普段から成人式まで!かんざしのおすすめ人気ランキング7選

卒業式や成人式など着物にぴったりなアクセサリーといえば、かんざしですよね!普段から使えるカジュアルなものもあるんです!アクセントとして洋服に合わせるのもおすすめです。それでは、皆さんにおすすめ人気かんざしをご紹介致します!

かんざしの選び方ポイント2つ

出典: www.amazon.co.jp


多くあるかんざしの中から、ご自分に合ったかんざしを選ぶために、確認したいポイントを2つにまとめました。


この2つを確認した上で、自分にぴったりなかんざしを探してみてください。

ポイント①:種類を確認

古くは縄文時代からあったというかんざし。時代の流れや髪形の変化により、様々なかんざしが作られてきました。伝統的な螺鈿(らでん)や蒔絵(まきえ)を施した高価なかんざしは素晴らしいものですが、現代では和装・洋装どちらにも使えるようにアレンジされた手頃なかんざしが増えています。


様々なデザインのあるかんざしですが、その種類は大きく分けて三つあります。ここではどんなかんざしがあるのかを確認していきましょう。


一本足

出典: www.amazon.co.jp


軸が一本のものです。髪をねじってまとめたり、お団子に結った髪に刺したりと気軽に使え、着物や浴衣だけでなく洋服にも合うデザインが揃っているかんざしです。玉かんざしは珊瑚・翡翠・ガラスなどの玉を一つ付けたものです。平打(ひらうち)かんざしは平たい飾りが付いたもので、飾りは丸型や花形、菱形など様々です。浮世絵によくみられる吉丁(よしちょう)は、先端が耳かき状になっているだけのシンプルなかんざしです。


二本足

軸の部分が二股に分かれているものです。つまみかんざしは近年人気のつまみ細工のかんざしで、花の飾りのものは花かんざしとも呼ばれます。可愛らしく華やかなのが特徴で、よく舞妓さんが付けているのを見かけます。三味線のバチに似ているバチ型かんざしは扇型・銀杏型ともいわれ、扇形の部分に蒔絵やパールの飾りが施されているものは高級感があり、華やかな席によく合うかんざしです。


くし形

いわゆるかんざしとは異なりますが、(くし)も和を装う髪飾りの一つです。蒔絵や螺鈿の美しい細工の櫛をまとめ髪の上に刺せば、上品な華やかさをプラスすることができます。

ポイント②:服装を確認

出典: www.amazon.co.jp


着物には「」があり、格に合った小物を揃える必要があります。かんざしも着物の格と調和の取れたものを選びましょう。一方、普段使いの着物や洋服に使うかんざしも増えています。ここでは、服装に合わせたかんざし選びを確認していきましょう。


フォーマル

留袖など格の高い着物を着る時には、髪飾りも格の高いものを合わせると良いでしょう。蒔絵や螺鈿が施された伝統的なバチ型かんざしは、フォーマルな装いに合うかんざしです。パールをあしらった上品なかんざしもおすすめです。


振袖

華やかで可愛らしいつまみ細工のかんざしは、振り袖姿にぴったりです。色も豊富で、飾りも大きめの花のモチーフや小さな花を集めた飾りなど様々なデザインがあるので、振袖との相性を確かめながら決めると良いでしょう。パールビーズやラインストーン付きの煌びやかなものや、動きのある下がり飾り付のものも、ハレの日の装いに華やかさを添えくれます。


普段の着物・浴衣

伝統的なものに拘らず、好みのかんざしで自由に楽しむことができます。可愛い柄のついたトンボ玉の玉かんざしは浴衣姿のまとめ髪によく合います。鈴付の下がり飾りが付いたかんざしなら涼やかな鈴の音も素敵です。着物や浴衣の柄の大きさや色合いとのコーディネーションが美しい着姿のポイントです。


洋服

ちょっと出かける時も、さっとかんざしで髪をまとめればお洒落度がぐんとアップします。お団子ヘアに可愛い飾りのついた一本足のかんざしを刺すのもおすすめです。バラなどの洋花をモチーフにしたかんざしはドレスに合わせても素敵です。和洋を問わないデザインのかんざしがたくさんありますので、その日の洋服に合わせてお好きなものを選ぶと良いでしょう。

かんざしのおすすめ人気ランキングベスト3

出典: www.amazon.co.jp


それでは、数あるかんざしの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。口コミと共にご紹介しますので、ぜひご参考にしてみてください。

3位:つまみ細工髪飾り簪(かんざし)正絹

つまみ細工髪飾り簪(かんざし)正絹

詳細情報
・装飾縦:約8cm 
・装飾横:約9.5cm 
・ブラ長さ:約11.5cm

高級感漂う正絹つまみ細工の髪飾り

正絹の光沢が美しい髪飾りです。つまみ細工は菊や梅など和を代表する花がモチーフになっており、ポイントで使われているラインストーンが華やかさを演出します。下がり飾りには藤の花を思わせる下り藤が施され、先端の鈴がゆらゆら揺れて可愛らしさを添えています。上品で高級感があり、ハレの日の装いを引き立たせる髪飾りです。

