読書好き必読!ブックカバーのおすすめ人気ランキング3選!

大事な本を守りたい!読んでいる本の表紙を見られたくない!そんな読書好きのあなたにおすすめしたいランキングを作りました。かわいいものからブランドからフリーサイズのものまで。ブックカバーにもたくさんの種類があります。このランキングを参考にして読書をより楽しんでくださいね。

ブックカバーの選び方ポイント3つ

数多くあるブックカバーの中から、ご自分に合ったブックカバーを選ぶために、確認したいポイントを3つにまとめました。この3つを確認した上で、自分にぴったりなブックカバーを探してみてください。 

ポイント①:本のサイズの確認

カバーしたい本のタテ幅とヨコ幅を測りましょう。ヨコ幅は見開きのヨコ幅を測ることに注意してください。本のサイズとブックカバーのサイズが合っていないと話になりません。

大事な本を保護することもできないでしょう。ブックカバー選びの重要なポイントになりますのでしっかりとサイズを計りましょう。

ポイント②:素材の長所と短所の確認

ブックカバーの素材は、主に紙・ポリプロピレン・ナイロン・布・合皮・革の6つで、それぞれに長所と短所があります。紙の素材だと水に弱く革の素材だと手入れが大変です。 場合により、使い分けなどで対応していくと良いでしょう。

素材によっては汚れが目立つもの肌触りがいいっものまで様々な素材のブックカバーがあります。ぜひ購入の際には素材も気にして購入するといいでしょう。

ポイント③:しおり有無の確認

ブックカバーにしおりがあると大変便利です。しおりが無いものを購入してしまうと物語をどこまで読んだか分からなくなってしまいますね。

しおりがあるものを購入すれば何ページまで読んだか分かって大変便利です。なるべくついているものを選ぶことをおすすめします。

ブックカバーのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるブックカバーの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:宮本ブックカバー『レトロ小紋てぬぐいのブックカバー』

宮本ブックカバー『レトロ小紋てぬぐいのブックカバー』30×16cm(文庫本用)夢はパイロット07587

詳細情報
・サイズ:約30×16cm

・本体重量:約0.035kg 

・材質:表地:綿、平ゴムテープ:ポリエステル、中芯:天然ゴム、栞:パイレン 

・原産国:日本


新発想の手ぬぐいで作ったブックカバー

ブックカバーというと紙のモノや皮で出来たモノが多いのですが、おすすめしたいのは手ぬぐいで作られた、宮本 ブックカバー 「レトロ小紋てぬぐいのブックカバー」です。手ぬぐいでブックカバーを作っている、という部分も独特ですし、手ぬぐいはデザインも豊富で可愛く、昔ながらの和のイメージも味のあるものになっています。


表紙を差し込む部分の幅が広いのでたわみが起きにくいのも魅力と言えますし、何より手に馴染む感じがおすすめです。夏などは手にも汗をかいてしまうので皮より手ぬぐいのブックカバーの方が滑らずに済みますし、手ぬぐいのブックカバーでしたら汚れてしまっても洗濯できます。

2位:ユナイテッドビーズブックカバー文庫判マリンUBS-MR-07

ユナイテッドビーズブックカバー文庫判マリンUBS-MR-07

詳細情報
・幅120mm×高165mm×奥5mm

使うほどに味が出る、日本製帆布ブックカバー

倉敷産の厚手で丈夫な帆布を使ったブックカバーです。発色の良い先染め糸を使用し、ヴィンテージ・ジーンズ等でも使われるシャトル織機で作られています。独特の風合いに鮮やかなストライプの生地は、良い手触りや使い心地、見た目の楽しみも与えてくれます。カラーバリエーションも豊富。


好きな色が選べるのはもちろん、好みに合わせやすく、季節ごとに替えるような楽しみ方も可能です。丈夫な生地はカバンに放り込んでも傷みにくく、本を守ります。使えば使い込む程風合いが変化し味が出る帆布は末永く使えることでしょう。本の厚みは25mmまで収納可能。お気に入りの一冊とお気に入りのカラーで是非合わせてみてください。

1位:オルキデアブックカバー岡山デニム紺文庫本サイズ国産BK-I-1-S

オルキデアブックカバー岡山デニム紺文庫本サイズ国産BK-I-1-S

詳細情報
・対応する本のサイズ:表紙15.3cm X 10.7cm 以下 厚さ2.0cm 以下 

・素材(表地)デニム(岡山県産綿100%)(裏地綿・ポリエステル )

・洗濯:単独で手洗い日本製


デザインから縫製まで国産 綿100% 洗濯もできる

この商品は、色合いも肌触りも大変良いです。片方がポケット状になっており、そこに本の表紙の片方を入れ、反対側にゴムのバンドが付いているので、そちらに裏表紙を入れて使用します。


ただ、注意点としてこの裏表紙のゴムが少し弱くたまに外れてしまう注意点もあります。ゴムの部分以外は特に問題もなく、洗濯もできて清潔に使え、適度に色落ちもして愛着がわいていきます。

ブックカバーの売れ筋ランキングをチェック

参考までに、ブックカバーの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。 

Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まずは自分の本のサイズに合うものを選ぶこと。柄の可愛い物から、手触りのいい素材のブックカバーまで様々なブックカバーが販売されていますね。


カバンに入れて持ち運びしても本をしっかりと保護してくれそうです。ぜひ、このランキングを参考にしていただき、自分の本に合ったブックカバーを見つけて下さい。

ランキング