無駄遣い防止!2018年のおすすめ家計簿の人気ランキング12選

最近は家計簿もスマートフォンなどで管理できるようになっていますが、やっぱり手書きで書く家計簿は意識も高まって無駄遣いも減らせるのではないでしょうか。そこで2018年のおすすめ人気の家計簿をご紹介します!ぜひ参考にしてみてください!

家計簿の選び方ポイント2つ

数多くある家計簿の中から、ご自分に合った家計簿を選ぶために、確認したいポイントを2つにまとめました。


この2つを確認した上で、自分にぴったりな家計簿を探してみてください。

ポイント①:項目の数をチェック

家計簿にはそれぞれ種類によって項目の数が違います。

出費した金額のみを記入するタイプや、出費したものの名称、数、金額を記入するタイプなどありますが、ご自分の家族の人数や環境で選んでみましょう。一人暮らしや大家族ではない方は出費したものの名称、数、金額など細かく記入できるものを選ぶことをおすすめします。逆に、何年も家計簿をつけていて慣れている主婦の方などは出費した金額のみを記入するタイプをおすすめします。お子さんの学校で使う物や食費などは多くて書ききれないほどになりますので、金額のみのタイプで十分でしょう。何年も細かく記入するタイプの家計簿を選んでいた主婦の方は少し違うものを試してみてはどうでしょうか?

ポイント②:〇〇+家計簿

家計簿は出費したものを書くノートですが、最近では持ち歩けるように日記帳と一緒になったものやカレンダーがついていて予定が書き込めるもの、記入しなくても良いレシートが貼れるスペースがついているものが増えています。購入したものとその日の出来事の内容を交えたい方は日記帳+家計簿を選ぶと綺麗にまとめられるので几帳面な方におすすめします。同じく、カレンダーがついていると、その日の出費する予定のものをあらかじめ記入できるのでお金の流れを知りたい方におすすめです。


家計簿はスペースをうまく使えるとより細かく自分を見直せますのでご自分の続きそうなものをお選びください!

家計簿のおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数ある家計簿の中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:暮らし上手の家計簿2018

暮らし上手の家計簿2018

500円(税込)

生活の記録もできるダイアリー型

単純な家計簿としてのみではなく、毎日の生活の記録まで可能な、日記帳のような家計簿です。月ごとののスケジュール欄などがあり、手帳のように使うことができるので使いやすく、家計簿としての機能も両立した便利な製品です。また、毎日の記録は縦への記入となっていて、上はフリーなスペース・中間には食事内容などを記録するスペース・下部には支出に使用した金額を記載できるスペースという区分けがあることもポイントです。週ごとの合計の金額を視認したり、先週と比較したりと、比較と確認も容易なつくりとなっています。イラスト、天気なども記入可能になっていますので、ダイアリーのように保存しておくのにも適しています。

2位:ミドリ家計簿

日付なしの家計簿

デザインフィル ミドリ 家計簿 A5月間は、日付が印字されていないフリータイプの家計簿です。このため、思い立った日から日付を気にせずに、すぐに始めることができる家計簿となっています。しっかり開く事が可能なノートタイプになっており、書き込みがしやすい上、クリアポケットも付いているので、電卓や筆記具などと一緒に置いておくことも可能になっています。支出の項目には、デフォルトでは食費のみの印字となっていますので、それ以外はフリーな形式で記入できます。たいへん計算がやりやすく設計されている点もポイントです。逆に、項目が少なめなので、シンプルな記入をしたい人に向いています。

1位:コクヨ家計簿

大きな収支欄で見やすい

月ごとのマンスリーカレンダーと収入、当月支出が、見開きの1つのページに収まった、見やすい上に管理がしやすい家計簿です。全部記入してしまったらガイドに従って計算をするのみなので、合計の金額把握が大変簡単に行えます。記入する部分の欄も大きく作ってあるため、非常に書き込みがしやすくなっています。例えば、保険料をまとめて管理できるページがあったり、結婚祝いなどの贈答用に計画されている支出まで管理できるチェックリストもついていますので、いざというときに備えることができる家計簿と言え仕上がりです。がっつり書き込む事ができるいのに大変見やすいことが好評の秘訣です。

その他のおすすめ家計簿9選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。


これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

お金が貯まる LDK家計ノート2018

貯金を目指す人に最適な家計簿

家計簿をつける目的は人それぞれですが、貯金を目標としている人にはこの家計簿がおすすめです。家計再生のプロのアドバイスを参考にしながらお金の管理ができるので、お金が貯まらないとお悩みの人にうってつけ。最低限必要な項目のみに絞ってあるため、書き込みやすいところもポイントです。

また、貯金額をグラフ化できるページもあり、モチベーションアップに繋がる工夫も。これなら目標金額までの道のりもぐっと近づくのではないでしょうか。なかなか家計簿が続かないという人でも不思議とやる気にさせてくれるので、今年こそ目標に向かって家計簿をつけたい!と言う人はぜひ試してみてください。

シンプル家計ノート2018

柔らかい色使いで簡潔にまとまった家計簿

柔らかい色使いで簡潔にまとまった家計簿です。年間の総まとめを記述する部分のページもあり、いちいち該当月のページを見返さずとも年間を確認できる便利なつくりで人気の商品です。賞与の収入を書き込めるようになっている他、月単位でのスケジュールのページもあって、手帳として使うこともできます。以降の予定を確認しつつ収支のをやりくりができるので、支出の予定を見落とす可能性が低くできそうです。加えて、デフォルトで印字がされている項目のフォントもたいへん確認しやすく、一目で記載すべきスペースか把握可能なので、書き込みがたやすく、確認もしやすい家計簿です。

