あなたの車を守るドライブレコーダー の おすすめ人気ランキング7選

車を運転する方で知っている方は多いかもしれませんが、煽り運転をされたり、事故などをした時に証拠になる写真や動画を撮影してくれるドライブレコーダー。絶対に付けておいた方が良いですが、まだ車に付けてない方のためにおすすめ人気のドライブレコーダー をご紹介します!

ドライブレコーダーの選び方ポイント3つ

出典: www.amazon.co.jp


ここ数年、自動車のあおり運転や事故による責任の有無によるトラブルが多発しています。そんな時に自分の身を守るためにも備えていれば安心できるものが「ドライブレコーダー」です。ドライブレコーダーにも色々な商品がありまして選ぶのに苦労すると思われます。

そこで、数多くあるドライブレコーダーの中から、ご自分に合ったドライブレコーダーを選ぶために、確認したいポイントを3つにまとめました。この3つを確認した上で、自分にぴったりなドライブレコーダーを探してみてください。

ポイント①:画質、画素数で選ぶ

出典: www.amazon.co.jp




まずは何と言っても撮影した画像や動画が綺麗に映っているかがポイントになります。事故や迷惑運転などでの証拠画像・動画にもなりますので、それがボヤけていては意味がありません。そこで注目するのが画質、画素数です。画素数と聞いて大抵は「200万画素」や「300万画素」と書かれているだけでどういう意味かピンとくる方は少ないと思います。


簡単に言えば画素数とは人間の目の網膜みたいなもので、レンズで捉えた画をその画素数で映し出していると言えます。ただ、それだけで綺麗に映るかといえばそうではありません。画素数は大きくなればなるほど大きな画面で撮影ができますが、解析度と呼ばれる画面の大きさ(○○×○○画素と表記されているもの)が画素数に合っていなければ逆に映りは悪くなってしまいます。


メーカーによって変わってきますが、高画質を求めるのであれば200万画素以上でフルハイビジョン(1920×1080)のものをおすすめします。

ポイント②:機能で選ぶ

出典: www.amazon.co.jp


ドライブレコーダーは色々な機能を搭載しております。これはあった方がいいよという機能を挙げて行きます。

撮影機能

当然ながらドライブレコーダーにはこれがないと始まりません。エンジンをかけると自動的に撮影を開始し、メモリーカードに走行を録画していきます。


バックアップ機能

基本走行中の映像は自動的に記録されていきますが、メモリーの容量達すると自動的に上書きされます。それ以外にも急ブレーキや事故による衝撃を感知したときに通常走行とは別のフォルダーに衝撃の前後の記録が自動的に保存されます。そのため、データが上書きされ削除ない限りは残り続けます。消したくない場合は保存することが可能です。


GPS機能

人工衛星を利用した測位システムです。自分が走ってきたルートをいつどの時間にどれぐらいの速さで走っていたかを計測できます。ドライブレコーダーの映像をGoogleなどのMAPと連携しながら走行記録を見ることも可能となっているので、事故の発生状況を検証できます。


手動機能

自分の手で録画を開始・停止を行うこともできます。目の前の事故やあおり運転などのトラブル時に任意のタイミングで録画開始をすることもできますし、ドライブの記録やブログに走行した時の様子をアップするときなどに利用できます。最近では撮影開始時に静止画像を保存する機能もあります。

ポイント③:取り付け方法を確認

出典: www.amazon.co.jp



ドライブレコーダーを取り付ける際には購入したところで行うイメージがありますが、取り付けには工賃が掛かってしまいます。(5000円~7000円が相場)実は自分自身でも取り付けることは可能です。

電源の確保のため配線をヒューズをに取り付ける方法オーディオに取り付ける方法がありますが、これらは少し手慣れた方でないときちんと作動しなかったり、パーツの破損に繋がります。一番簡単な方法はシガーソケットに差し込んで電源を確保することです。特に加工しなくても差し込むだけでOKです。


ただし、この方法ではドライブレコーダーから出る電波によりETCにノイズが走ることがあり、ETC搭載車はその影響でETCバーが開かないことがありますので、ノイズ対策がレコーダーにされているかをチェックしておきましょう。

ドライブレコーダーのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるドライブレコーダーの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:JEEMAK ミラーモニター

JEEMAK ミラーモニター

4799円(税込)

詳細情報
・ブランド JEEMAK

・商品重量 739 g

・梱包サイズ 33.6 x 11.8 x 6.2 cm

・電池: 1 Lithium Polymer 電池(付属)

・製造元リファレンス CE12


前も後ろもこれ一台で安心!バックミラー型モニター

フロントに取り付けるバックミラータイプのドライブレコーダーです。録画中に画像が映し出されることがありますが、走行の邪魔になりませんし、映像を消して普通のバックミラーとしても使用できます。また、カメラが二つあり一つは前を、もう一つは後ろを撮影することができます。後ろからの衝突の対応だけでなく、バック駐車時のカメラとしても機能させることができます。

2位:コムテック ドライブレコーダーZDR-01

コムテック ドライブレコーダーZDR-01

9800円(税込)

