ツーリングも快適!バイク用スマホホルダーのおすすめ人気ランキング

バイクは車のようにナビが案内してくれるわけではありません。かと言ってスマホでナビを開いて見ていると事故を起こす可能性があるので危ないです。そこでツーリングをする方やナビを頻繁に使う方のためにバイク用スマホホルダーのおすすめ人気ランキングをご紹介します!

バイク用スマホホルダーの選び方ポイント3つ

数多くあるバイク用スマホホルダーの中から、ご自分に合ったバイク用スマホホルダーを選ぶために、確認したいポイントを3つにまとめました。


この3つを確認した上で、自分にぴったりなバイク用スマホホルダーを探してみてください。

ポイント①:タイプで選ぶ

バイク用のスマホホルダーには大きくわけて、ケース収納タイプ・アーム固定タイプ・ゴムバンドタイプがあります。それぞれの特徴やメリット・デメリットを確認してみましょう。


ケース収納タイプ

出典: www.amazon.co.jp


ファスナーで開閉するケースに収納するタイプのスマホホルダーです。スマホがむき出しになっていないため、防水スマホでなくても、バイク走行による雨雪や砂埃からスマホが守られますし、万が一落とすようなことがあっても、スマホがむき出しのまま落ちてしまうことがありません。スマホを入れない時は小物入れとしても使えるメリットがあります。しかし、ケースの透明カバーの上から操作するため、スマホの反応が悪かったり、サイズによっては画面が見にくかったりする場合があるので、動作確認やサイズ確認が必要です。


アーム固定タイプ

出典: www.amazon.co.jp


2点もしくは4点のアームでスマホを固定するタイプです。取り外しが簡単なものの、取り付けてしまえば、スマホのサイズに合わせてしっかり固定されます。ケース収納タイプに比べスッキリとシンプルなのでバイクのデザインを邪魔しないデザインが多いのが特徴です。スマホ画面がオープンになっているため、操作がしやすい一方で、防水スマホではない場合は、雨雪にさらされることになってしまい、雨の日のドライブには適していません。


ゴムバンドタイプ

出典: www.amazon.co.jp


スマホの四方を強力なゴムで固定するタイプのスマホホルダーです。ゴムを引っかけるだけなので、取付け、取り外しが簡単で女性の力でも楽に取り付けられます。またカラフルなゴムが使われていることが多く、バイクやスマホの色に合わせてコーディネートすることが出来てデザイン的にも楽しめます。その一方で、ゴムの劣化が進むとホールド力が弱くなってスマホが落ちてしまう可能性があるので、劣化具合を定期的に点検しておくことをおススメします。

ポイント②:防水機能がついているかチェック

出典: www.amazon.co.jp


続いてチェックしておきたいポイントとして、防水機能がついているかという点があります。天気に関係なく、バイクを利用されている方も多のではないでしょうか?またロングツーリングの時は特に、走行中に天気が変わってしまうこともあります。


防水機能がないスマホであれば、防水になっていないスマホホルダーを使っていると雨が降り出す度にスマホを外して濡れないところに収納しなければいけませんし、そもそも雨の日には使えなくなってしまいます。せっかくスマホホルダーを付けていても使えなければ意味がありませんよね。


天気を選ばず、スマホの種類に関係なく使うためには、防水ケース収納タイプなど防水性のあるホルダーがおススメです。

ポイント③:サイズの調節ができるものがおすすめ

出典: www.amazon.co.jp


スマホは数多くの種類があるため、スマホホルダーもサイズに合ったものを選ばなければいけません。ケース収納タイプやゴムバンドタイプの場合は、持っているスマホのサイズに合ったホルダーを購入する必要があるかもしれません。しかし、それではスマホの機種を変える度にスマホホルダーも買い替えなればいけなくなる可能性があります。


その点で便利なのが、サイズ調整が出来るスマホホルダーです。サイズ調整ができるホルダーはアーム固定タイプに多く、ネジやレバーでアームを伸縮させてスマホのサイズに合わせ、固定することができます。スマホを変える度にスマホホルダーを変える必要がないので、前もってサイズ調整が出来るホルダーにしておくのはおススメです。

バイク用スマホホルダーのおすすめ人気ランキングベスト3

それでは、数あるバイク用スマホホルダーの中から厳選したベスト3をご紹介していきます。選び方のポイントを踏まえたうえで、ぜひご参考にしてみてください。

3位:BENDA バイクスマホスマートフォンホルダー

BENDA バイクスマホスマートフォンホルダー

詳細情報

・装着可能の携帯電話サイズ:3.5〜6.4インチ 

・厚さ:6~12mm 

・重量:約130g / 総重量:約150g 

・ディスプレーの素材:ABS、ナイロン

スマホの四隅を守る伸縮4本アームで多機種に対応!

4本のアームでスマホの四隅を固定するタイプのスマホホルダーです。アーム本体はナイロン製でスマホを傷つけることがありませんし、スマホの四隅を固定することで、傷がつきやすいスマホの四隅を守り、ぶつかり防止になってくれます。またアーム固定タイプの特徴でもある、伸縮するアームによって、多機種のスマホに対応しています。アームを伸縮させたい場合はスイッチのオン・オフで伸縮と固定ができるため簡単に調整できるようになっています。

2位:Barsado バイク用スマホホルダー

Barsado バイク用スマホホルダー

詳細情報

・商品サイズ:103×53×112mm 

・重 さ:114g 

・素 材:本体/プラスチック アルミ パッド/ゴム 

・対応サイズ:装着機器/幅58mm~90mm 

充電切れの心配なし!ロングツーリングにも使える充電機能付き!