ダイゴーギンガムチェック家計簿

ダイゴーギンガムチェック家計簿

1005円(税込)

ロングランな見やすい家計簿

色々なタイプの商品が販売されている家計簿の中、使用者の声に多い要望は「クレジットカードの利用明細を記入する項目が欲しい」というものがあります。このギンガムチェック家計簿はそうした声に応え、カード利用の記入が可能にになっており、従来のものの不満点を解決しています。この点でも簡便なだけでなく高い実用性も伴っています。収入と支出の項目のみでなく、月ごとに引き落としされる公共料金などの項目をはじめ、預均・貯金や小遣いを記載できるスペースも設けられています。必要とされる項目がきちんと揃いつつも視認しやすいので、使用者が増加中です。

ハウスキーピングブック

手帳メーカーが作った家計簿

ハウスキーピングブックは、手帳の製造会社が作成した非常に書きやすい家計簿です。手帳にも多いリング形式のつくりで、開きやすく、綴じた形式のものより書き込むことが容易になっています。月ごとの最後のページにフリーのポケットが付いていて、お金を入れたり、レシートを挟んだりといった用途での使い方ができます。また、挟んでいても邪魔にならないクリップ形式の電卓も付いていて必要な時の慶さんも可能なので、この製品を取り出すだけですぐに家計簿がつけられる仕組みになっています。今の月の記入箇所がすぐに識別できるように、付けたり外したりができる便利な見出しも付属されています。

リラックマ家計簿2018

かわいくて、簡単!続けられる家計簿!

こちらの家計簿の特徴は、書くのがとても簡単で、続けやすいことです。
その理由は、1ヶ月分の支出が「項目ごと」の記入になっているからです。
通常の家計簿は、日付ごとの表になり、日記のように「△月〇日は何を買った」ということを書きますよね。
それだと1日の出費はよくわかりますが、その分1ヶ月の出費は、ぱっと見わかりにくいと思うのです。
しかし、この家計簿の表は「〇〇費」という項目ごとに分かれているため、見開き1ページで1ヶ月分の出費がわかりとても見やすいです。

また、この家計簿は、購入日を忘れてしまったり、毎日書けなくても大丈夫です!
日付を書く欄はありますが、項目別になっているので、日付はあまり重要視しなくていいのです。
当てはまる項目のところに「内容と値段」を記入すればいいだけで済むので、あとからでも書きやすいのです。
忙しい主婦生活の中で無理しなくても、簡単に続けられる家計簿です。

学研ステイフル手帳家計簿手帳

スケジュール帳兼任の小型家計簿

スケジュール帳一体型の家計簿です。目的によってあれはこっちに、これはこっちに記録…というのが面倒な方にお勧めの製品です。家計簿としては小型のA6版。スケジュール帳兼任なので、外出の際には持ち歩き、こまめにちょこちょこと記帳できます。面白い特徴として、「今月のムダづかい」欄があります。家計簿は、家計の管理と管理状況の改善が目的なので、一か月分の収支を見直ししてムダづかいの原因が分かれば翌月の改善行動につなげることができますね!

細野真宏のつけるだけで節約力がアップする家計ノート2018

細野真宏のつけるだけで節約力がアップする家計ノート2018

540円(税込)

節約力を磨けるワンランク上の家計簿

「節約力が身につく」と評判の家計簿です。節約力を磨くためのコラムもあって、単なる家計の収支記録ではなく、記録しながら家計のマネジメント能力を磨きたい方にピッタリでしょう。レシート1枚を1行に記載する方式で、記帳方法はシンプルで分かりやすいので、3日坊主にもならずに済みそうです。スケジュール管理ができるカレンダーやフリースペースも十分にありますので、手帳としても活用できます。罫線はクッキリ、文字は大きく、年配の方でも安心してご利用いただけます。

袋分けカンタン家計ノート2018

袋分けして費目金額を管理

この製品は、目に見える現金にて管理ができるので、家計の流れが楽に把握可能ならくらくの家計簿です。めんどうな方は、月の収入から支出予定の金額を把握するのが大変だと思いますが、この家計簿は予算額を袋分けにして入れておくだけで大丈夫な製品です。支出がある場合、この袋の中から現金を取り出すだけなので、何時、いくらの支出があったのかがとても把握しやすくなっています。家計簿上に記載された数字のみで管理を行うのではなく、常に現金収支で把握をするので、お金の使いすぎを抑制する効果も期待できます。ページは色合いが楽しく、ある程度のおおざっぱな記載でも管理がOKです。

高橋家計簿2018年

スタイリッシュな家計簿

手帳メーカーとして大変人気の高い高橋から発売されている、手帳一体型家計簿が、この「高橋 プチ家計簿」です。毎年1月から開始になっていますので、新しい年の始まりに合わせ「今年から家計簿をつける!」という入門者の方にもおすすめの商品です。スケジュール管理が容易なだけでなく、銀行の口座の預金残高を記載可能なページもあり、手帳、家計簿び両面からの機能が充実しています。1週間分の家計が見開きの形式になっているので、非常に見やすいつくりで、持ち運びしやすいサイズと、家計簿に見えないおしゃれさが実用的な家計簿です。

家計簿の売れ筋ランキングをチェック

参考までに家計簿の売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自分のお金の流れを理解できる家計簿を使って無駄遣いを減らしていきましょう!

関連記事:ちゃんと続く!見やすくてわかりやすい家計簿のおすすめ人気ランキング3選

持続も楽々!ズボラな方におすすめの家計簿の人気ランキング6選

ランキング