2位:京都きもの町 かんざし象牙調白色×珊瑚風ビーズ 桜

京都きもの町 かんざし象牙調白色×珊瑚風ビーズ 桜

詳細情報

・全長:約14cm

・花飾り:直径約5.5cm

・下がり全長:約7.5cm

・日本製


花嫁さんを思わせる清らかな華やかさのかんざし

さくらのモチーフで、象牙調の白い花びらの花芯に淡いピングの珊瑚調ビーズが施された上品で優しい色合いのかんざしです。お顔の横でゆらゆら揺れる象牙色の下がり飾りが印象的です。振袖に合わせれば上品な華やかさを演出してくれることでしょう。程よい大きさなので、小紋などのお洒落着に華やかに合わせるのもおすすめです。

1位:つまみ細工髪飾り簪(かんざし)正絹

つまみ細工髪飾り簪(かんざし)正絹

詳細情報
・装飾縦:約8cm 
・装飾横:約10.5cm 
・ブラ長さ:約11.5cm 

ハレの日を華やかに装う贅沢なつまみかんざし

正絹を贅沢に使用しているつまみかんざしです。梅のモチーフの飾りは正絹ならではの光沢があり、高級感を漂よわせています。花芯部分に施されたラインストーンがキラキラと華やかな印象を与え、さがり藤の先端の鈴の音がりんりんと涼やかな可愛らしさを添えてくれます。振袖にもおすすめです。白を基調にしているので、どんな色目の振袖にも合わせやすい一品です。

その他のおすすめかんざし4選

出典: www.amazon.co.jp


ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。


これも口コミと共に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

バチ型簪(かんざし)パールラメシルバー

バチ型簪(かんざし)パールラメシルバー

詳細情報
・サイズ:横約9cm 縦約13.5cm

フォーマルに最適!気品高く高級感漂うかんざし

台の縁に大小のパールを並べて配した気品あるデザインのかんざしです。黒留袖や訪問着など格の高い着物に合わせれば、装いに高級感をプラスしてくれるでしょう。着物の色やデザインに左右されないので、いろいろな着物に合わせてお使いいただけます。白が基調で使いやすく、着物を着られる方へのプレゼントにもおすすめです。

京都きもの町 かんざし扇に鶴梅

京都きもの町 かんざし扇に鶴梅

詳細情報
・モチーフ部(さがり飾り除く):約6.5×4cm
・モチーフ高さ:約3cm
・下がり飾り長さ:約10cm
・刺す部分長さ:約9cm

角度調節可能でアレンジヘアにも便利なべっ甲調かんざし

しっとりとした光沢を放つべっ甲調のかんざしです。足の部分の金具が動き、角度を自由に変えられるので、髪に刺してから飾りの向きを調節できる使い勝手のよい一品です。透明感のあるこっくりとしたべっ甲色は、華やかな振袖姿に気品をプラスしてくれることでしょう。梅の花のモチーフに添えられた珊瑚風の玉飾りが可愛らしくも上品な一品です。

簪(かんざし)銀杏

簪(かんざし)銀杏

詳細情報
・巾:約7.5cm
・長さ:13.5cm

細部まで丁寧に作られた日本製!美しい銀杏型のかんざし

しなやかな曲線が美しい銀杏のモチーフの二本足かんざしです。信頼の日本製なので、細部まで丁寧に作られています。落ち着いた色合いの銀杏の葉に、ポイントづかいの大粒ラインストーンが輝きを添えることによって、フォーマルからカジュアルまで幅広く使えるかんざしに仕上がっています。しっとりと落ち着いた大人の美しさを演出してくれるかんざしと言えるでしょう。

花しおり髪飾りかんざし 円菊

花しおり髪飾りかんざし 円菊

詳細情報

・品質:ラインストーン 真ちゅう 正絹生地 鈴

・大きい花部分:直径9cm

・だらり部分:15cm

・全長:28cm


クラッシクなのに華やか!ドーンと大きな円菊が綺麗なかんざし

細かいつまみ細工の大きな円菊と、15cmの下がり飾りが華やかなかんざしです。花の部分は花びらが五重に重なっていて、花火を思わせる美しさです。下がり飾りのラインストーンがキラキラと輝いて華やかさをアップ。動くたびに先端に付いた鈴が鳴り、涼やかさを演出します。落ち着いた色味なので、様々なデザインの振袖に合わせやすい一品です。

かんざしの売れ筋ランキングをチェック

参考までにかんざしの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか。


美を追及する女性の想いと、職人の技が生み出したかんざしは、今も昔も魅力的なアクセサリーです。現代のバリエーション豊かなかんざしなら、好みの一品がきっと見つかるはずです。普段のお洒落にかんざしを取り入れて、和の粋を楽しんでみませんか?

ランキング