【2018年最新版】ジューサーのおすすめ人気ランキング8選

朝起きて、ミキサーやジューサーで出来たてのスムージーを飲みたいという方、料理の時、ジューサーを時間短縮のために使いたいという方、様々な方がいらっしゃると思います。そんな悩める皆さんにおすすめ人気ジューサーをご紹介したいと思います!ぜひ参考にしてみてください!

ジューサーのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるジューサーの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:THZY ハンドブレンザー

THZY ハンドブレンザー

詳細情報
・本体重量:約625g

多種多様なものをジューサーでできる

私がこのTHZYハンドブレンザーをおすすめする理由としてジューサーの混ぜるという使用目的だけではなく、様々な場面の調理などに役立つことができるからです。 もちろんジューサーとして果物などを潰して混ぜることにも長けており、取っ手が非常に持ちやすく、少ない力で実行することができます。

また肉をミンチ肉にすることや、きざむこと、卵などの泡だてにも使うことができ、ひとつ持っているだけで様々な場面で重宝できます。お値段もそこまで高くないのも魅力の一つです。

2位:KVVJVV ハンドブレンダー 1台4役 ハンドミキサー

KVVJVV ハンドブレンダー 1台4役 ハンドミキサー

詳細情報
・本体重量:約1.4kg

面倒な離乳食作りにぴったりです!

2人目の子供の離乳食用に購入しました。1人目の時に使用せず頑張り過ぎてかなり疲れたので効率的にと思いました。10分粥など恐ろしいほど大変なのですがこちらを使用するとびっくりするほど簡単にドロドロになります。

お粥を卒業してからもかなり食材を細かくするのに便利だったので早くから色んなものを食べさせることができました。子育てで時間がないママにかなりおすすめです。刃の部分も取り外せて綺麗に洗えるのでかなり清潔に保てて良いです。

1位:テスコム ミキサー

テスコム ミキサー

詳細情報
・本体重量:約2.52 kg

2人暮らしでぴったりです。コスパも抜群!

数年前から使用しています。最近はジューサーでドリンクを作ってそのまま容器にフタをして持ち運べるようなものもありますが、特にそういう用途でなければ、このテスコムのジューサーで充分だと思います。朝果物のジュースを作ったり、野菜スープなどのお料理などで、使用しています。

数年間パワーも衰えず、容量も1リットルあるので十分お料理で活躍できます。難点は、やや大きいので収納に場所を取ることです。ただ、リーズナブルで、コスパ最高だと思います。おすすめです。

その他のおすすめジューサー5選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Oster シトラスジューサー

Oster シトラスジューサー

詳細情報
・本体重量:0.9kg

柑橘類をギュッと搾るなら断然これです!

ジューサーそのものの形や大きさから、台所でもかさばらずに収納できます。オスターの製品、特に台所用品は知名度よりも使いやすさや納得のできるシンプルな機能で重宝しています。

本製品はグレープフルーツやオレンジなどの柑橘類を搾るのに特化していて、非常に使い心地がよくておすすめしたいです。搾るのにやや時間は掛かりますが、その分栄養素が凝縮されるようです。手入れも部品に分けて水洗いをし、また使用する時に組み立てるのも楽々です。ぜひ台所に一つどうぞ。

クビンス ホールスロージューサー

クビンス ホールスロージューサー

詳細情報
・本体重量:6.9kg

自宅で簡単にコールドプレスジュースが作れる!フローズンデザートやスムージーもOK

健康や美容に欠かせない栄養分のひとつである酵素を豊富に補給出来るコールドプレスジュースが最近人気だけど、お店で購入するとお値段が高いですよね。でも、自宅でコールドプレスジュースが安価で出来たら嬉しいなと思っていたら、友人から勧められたのがクビンス社製のホールスロージューサーです!操作はとても簡単!家にある果物や野菜を投入口に入れるだけ!食材を小さくカットする必要も無く、小さめの果物なら丸ごと投入出来ます!使用後、付属の専用ブラシで簡単洗浄出来てお手入れも楽々。

ストレーナーを変えれば、ジュースだけではなく、フローズンデザートやスムージーも作れて、一台三役!絶対おすすめの一台です!

ヒューロム スロージューサー

ヒューロム スロージューサー

詳細情報
・本体重量:9.55 Kg

世界初のスロージューサー

元々半額以下の別メーカーの商品を使っていて、壊れたのをきっかけに買い替えました。すると、今までよりもたっぷり絞り出せるようになったんです。量がかなり違いますので、ちょっと驚きました。やっぱり値段の差があるのには理由があるんだなと思いましたね。

健康のためににんじんニュースを飲んでいますが、水を入れなくても100%のジュースが簡単に作れますのでとても重宝します。後はお手入れが簡単ですね。金属刃が無いのでお子様でも使えますし、年配の方へのプレゼントにもおすすめです。

レコルト ソロブレンダー サンテ

レコルト ソロブレンダー サンテ

詳細情報
・本体重量:750g

フレッシュをそのまま飲もう!

良い点は丸洗い出来る所、面倒なパーツがないのがいいと思います。いちいち外して組み立ててと言うのが嫌なので、すぐに使う事が出来ていいのがポイントです。

ちょっと凍った果物を入れると音がすごいですが、小さいわりに力があって口当たりが滑らかに出来上がります。作ったらそのままカップとして使って飲めるから洗い物も減るし、色々な野菜や果物ジュースを試したり、ご飯を用意するときに、ドレッシングを作ったりしてみたくなります。

日立 パーソナルジューサー

日立 パーソナルジューサー

詳細情報
・本体重量:1.2kg

シンプル・ザ・ベスト

私が日立のパーソナルジューサーをおすすめする理由は、実際に私が使っていて使い心地がよかったらからです。値段が1825円という価格でシンプルなデザイン。機能は、中央のボタンを押すと刃が回転するだけと、全てがシンプルな設計になっています。他のジューサーに比べるとパワーが足りないのか、普通の冷蔵庫で作った氷を砕く事はできなかったので、フローズン系のジュースは作るのが難しいと思われます。

普段、朝にヨーグルトとバナナを混ぜてバナナジュースを作って飲んでいますが、この価格で2年ほど使えていますが、特に困っていることはありません。 設計、デザインがシンプルということは、洗うのもとても簡単ということなので、そこも他の人におすすめしたいポイントですね。値段が安く便利だったため、知り合い2人にプレゼントで渡していますが、皆とても喜んでくれました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スムージーを作るだけではなく料理や離乳食の手伝いをしてくれるジューサーもご紹介しました!お気に入りのジューサーを見つけて、朝の美味しいジュースなどを作ってみてはいかがでしょうか。

ランキング