充電用のUSB端子が付いているため、比較的充電の消耗が激しいナビアプリを使っても、充電が切れるかも!という心配をしなくてすみます。2.4Aまで出力するため、急速充電が可能で、ON・OFFスイッチで、エンジンをかけていない時の通電をカットすることも出来ます。USBソケットには防水保護用ゴムカバーが付いているので、雨の浸入の心配もありません。スマホ取付け部分は、側面のアームに加え、強力なラバーグリップが付属で取り付けられるので、安定感があります。

1位:デイトナ バイク用スマートフォンホルダー

デイトナ バイク用スマートフォンホルダー

詳細情報

・ハンドル径:φ22~29対応品 

・ホルダー全長:102mm 

・機種全長上下スライドアーム:110~147mm 

・機種全長上スライドアーム+下リジットアーム:152~163mm

大型スマホでもガッチリ固定のWIDEホルダー

ボディの上側を以前のタイプより12mm延長し、ロングセンターパッドでスマホが密着する座面が広がったため、スマートフォンホルダーWIDEという名前の通り、大型スマホにも対応できるサイズです。ボディは9度刻みの細かい回転が出来るうえ、左右の首振りも出来るので、曲がった部分に装着しても見やすい位置に調整できます。また、小型ウイングロックとリリースボタンが付いているので、片手でも操作できるようになっています。

その他のおすすめバイク用スマホホルダー4選

ランキングでは紹介しきれなかった商品の中で、特におすすめしたい商品をまとめてみました。


人気商品に加えて、こちらもぜひ参考にしてみてください。

Barsado バイクスマホホルダー

Barsado バイクスマホホルダー

詳細情報

・商品サイズ:103×53×112mm 

・重 さ:124g 

・対応サイズ:装着機器/幅40mm~100mm 

・USB端子部入力:12V-24V 

・出 力:USB 5V-2.4A

ミラーボルトに取付け可能でスクーターでもOK!

スマホホルダーの多くはハンドルバーに取付けタイプのものですが、そうなるとスクーターなどハンドルバーが無いタイプや、短いタイプには取付けることができません。そこでおススメなのが、このミラーボルトに取付け可能なミラーボルトステイバー型のスマホホルダーです。しかも、充電が出来るタイプで、2.4Aまで出力するのでスマホだけでなくタブレットの充電も可能です。このスマホホルダーを使えば、スクーターでも、ナビアプリを使いながらのロングツーリングが可能になりますね。

GSH バイク用スマートフォンバーマウントホルダー

GSH バイク用スマートフォンバーマウントホルダー

詳細情報

・商品サイズ:20 x 5 x 7 cm 

・色:ブラック

・素材:本体/プラスチック 取付け部/ゴム製 

 ・適応サイズ:縦115〜180mm/横58〜90mm/厚み6〜12mm 

・取り付け可能ハンドル径:22~35㎜

360度の角度調整が可能で好きなポジションにスマホを固定

ホルダーの固定・伸縮ダイヤルを使って、様々なサイズのスマホを4点でしっかり固定することが出来ます。スマホを固定したなら、ホルダー部分のプラスチック球体固定部を回転させることで360度角度を変えられるため、簡単にスマホが見やすいポジションに調整・固定が出来ます。また、ハンドル取付けタイプで、ネジによって22~35mmまで対応できるので、バイクだけでなく自転車にも利用出来ます。

RAMMOUNTS マウントセットXグリップ&U字クランプスマートフォンホルダー

RAMMOUNTS マウントセットXグリップ&U字クランプスマートフォンホルダー

詳細情報

・商品重量:336g 

・ボールサイズ:1インチ 

・素材:粉体塗装アルミニウム、ステンレス、高強度プラスチック

・適応サイズ:U字クランプ/Φ13~Φ31  Xグリップ/幅約48mm~82mm、厚み22mmまで

シンプルなX型グリップでスマホをガッチリ固定

中央のラバーボールを支点にX状のアームでスマホの背面を支え、先端に付いている4つのゴムパーツで固定してくれます。先端のゴム部分が円錐型になっているためラバーボール側にスマホが押さえられ、見た目はシンプルですが、X型グリップと円錐型ゴムだけでもしっかり固定されます。さらに付属のゴムバンドを使えば、落下の不安がありません。

ニコマク バイク自転車兼用スマホホルダーー

ニコマク バイク自転車兼用スマホホルダーー

詳細情報

・商品重量:308g 

・サイズ:10.8cm×8.8cm×9.4cm 

・対応スマホサイズ:4-6.8インチ 厚さ:0-1.1cm

アルミ製ホルダーで高硬度・耐久性抜群なのに軽量!

ホルダー本体がアルミ製なので、高硬度でありながら軽量、しかも全方向で360度の自由回転なので、自由に調整できて便利なスマホホルダーです。回転の幅は広いとはいえ、ねじ部分はステンレス製なので固定力もありますし、スマホとの接触部分は高級ゴムを採用しているため、スマホが傷つくことを防いでくれます。取付けも、商品に付属されている六角レンチで閉めるだけで良いのも手軽で助かりますね。

バイク用スマホホルダーの売れ筋ランキングをチェック

参考までにバイク用スマホホルダーの売れ筋ランキングをご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。


Amazonの売れ筋ランキング

まとめ

いかがでしたでしょうか?


車と比べ、ナビ付バイクはまだまだ一般的ではないので、手軽に自分のスマホを取り付けることが出来るバイク用スマホホルダーは重宝しそうですね。ケース収納タイプ・アーム固定タイプ・ゴムバンドタイプと、タイプがあるのでお気に入りを見つけて下さい。防水かどうか、サイズが調整できるかの確認も忘れてはいけないポイントです。


選び方のポイントやランキングを参考にして頂いて、満足のいくスマホホルダーをお供にツーリングを楽しめるといいですね。

ランキング