詳細情報
・ブランド コムテック

・モデル名 ZDR-012

・商品重量 77.1 g

・梱包サイズ 5.8 x 2.7 x 5.7 cm

・メーカー型番 ZDR-012

・商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 5.8 x 2.7 x 5.7 cm

・有効画素数:最大200万画素

・フレームレート:29 / 19 / 9fps

型は小振りでも高性能!スタート1秒で録画開始

カメラ自体が小さく視界に入りにくいため運転中は邪魔になりません。またダッシュボードに取り付けるなども可能です。少し別金額になりますがGPS機能を備えることもできるため、トラブルの際にはより確実な情報を入手できます。そしてエンジンをかけた直後に200万画素のフルHDで録画を開始するためいつでも綺麗な画像を映せます。

1位:BRISIE ドライブレコーダー

BRISIE ドライブレコーダー

4580円(税込)

詳細情報
・ブランド BRISIE

・商品重量 281 g

・梱包サイズ 7.5 x 4 x 2.5 cm

・電池: 1 Lithium ion 電池

・製造元リファレンス W1087

・商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 7.5 x 4 x 2.5 cm

・動画解像度:1920x1080P (200万画素)

・静止画解像度:4000 / 3000(1200万画素)

コスパ良し!性能良し!画像良し!悪いとこナシ!

全体の大きさがかなり小さいものの、200万画素の動画と1200万画素の画像という超高画質であり、昼夜を問わず見やすい画像となっています。また、見た目以上に広範囲を撮影していたり、前後カメラであるにもかかわらず取り付けも簡単で、コスト的にもよいと買われた多くの方が5つ星を出すほどの商品となっています。

その他のおすすめドライブレコーダー4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。


これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ケンウッド ドライブレコーダーDRV-325

ケンウッド ドライブレコーダーDRV-325

13750円(税込)

詳細情報
・ブランド KENWOOD

・モデル名 DRV-325

・商品重量 358 g

・梱包サイズ 3.7 x 6.2 x 5.1 cm

・電池: 1 Lithium ion 電池(付属)

・メーカー型番 DRV-325

・商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 3.7 x 6.2 x 5.1 cm

・記録解像度:1920×1080(動画最大約200万画素)

様々な衝撃に対応!車を止めていても録画

正面や横、天井からの3軸のGセンサーからなるため、様々な衝撃に対して録画を開始します。画質もよく記録をするには最適な商品となっています。またオプションを利用してバッテリーから電源を供給することで停車中でも録画を行うことができるため駐車中の接触事故にも強いです。電源の過剰供給防止機能がついているのでバッテリーがアガることはないです。

コムテック ドライブレコーダーZDR-015

コムテック ドライブレコーダーZDR-015

34968円(税込)

詳細情報
・ブランド コムテック

・モデル名 ZDR-015

・商品重量 141 g

・梱包サイズ 3.3 x 9.7 x 6.2 cm

・メーカー型番 ZDR-015

・商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 3.3 x 9.7 x 6.2 cm

・解像度 記録解像度:1920x1080(最大)

・取付サイズ 89(H)×96.5(W)×32.5(D)/mm

前や後ろだけでなく運転中や駐車中も安心のドラレコ!

カメラが二台付いており、前方と後方を同時に200万画素の高画質で録画できます。運転中には前の車の接近や速度の出し過ぎ、車線の逸脱のナビゲートなど6つの機能で安全運転のサポートを行います。また、オプションを取り付けることで駐停車中の録画も可能となるため、車を止めているときの接触事故にも強い商品となっています。。

デュアル ドライブレコーダー

デュアル ドライブレコーダー

7890円(税込)

詳細情報
・ブランド Chortau

・商品重量 449 g

・梱包サイズ 10.6 x 5.8 x 0.5 cm

・メーカー型番 B-T002

・商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 10.6 x 5.8 x 0.5 cm

・周波数帯域 50Hz/60Hz

・画素 1800万

・解像度 1920*1080P/1280*720P

・保証期間 永久保証

前と後ろ、駐車中をサポート。永久保証で対応も迅速!

今主流となっている前後の車載カメラ付きで、駐車中の衝突にも自動で録画を開始します。また、駐車監視をONにすることで動くものに対して検知を行うようになるため、防犯にも役立ちます。また、購入後の保証期間は「永久保証」なっているため自己責任以外の破損に対してや、購入時の不具合時の対応も迅速であると好評です。

ユピテル ドライブレコーダーWD300

ユピテル ドライブレコーダーWD300

9970円(税込)

詳細情報
ブランド ユピテル

モデル名 WD300

商品重量 399 g

梱包サイズ 21.4 x 16.2 x 5.8 cm

メーカー型番 WD300

解像度 200万画素

取付サイズ 62(幅)×48(高さ)×38(奥行)mm(突起部除く)

GPSや非常電源があるので万が一の電源切れも安心!

基本的なオプションでGPS機能がついているため(購入時に外すことも可)、万が一の電池切れでも自動的に日付を追ってくれます。撮影日時は事故や犯罪のときの証拠として大きな証拠能力となるため多くの方に高評価でした。また、大事故で電源が切れて記録中のファイルが破損しないように非常電源が搭載されており、記録中の映像の破損を防ぎ保存をしています。

ドライブレコーダーの売れ筋ランキングをチェック

参考までにドライブレコーダーの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


この記事にも書きましたようにドライブレコーダーには多くの種類があります。


  • 画質、画素数
  • 機能
  • 取り付け方法
これらのポイントを参考にして自分の使いたいドライブレコーダーを探し、安全運転に心がけましょう。

ランキング