勉強がはかどる!鉛筆削りのおすすめ人気ランキング3選

お子さんの勉強は欠かせない鉛筆削りですが、結局手動と電動どっちがいいのかわかりません。鉛筆削りにしては高い値段のものを試してみても違いがわからなかったり、、、そんな悩みを解決する鉛筆削りのおすすめ人気ランキングをご紹介します。

鉛筆削りの選び方ポイント2つ

数多くある鉛筆削りの中から、ご自分に合った鉛筆削りを選ぶために、確認したいポイントを2つにまとめました。この2つを確認した上で、自分にぴったりな鉛筆削りを探してみてください。

ポイント①:手動タイプ or 電動タイプ or 携帯タイプ

鉛筆削りには手動タイプと、電動タイプ、携帯タイプの3つあります。その3種類の特徴をご紹介します。


手動タイプ

自分の力で鉛筆が削れる手動タイプは、最近ですとストッパーなどが付いていて子供でも使いやすいものになっています。昔からあるので子供だけでなく趣味などで鉛筆を使っている方は手動タイプが馴染みがあると思います。


電動タイプ

力を入れず鉛筆が削れる電動タイプは、早く削れて時間を短縮できるところが長所です。ただしl、コードでコンセントに繋いだり、乾電池などで動いてくれるので電気代などがかかってしまいます。


また、使える場所が限られてしまいますが、鉛筆の無駄削りを防いでくれる機能などがあるので、その機能が付いているかどうかチェックしてみましょう。


携帯タイプ

ペンケースに入れているとどこでも鉛筆が削れる携帯タイプは、小さいものがほとんどなので持ち運びがとても楽で削る時の機械音が鳴らないので静かです。ただ一度に何本も削ることは難しいです。削りカスなども出るのでゴミ箱の近くで削ることをおすすめします。

ポイント②:芯の太さの調節機能

携帯タイプにはあまりないですが、手動タイプや電動タイプには芯の太さを決めて削れる機能が付いているものがあります。


鉛筆削りの用途は小学生の勉強のためだけではなく、趣味などで色鉛筆なども使う方もたくさんいらっしゃるので、ご自分の使いたい鉛筆の太さを調節できる機能が付いているかどうかは確認すべき点ですのでぜひこだわってみてください。


鉛筆削りのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数ある鉛筆削りの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:Daptsy 子供のための鉛筆削りパック

Daptsy 子供のための鉛筆削りパック

詳細情報
10個入り

1個/87円

シンプルな鉛筆削りは削り口が軽く見える

このシンプルな鉛筆削りはとてもおすすめです。削り口が見えることです。普通の鉛筆削りは削り口が見えず削りすぎてしまうこともあります。しかしシンプルだからこそ、鉛筆の削り口が見えるメリットがあります。他にも鉛筆の芯が詰まったときに便利です。複雑なものほど芯が詰まったときに取り出しにくく時間がかかります。

シンプルな鉛筆削りなら芯が詰まっても取り出しやすいのと、使いやすいのがおすすめな点です。

2位:シャチハタ 鉛筆けずり

シャチハタ 鉛筆けずり

詳細情報
鉛筆の削り角度:24°(鉛筆用)/28°(色鉛筆用) 

仕様:500mlのペットボトルなら約10本分の削りくずを貯められる 

寸法:42.1×37.2×30mm 

重量:15g

ペットボトルに貯められるというアイデアは見事!

鉛筆削りは、どうしても削りカスが・・・、という点に着目した優れものです。何年も前にテレビで話題になりましたが、今ではそのデザインにいろいろなバリエーションが出て来て、いくつもコレクションが出来て、鉛筆を削るのが楽しくなってきます。


ツインタイプは削り角度が選べるため、普通の鉛筆と色鉛筆を角度を変えて削ったりもできます。ゴミの捨て方には、意見が分かれるかもしれませんが、大人も子供も使いやすい、見事なアイデア商品です。

1位:AFMAT えんぴつ削り

AFMAT えんぴつ削り

詳細情報
重量:522 g

筆筒付きが付いている鉛筆削りです

この鉛筆削りは高速で削ることが出来て、わずか5秒という高速で削ることが出来ます。筆筒が鉛筆削りに付いているので、デスクワークで必要な鉛筆やはさみなどを筆筒に入れ整理することが出来ます。安全なデザインになっていますからお子さんでも安全に使うことが出来ます。


価格も電動鉛筆削りでありながら、この価格ですからお手頃に購入出来ます。子供が使うことも出来ますし、オフィスに置いても大活躍出来る便利な鉛筆削りです。

鉛筆削りの売れ筋ランキングをチェック

参考までに、鉛筆削りの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

鉛筆が使いやすくなる鉛筆削りをぜひ見つけてください!

ランキング