでしょう。掃除機の吸引力はパワーの頭文字で表示されていますので、数が大きければ大きいほどパワフルな吸引力が備わっているということです。

 

ホコリや花粉などの微細なゴミから、大きいゴミまでしっかりと吸引してくれます。サイクロン式のコードレスタイプはゴミを溜め込むと吸引力が下がってしまうとされていますので、より強い吸引力の掃除機を選ぶようにしましょう。

女性でも片手で持てる軽量タイプを選ぼう

長時間持っている必要のある掃除機は、女性でも片手で操作できる軽量タイプのものが良いでしょう。中でもスティックタイプの掃除機は軽量化されているものが多く、ハンディとしても使うことができるため、負担が少なく掃除できます。

 

7商品の中で最も軽量なのが『APOSENサイクロン掃除機H600』です。1.2kgと非常に軽く、お年寄りやお子様でも操作できます。毎日のように扱う掃除機だからこそ、軽量のものを選ぶようにしましょう。

かけ心地の軽いヘッドは自走式

ヘッドの中で、最も吸引力に優れているのはモーター式と言われています。その中でも自走機能が搭載されている機種は、掃除機自ら前進してくれるので、軽いかけ心地が掃除の時間を短縮してくれます。

 

ただし、自走式は値段も高い掃除機に搭載されているため、値段よりも高性能な掃除機をお探しの方におすすめです。『Dibeaコードレス掃除機』は紹介した中でも最高値の商品ですが、吸引力にも優れているので掃除も捗るでしょう。

まとめ

今お持ちの掃除機で満足していますか?掃除機は年々進化を遂げ、どんどん使いやすく高性能な商品が増えています。この記事をきっかけにご自宅の掃除機を今一度見直してみてはいかがでしょうか。掃除の時間も劇的に変わりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

TOPへ